228件中 91 - 100件表示
  • 楠城徹

    楠城徹から見た東尾修東尾修

    プロ選手としては、太平洋・クラウン・西武を通じてライオンズ一筋の野球人生を過ごした。ポジションは捕手であったが、打力・走力を生かして外野を守ることも少なくなかった。バッテリーを組んだ東尾修によると、肩は強くなかったが、よい意味でずるさを持った捕手だった。楠城徹 フレッシュアイペディアより)

  • 青山和子

    青山和子から見た東尾修東尾修

    芸名の名付け親は石坂洋次郎である。西武ライオンズの元監督の東尾修はいとこで、その娘がプロゴルファーの東尾理子である。青山和子 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン プロ野球編

    ドカベン プロ野球編から見た東尾修東尾修

    『プロ野球編』では、山田たちが高3の春夏連覇をしたのが十数年未来にずれて1994年に変更されている(優勝旗に書かれている)。岩鬼は王貞治監督の福岡ダイエーホークスに入団。山田は東尾修監督の西武に入り、里中は千葉ロッテ。殿馬はオリックスに入り、イチローとチームメートになっている。微笑は第2期長嶋茂雄政権の巨人に入り、松井秀喜と同じチームに。ドカベン プロ野球編 フレッシュアイペディアより)

  • 大田卓司

    大田卓司から見た東尾修東尾修

    津久見高校より1969年ドラフト9位で西鉄ライオンズに入団。小柄な体格ながら「必殺仕事人」の異名を取る勝負強い打撃で、東尾修と共に弱小時代から黄金時代に至るまでのライオンズを支え続けた。1976年には23本塁打を打ち、指名打者でのベストナインに選出される。無口な性格でベンチでもほとんど声を発することがなかった。ある日、西武に移籍してきた野村克也が「なんで物言わんのや?」と尋ねたところ、「物言うたら疲れるんです」と答えたという。1982年に監督に広岡達朗が就任早々「彼は落伍者です」の烙印を押され腐りかけたが、同年のリーグ前期制覇・プレーオフ及び日本シリーズ制覇には多大の貢献を成した。特にプレーオフ第1・2戦においては日本ハムの抑えの切り札・江夏豊から2日連続で勝ち越し適時打を放つなど活躍し、1982年の日本ハムとのプレーオフ及び1983年の巨人との日本シリーズではMVPに輝いた。1984年のアメリカ・アリゾナキャンプで、広岡の「禁酒・禁煙」にも関わらず、ビールを飲んでいたことがある。1986年限りで現役引退。大田卓司 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た東尾修東尾修

    (パ) ○山田(急)、神部(近)、東尾(西)?野村1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋忠一

    高橋忠一から見た東尾修東尾修

    初打点:1984年8月12日、対西武ライオンズ16回戦(札幌市円山球場)、5回裏に東尾修から適時打高橋忠一 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    東尾修監督率いる西武ライオンズと野村克也監督率いるヤクルトスワローズの対決となった1997年の日本シリーズは、ヤクルトスワローズが4勝1敗で勝利し、2年ぶり4度目の日本一。古田敦也、伊東勤の両チームの捕手がポイントといわれた通り、古田の攻守に渡る活躍で西武の野球を封じ込める展開となった。その年、シーズン62盗塁を記録した1番打者の松井稼頭央をはじめとする西武の足をヤクルト投手陣が巧みな牽制で徹底的に防御した。また、好成績をあげていた西武の主軸である左打者を、石井一久をはじめとする左腕投手がほぼ完璧に抑えたのも勝因だった。1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 成田文男

    成田文男から見た東尾修東尾修

    スライダーを武器に活躍した西武ライオンズのエース東尾修は、木樽と成田のスライダーが手本だったと語っている。東尾によれば、成田のスライダーは下半身を巧みに使ったもので、ややぬかるんだマウンドで投げる時に特に参考になったと言う。成田文男 フレッシュアイペディアより)

  • 小林晋哉

    小林晋哉から見た東尾修東尾修

    初本塁打・初打点:1980年9月3日、対西武ライオンズ21回戦(阪急西宮球場)、2回裏に東尾修からソロ小林晋哉 フレッシュアイペディアより)

  • ナンだ!?

    ナンだ!?から見た東尾修東尾修

    ゲスト:村田兆治、東尾修ナンだ!? フレッシュアイペディアより)

228件中 91 - 100件表示

「東尾修」のニューストピックワード