228件中 21 - 30件表示
  • サンデープロジェクト

    サンデープロジェクトから見た東尾修東尾修

    番組開始当初は、政治や社会といった硬派なコーナー一色でなくワイドショー的な番組構成だった。東尾修をコメンテーターにしたプロ野球コーナーや、女性レポーターが当時テレビで使われ始めたSNGシステム(A-SAT)による全国各地の風光明媚な場所から中継を行なうコーナーがあった。SNGシステムを使用したのは、本番組が初で、従来は生中継が不可能と言われた秘境の瀞峡からの生中継も実現した。「普通のおばさんになりたい」と歌手を一時引退していた都はるみも「普通のおばさん代表」として、ワイドショー的な切り口のコーナーでコメンテーターを務めていた。田原のコーナーも当初は「田原総一朗のエキサイティング・インタビュー」(後に「エキサイティング・マッチ」→「ザッツ・エキサイティング」に改題)というそれらのコーナーの中にある15分の一コーナーに過ぎずゲストも政治家だけでなく話題の人物を呼んでいたが、政治家の生出演が人気となり田原のインタビューと討論が番組のメインになった。サンデープロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見た東尾修東尾修

    リーグでも牽制が上手い東尾修を盗塁における1番のカモにしており、顔を合わせるごとに「オレの弱点は何なのか教えてくれ」と東尾にしつこく聞かれ教えてしまい、それを基に東尾は次の対戦までに癖を直してきた。しかし、癖の修正によって生まれた新たな癖を発見したという。ただし、この件に関しては発見したのが互いの引退間近の頃だったため、再び隙をつく機会が得られず引退後もたびたび悔しがっていた。福本豊 フレッシュアイペディアより)

  • 土井正博

    土井正博から見た東尾修東尾修

    チームが福岡から所沢に移転する際に、東尾修・伊原春樹・竹之内雅史ら主力選手のほとんどが反対していたが、土井は「俺はどこででもやる」と発言した。反対していた選手も徐々に納得していったという。土井正博 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た東尾修東尾修

    10月8日の対日本ハムファイターズ戦(西武ドーム)でプロ初セーブを挙げると、森慎二の不調・東尾修からの説得もあって抑え投手に転向。8月に3本のサヨナラ本塁打を浴びるなど安定感を欠くこともあったが、翌年以降は抜群の安定感ではパシフィック・リーグ歴代1位(当時)となる38セーブ(6勝)、にも38セーブ(2勝)を挙げ、2年連続で最優秀救援投手に輝くなど、日本を代表する抑え投手になった。8月29日にはプロ野球史上15人目の通算100セーブを挙げる。2004年の日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍し、胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 伊原春樹

    伊原春樹から見た東尾修東尾修

    引退後は、1981年の二軍守備走塁コーチ補佐を皮切りに、一軍守備走塁コーチや作戦・走塁コーチなど、西武のコーチを歴任。1999年オフ、東尾修監督との野球観の違いやフロントの首脳陣若返り策により解任。2000年に阪神タイガースの守備走塁コーチに就任するが1年で退団し、翌2001年、西武に作戦・走塁コーチとして復帰。同シーズン限りで東尾監督が勇退し、次期監督と目された伊東勤が現役続行を望んだため、監督に就任するよう要請され、これを受諾する。伊原春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 郭泰源

    郭泰源から見た東尾修東尾修

    は引退した東尾修に代わるエースとしての活躍が期待され、自己最多となる26試合に先発し198回1/3を投げてリーグ3位の防御率3.27となった。なお、6月7日の対ロッテ戦では初めて荘勝雄との先発対決が実現し、0対1で敗れている。同年は自身最低の10敗(10勝)となったが、チームトップの防御率が評価されて10%増の年俸6,600万円(推定)で契約を更改している。翌は初めてオールスターゲームに出場し、第1戦で1イニングを投げてパ・リーグの完封リレーの一翼を担っている。同年はヒジや肩の故障で4年ぶりに規定投球回を割り込んだが、18試合で9勝を挙げた。日本シリーズでは第4戦に先発して6回を3失点に抑え、3年ぶりにシリーズでの勝利を挙げている。郭泰源 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た東尾修東尾修

    2年目には打率3割をマークし、3年目には打率.336で21歳にして首位打者となった。以降引退まで、通算7度の首位打者に輝いた。首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録である。4年目のにはMVPと、同年から新設された最高出塁率を獲得した。には打率.383、本塁打34本、打点100という自己最高の成績を残している。このうち、打率は大下弘が持っていたシーズン最高打率(.3831)を3毛更新するもので、にランディ・バースが更新するまで16年間日本記録であった。8月19日の西鉄ライオンズ戦で、東尾修投手から史上7人目となる2000本安打を達成。「安打製造機」の異名を取り、南海ホークスの野村克也らと共に1960年代から1970年代のパ・リーグで活躍した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本シリーズ

    2002年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    実況:中山貴雄 解説:東尾修、栗山英樹 ネット裏球種解説:渡辺久信2002年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤進 (アナウンサー)

    加藤進 (アナウンサー)から見た東尾修東尾修

    0-2で迎えた9回裏1死から小早川毅彦と山本浩二が西武先発の東尾修から2者連続ホームランを放ち、同点に追いついた。その後試合は延長14回時間切れで引き分け。これがシリーズ史上初となる第8戦までもつれ込むきっかけとなった。加藤進 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 接着の日

    接着の日から見た東尾修東尾修

    2010年度、接着の日を記念してスリーボンドが、接着の日イベントと称してスリーボンドくっつく大賞を実施している。くっつけたいものを一般公募によって募集し、大賞を決定、発表。くっつく大使に東尾理子。くっつくスーパバイザーに東尾修。くっつけ隊に「THE ポッシボー」が任命されている。接着の日 フレッシュアイペディアより)

228件中 21 - 30件表示

「東尾修」のニューストピックワード