228件中 81 - 90件表示
  • 1991年の日本シリーズ

    1991年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    テレビ朝日≪ANN系列≫ 実況:朝岡聡 解説:東尾修 ゲスト解説:仰木彬、広沢克己(ヤクルト)1991年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤博一

    加藤博一から見た東尾修東尾修

    学生時代にファンだった西鉄ライオンズの試合を観に行き、その日に登板した東尾修にネット越しに声を掛けると、東尾から何かを手渡され、よく見ると、食べ終わったみかんの皮だった。加藤博一 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た東尾修東尾修

    実況:槇嶋範彦、解説:東尾修、ゲスト解説:平尾博嗣(元埼玉西武ライオンズ、レギュラーシーズン終了時に引退)リポーター:鈴木光裕(西武サイド)、高橋将市(ソフトバンクサイド)2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球マスターズリーグ

    プロ野球マスターズリーグから見た東尾修東尾修

    21東尾修(西鉄(太平洋・クラウンライター・西武))プロ野球マスターズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本シリーズ

    1985年の日本シリーズから見た東尾修東尾修

    打撃三冠王のランディ・バースを先頭に、真弓明信、掛布雅之、岡田彰布らの猛打でペナントを勝ち取った阪神タイガースを、この年防御率1位の工藤公康を始め東尾修、松沼博久、高橋直樹、渡辺久信の西武投手陣がどう抑えるかが注目された。ただ西武は当時新外国人だった郭泰源をヒジ痛で欠くという不安を抱えていた。1985年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た東尾修東尾修

    実況:高橋将市、解説:東尾修、リポーター:斉藤一美2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 坂井保之

    坂井保之から見た東尾修東尾修

    1978年10月12日、クラウンライターは身売りを決断し、堤義明率いる国土計画に身売りされて西武ライオンズとなり、福岡から所沢へ移転した。坂井と根本も引き続いて新生西武に残った。監督兼任管理部長となった根本、国土計画から球団社長として出向した戸田博之とともに球団改革を進め、大リーグスタイルを取り入れた球団経営で西武は注目の的となった。しかし、チームが2度目の3連覇を果たした1987年オフに東尾修が賭博に関与した疑いで減俸と謹慎(東尾は麻雀賭博がきっかけで1988年に引退)、1989年にコーチの土井正博が賭博容疑で逮捕(土井は後に解雇されるも1996年に復帰)という不祥事が相次ぎ、代表職を退任した。坂井保之 フレッシュアイペディアより)

  • 木村育生

    木村育生から見た東尾修東尾修

    元西武ライオンズ選手・監督の東尾修とは雑誌で対談して以来の親交があり、西武ドームの命名権にインボイスを勧めたのも東尾であった。木村育生 フレッシュアイペディアより)

  • 原井和也

    原井和也から見た東尾修東尾修

    西武時代、背番号30を背負っていた時に、東尾修監督に「背番号30は3タコ(3打数0安打)を連想するので変えてください」と直訴したところ、「おまえが3打席も立つことはないから安心しろ」と返されたという。とはいえ、原井が東尾の箕島高校の後輩だということもあり、左投手先発時の二塁手として度々スタメンに起用され、97年はそれなりの成績を残した。それ以降は非力なバッティングが目立つようになったが、それでも東尾に起用され続けたため、ファンの中には「原井は東尾に贔屓されている」という印象を持つ者も多かった。事実、東尾の当時のホームページでは、「監督はなぜ原井選手ばかり起用するのですか、えこひいきはやめてください」という意見が「ファンからの代表的な質問」として掲載されるほどだった。それに対して東尾は「どうせ誰を起用しても打てないのだから、せめて守備がいい原井を起用しているだけ」と答えている。原井和也 フレッシュアイペディアより)

  • 梓 みちよ

    梓みちよから見た東尾修東尾修

    東尾修との関係を30年以上取り沙汰されており、梓自身は「大人の関係です」とコメント(東尾はノーコメント)。梓みちよ フレッシュアイペディアより)

228件中 81 - 90件表示

「東尾修」のニューストピックワード