前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た東尾修東尾修

    開幕直前、前年追放された永易将之が池永正明ら西鉄の6選手が八百長行為を行っていたと暴露した。チームは序盤から5勝10敗と低迷、そのうち4勝は渦中の池永正明が挙げた。5月25日にコミッショナー委員会により池永、与田、益田らに永久追放処分が下り、これにより西鉄は戦力を大きく低下させる(詳細は「黒い霧事件 (日本プロ野球)」参照)。投手では東尾修、三輪悟、打者では東田正義、竹之内雅史(トンタケコンビ)ら若手を起用。東尾は防御率5点台ながら11勝を挙げるが、チームは43勝78敗9分、勝率.355、首位のロッテオリオンズと34ゲーム差の球団初の最下位となる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    実況:中山貴雄 解説:仰木彬(ABC、このシリーズ前にオリックス・バファローズ新監督に就任決定)、東尾修、栗山英樹 ネット裏球種解説:西村龍次(KBC)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本シリーズ

    1982年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    西武は全6試合を通じて守備に不安のあった田淵幸一と大田卓司の両選手を同時に先発出場させた。ペナントレースでは指名打者があり、どちらか一方が指名打者でもう一方が守備についていた。ただ田淵については機を見て試合中盤でも片平晋作に交代させる用兵を見せた。大田は打棒が冴え渡り優秀選手賞を受賞し以後「シリーズ男」の異名をとるようになる。投手陣では、先発の柱として第1戦と第4戦で松沼博久を登板させ、エースの東尾修を先発ではなくリリーフに回すという構想がうまく機能し、東尾はリリーフで好投してシリーズのMVPに輝いた。また中継ぎで小林誠二が好投したのも光った。1982年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た東尾修東尾修

    8試合 20回1/3 - 東尾修(西武ライオンズ、1986年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た東尾修東尾修

    5月20日のブルワーズ戦で、セシル・クーパーは松井を2番に据えたと思ったが、実際に登録されたスタメンでは松井を1番に据えた。その後、登録上は2番のマイケル・ボーンが1番の打席に立ってしまったため、松井は打席に立つ前にアウトになる珍事があった。25日レッズ戦で右太ももを痛め、翌日から欠場して回復を待ったが、「この4日間で徐々に良くなったが、スピードがまだ40%ぐらい。打つ方はいいが、自分のようなタイプは走れないといけないので」と治療を優先させることになり、29日に6年連続9度目の故障者リスト入り。6月中に達成濃厚とされたNPB/MLB通算2000安打も故障者リスト入りでオールスター前の名球会入りは絶望的となったが、松井は「DL(故障者リスト)に入る以上はしっかり治す」と切り替えた。8月15日のブルワーズ戦で、日本人野手としてはイチロー・松井秀喜に続き3人目となるNPB/MLB通算2000本安打を達成。試合後には西武時代の監督である東尾修より、日本プロ野球名球会のブレザーを授与された。達成後の地元での試合前にアストロズのオーナーであるドレイトン・マクレーンから記念の盾が贈られた。9月10日のブレーブス戦では複数安打を記録し日米通算2019安打とし、柴田勲が持つ日本人両打ち打者の最多安打2018本を超えた。この年も故障で離脱があったもののメジャー移籍後最多となる132試合に出場しメジャー移籍後2度目となる規定打席到達を果たしたこともあり、本塁打等で自己最高の成績を残した。得点圏打率は.323であり、得点圏OPS.952は日本人最高値で、歴代でもシーズン記録としては日本人2位、特に満塁の場面では8打数5安打10打点であった。一方で二年連続で20盗塁以上を記録していた盗塁数は19に終わり、打率は.250に沈んだ。オフにはコンディションを整え、また打率.250に終わった打撃の是正を図るべくバットを振り続けた。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た東尾修東尾修

    東尾修(出演当時J SPORTS・文化放送解説者兼。現:福岡放送・文化放送解説者)《東尾のズバリ解説》スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た東尾修東尾修

    そしてセ・パ交流戦では「我らパ・リーグ応援団」という立場を取り、2005年の企画では交流戦の勝利数でセ・リーグに負け越したら坊主になるという公約を東尾修団長に押し付けられた大塚光二と盛り上げた。さらに同期間の放送中はライオンズ以外のパ・リーグ各チームが得点を挙げるたびに、東尾の「パ・リーグ!」という掛声とともに氷川きよしの『きよしのドドンパ』をバックに流して得点の情報を放送にカット・インしている。また、パ・リーグ応援の立場をシーズン中での中継(レインコート番組も含める)で示したのが、放送中に何度か流される交通情報であり、2005年〜2015年の放送時間中の全ての交通情報にパ・リーグ連盟歌である「白いボールのファンタジー(マーチ・バージョン)」のBGMが流されている。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 川島正幸

    川島正幸から見た東尾修東尾修

    同年ドラフト4位でロッテ入団、左の長距離打者として期待される。1980年11月には初の先発出場、同年と1981年にはジュニアオールスターにも出場した。1983年には開幕一軍入りを果たし、開幕第6戦で西武の東尾修からシーズン初打席初本塁打を放つ。同年は終盤の3試合に落合博満に代り先発出場するが、その後は出場機会に恵まれず、1984年限りで現役引退。川島正幸 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た東尾修東尾修

    実況:中山貴雄(EX)、解説:東尾修、栗山英樹、大塚光二、ゲスト解説:野村克也、リポーター:谷口直樹(日本ハムサイド)、清水俊輔(EX、ロッテサイド)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 奈良原浩

    奈良原浩から見た東尾修東尾修

    は松井稼頭央と併用され、遊撃手として46試合にスタメンで出場し、2年ぶりに出場試合数が100試合を超えた。は田辺とともに主に二塁手として起用され、53試合に先発出場し、22盗塁を記録している。は高木浩之が二塁手として先発出場する事が多く、出場試合数は100試合を割っている。同年10月30日に西崎幸広との交換トレードで石井丈裕とともに日本ハムファイターズへ移籍。この際、日本ハム監督の上田利治はトレード要員として奈良原と投手1名を要求し、他の野手なら交渉は破談にすると宣言したため、西武監督の東尾修はやむを得ず承諾したという。奈良原浩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
272件中 1 - 10件表示

「東尾修」のニューストピックワード