272件中 101 - 110件表示
  • プロ野球マスターズリーグ

    プロ野球マスターズリーグから見た東尾修東尾修

    21東尾修(西鉄(太平洋・クラウンライター・西武))プロ野球マスターズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た東尾修東尾修

    のちに名球会会員となる大島康徳、山田久志、加藤秀司、福本豊、東尾修もこの年にプロ入りしている(山本、有藤も同会会員。同じく会員の門田博光も指名されたが、入団せず)。また山本、田淵、星野、大島、山田、東尾、有藤は現役引退後に一軍監督を務めている。1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ナルシソ・エルビラ

    ナルシソ・エルビラから見た東尾修東尾修

    2000年6月20日の試合前、西武の東尾修監督は、それまでエルビラをカモにしていた余裕から、森進一の曲とかけて「冬のリビエラならぬ夏のエルビラだよ」と報道陣の前でエルビラをからかう発言をしていた。しかし、その日の試合ではエルビラは、ノーヒットノーランを達成した。なお、この試合ではサード後方に上がったフライを中村紀洋が背面ジャンピングキャッチするなどのプレーを見せ、記録達成に貢献した(このプレーには思わずエルビラもグラブを叩いて喜んだ)。ナルシソ・エルビラ フレッシュアイペディアより)

  • レジー・スミス

    レジー・スミスから見た東尾修東尾修

    1勝1敗で迎えた第3戦、9回表終了時点で巨人は1点のリードを許していた(9回表終了時のスコアは、西武4-3巨人)。9回裏2死無走者の場面から、2番・篠塚利夫、3番・原辰徳の連打で一、二塁のチャンスを迎える。ここで4番・スミスが打席に向かう際に当時の王貞治助監督が、「レフトへ流せ、ヒットでいい」と指示。精神集中をしている最中にそのような指示をされたことにかなりカッとなったが、スミスは元メジャーリーガーのプライドからか、相手投手の東尾修の外角シュートを左へ流さず強引にセンター前にはじき返す同点適時打を打ち、次打者・中畑清がレフト前へサヨナラヒットを打った。レジー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見た東尾修東尾修

    山本浩二らと付き合いがあり一時は広島カープファンと言っていたが、下積み時代にアルバイトしていた大阪のスナックにお客として来た黒田正宏と家族ぐるみの付き合いが始まり、西武ライオンズに移籍した黒田に「空気がいいから」と勧められ、佐賀に転居するまで西武ライオンズ球場の近くに住んだ。その後は長年にわたる西武ファンとなっている。西武のエースだった同学年の東尾修とも仲が良く、1970年代前半に洋七のバイト先があった大阪道頓堀の道端でバッタリ出会って以降、40年来の仲。島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の野球

    1986年の野球から見た東尾修東尾修

    6月13日 - 近鉄のリチャード・デービスが西武球場での対西武10回戦の6回表に東尾修から死球を受け、激高して東尾を殴るなど乱闘騒ぎとなり、デービスは退場処分を受ける。西武は試合終了後に球団代表の坂井保之が記者会見しデービスの暴力行為を非難し「近鉄の態度次第では警察への告訴も考える」と表明。1986年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 河田雄祐

    河田雄祐から見た東尾修東尾修

    俊足強肩の外野手として主に代打や守備要員として出場。プロ入り5年目の1990年に一軍初出場を果たし、お立ち台に初めて立ったのはプロ入り9年目の1994年である。同年5月18日、巨人の槙原寛己が広島戦で完全試合を達成した試合では、9回表の先頭打者として代打で出場し、あわやヒットかというセンターフライに打ち取られている。1995年シーズン終了後、野々垣武志との交換トレードで西武ライオンズへ移籍。東尾修の監督時の1997年と1998年のリーグ連覇では堅実なプレーで「スーパーサブ」と呼ばれ、一軍定着し優勝に貢献し、1997年の日本シリーズ第2戦ではシリーズを通してチーム唯一となるホームランを放つなど活躍した。河田雄祐 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た東尾修東尾修

    実況:鈴木光裕、解説:東尾修、リポーター:斉藤一美(両サイド兼務)2014年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た東尾修東尾修

    1月12日 - 【日本】野球殿堂入りが発表され、元NPB西武ライオンズの東尾修と、元NPBロッテオリオンズ、中日ドラゴンズの江藤慎一と、元立教大学、熊谷組の古田昌幸を選出2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た東尾修東尾修

    西武(川崎徳次→島原幸雄→東尾修→渡辺智男→※(この間外国人野手及び他球団からの移籍投手)→石井貴→中崎雄太→十亀剣)、日本ハム(土橋正幸(1968年はコーチ専任)→高橋直樹→西崎幸広→清水章夫→武田久)、南海(柚木進→杉浦忠→西川佳明→工藤公康→和田毅など)の3球団でエースナンバーとして使用されている。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

272件中 101 - 110件表示

「東尾修」のニューストピックワード