228件中 71 - 80件表示
  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た東尾修東尾修

    実況:中山貴雄(EX) 解説:東尾修(EX)、栗山英樹(EX)、村田真一(EX)、大塚光二(EX)、西村龍次(KBC)2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 大下剛史

    大下剛史から見た東尾修東尾修

    解説者としては、読売ジャイアンツだろうと読売グループだろうと平気で噛み付く、緊迫感あふれる毒舌解説が好評である。特に東尾修と組むと緊迫感が倍増し、同じく解説者として同席していた若松勉が、20分近く何も言葉を発しなかったこともある。実況担当のアナウンサーの間では、大下との中継をこなせるようになれば一人前とも言われているそうである。大下剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1973年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た東尾修東尾修

    (パ) ○山内新(南)、西岡(南)、米田(急)、東尾(太)-野村1973年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1982年のパシフィック・リーグプレーオフから見た東尾修東尾修

    勝-東尾(1勝)、敗-江夏(1敗)1982年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • レジー・スミス

    レジー・スミスから見た東尾修東尾修

    1勝1敗で迎えた第3戦、9回表終了時点で巨人は1点のリードを許していた(9回表終了時のスコアは、西武4-3巨人)。9回裏2死無走者の場面から、2番・篠塚利夫、3番・原辰徳の連打で一、二塁のチャンスを迎える。ここで4番・スミスが打席に向かう際に当時の王貞治助監督が、「レフトへ流せ、ヒットでいい」と指示。精神集中をしている最中にそのような指示をされたことにかなりカッとなったが、スミスは元メジャーリーガーのプライドからか、相手投手の東尾修の外角シュートを左へ流さず強引にセンター前にはじき返す同点適時打を打ち、次打者・中畑清がレフト前へサヨナラヒットを打った。レジー・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯和司

    佐伯和司から見た東尾修東尾修

    広島市立国泰寺中学校を経て、1968年、広陵高校に入学。前年度夏選手権に名投手・宇根洋介を擁して準優勝した広陵は、佐伯入学前の春選抜に再びエース宇根の活躍でベスト8、東尾修がエースで四番だった箕島に敗れた(3-7)、夏も準々決勝で敗退(3-6倉敷工業)。宇根が抜けた1年秋から佐伯がエースとなり翌1969年夏選手権出場。1回戦で春夏連覇を狙った三重高校を打ち合いで降したものの八重樫幸雄が四番を打っていた仙台商業に2回戦で敗れた(1-4)。佐伯和司 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た東尾修東尾修

    実況:飯塚治、解説:東尾修、リポーター:中川充四郎、斉藤一美、スタンドリポーター:キングオブコメディ(お笑いコンビ)2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 野村係長シリーズ

    野村係長シリーズから見た東尾修東尾修

    プロ野球解説者。文化放送の高橋将市アナウンサーとのインタビュー形式で登場する。「オヨヨ、オヨヨヨヨ」という独特の口調で語るので、一般人が話の内容を理解することは難しいが、高橋将市アナには通じているらしい。「オヨ!オヨヨヨヨー!!」と怒り出すことも多い。モデルは、野球解説者の東尾修と思われる。野村係長シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 松沼雅之

    松沼雅之から見た東尾修東尾修

    1980年から5年連続で2桁勝利を挙げた。その後は故障で満足な成績を残せなかったが、東尾修らとともに西武の黄金時代を支えた脇役である。また、「兄やん」と呼ばれた博久に対し、「オトマツ」の通称があった。松沼雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 犬飼知三郎

    犬飼知三郎から見た東尾修東尾修

    ルーキーイヤーの1998年は東尾修監督の発案によって、問題児で山田しか操れない蔵獅子丸、山田しか捕球できないドックルを投げないと通用しない知三郎を2人セットとし、この2人の登板日の投手采配は山田に任せるという「三位一体」システムを取り、それをいきなり開幕戦にぶつけたため、プロ入り初登板初先発が開幕戦となった。「三位一体」の日の東尾修監督は、他に投手をベンチ入りさせない、小次郎との初の兄弟対決の試合では途中から野手采配も山田に任せる(この試合では満塁の場面でDHを放棄して打席に立った知三郎はランニング満塁ホームランを打っている。なお、一塁ランナーの獅子丸は超鈍足でホームクロスプレイだったが、すぐ後ろに知三郎が来ており、クロスプレイがもつれているうちにホームを駆け抜けた)などかなり思い切った作戦をとっていた。ただし、「三位一体」システムは1998年のシーズンに描かれただけだったためその後解体した模様。犬飼知三郎 フレッシュアイペディアより)

228件中 71 - 80件表示

「東尾修」のニューストピックワード