150件中 11 - 20件表示
  • 東尾修

    東尾修から見た尾藤公

    京都の龍谷大学付属平安高校に合格し、すでに下宿先の手配など京都での生活準備が進んでいたが、その評判を聞いた和歌山県立箕島高等学校野球部監督の尾藤公が直々に口説き、一転して同校に入学。四番のエースとして秋季近畿大会決勝に進出、平安高の池田信夫と投げ合うが敗退。準優勝にとどまるが、春の選抜への出場を決める。箕島高は甲子園初出場であった。同大会では準決勝まで進み、この大会に優勝した大宮工と対戦。3点を先制するが、その後は吉沢敏雄(慶大?東京ガス)に抑えられ、8回に逆転され敗退。同年夏の甲子園県予選では2回戦で星林高に敗れた。尾藤は後に甲子園で4回優勝(春3回、夏1回)という実績を残したが、「この年(1968年)のチームが最強であり、優勝できなかったのは自分自身の経験不足のため」と語っている。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た松坂大輔

    は、黄金ルーキー松坂大輔の活躍で福岡ダイエーホークスと優勝争いを繰り広げ、9月中一度は0.5ゲーム差まで迫るも追い越すまでには至らず、マルティネス退団により低下した攻撃力もあって結局2位に終わり、リーグ3連覇は成らなかった。翌もダイエーとの優勝争いに敗れて2位に終わり、も近鉄、ダイエーとの優勝争いに敗れ、同年限りで監督を勇退した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た東尾理子

    長女はプロゴルファーの東尾理子。娘婿は石田純一。また、青山和子は従姉にあたる。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た伊東勤

    高木大成、和田一浩、貝塚政秀といった、打撃力のある捕手を捕手以外のポジションで起用することも多かった。これは、攻撃力不足を補う面ではある程度役に立ったが、彼らがなかなか確固たるポジションを獲得できないことにも繋がり、更には西武黄金時代からの正捕手であった伊東勤の後継者育成が大幅に遅れる一因ともなった(高木大成はその後のケガで選手寿命を縮めてしまったが、コンバート後2年間レギュラーとして優勝に貢献している。和田や貝塚に関しては当時伊東以外にも中嶋聡がおり、捕手としての守備面が一軍レベルになかったということも理由である。和田は後に本格的に外野手に転向し、首位打者を獲得するなど選手としての才能が開花している)。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た西口文也

    に西武の監督に就任。ドラフトで西口文也、高木浩之、小関竜也などを獲得。黄金期の主軸を担ったオレステス・デストラーデを復帰させ、現役メジャーリーガーのダリン・ジャクソンを獲得するも、オリックスに5勝21敗と大きく負け越し、1年目は3位に終わった(オリックス戦以外の成績は62勝36敗6分だった)。翌には広島から河田雄祐、中日から清水雅治と前原博之をトレードで獲得し、ドラフトでも高木大成・大友進・原井和也を獲得して戦力を整え、2年ぶりの優勝を目指したが、8月終了時点で借金12(47勝59敗4分=最下位)を経験するなど勝率は5割を切り、この年も3位に終わった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た新谷博

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは下馬評は西武有利と予想されたが横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た福本豊

    牽制球の技術もあったものの福本豊とは相性が悪く、特に球速の遅い変化球から多くの盗塁を許していた。当の福本本人に東尾の癖を直接教えてもらい一時は克服したが、またすぐに別の癖を福本に見抜かれた。福本は、東尾の癖を「本塁へ早く投げたい気持ちが左肩に出ていた」と表現していた。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た落合博満

    1986年の日本シリーズ(対広島)は史上初めて8戦目までもつれた。東尾は第1戦に先発し、9回裏1死まで0点に抑えながら、小早川毅彦、山本浩二に連続本塁打を浴びて同点とされ、引き分ける。この後、西武は3連敗し広島に王手をかけられる。東尾は続く5戦目でも9回を投げ、自責点0のまま降板。後を受けた工藤がサヨナラヒットを打って西武はやっと1勝目を挙げる。東尾に勝ち星は付かなかったものの、この1勝をきっかけに西武のシリーズ逆転劇へとつながっていく。8戦目も東尾が先発登板するが、投手の金石昭人に2ラン本塁打を打たれて3回で降板。試合後「もう握力がなくなっていた」と語っている。西武はこの後逆転し日本一となるが、当時37歳の東尾はこのシリーズで0勝ながら3試合、21イニングを投げている。この年のシーズンオフに落合博満と共に日本プロ野球史上初の年俸1億円プレーヤーとなった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た成田文男

    ロッテの木樽正明、成田文男らの投球フォームを参考に、切れ味鋭いスライダーやシュートを軸にした内外角の横の揺さぶりと、打者の内角を突く強気の投球スタイル を確立した。そのため与死球数が多く、通算165個という日本記録を持っている(ちなみに右打者に132個当てており、これは82%の割合である)。死球を与えても全く動じないふてぶてしい性格から『ケンカ投法』の異名も取った。この攻撃的なスタイルは得意とするスライダーとシュートを最大限に活かすため、試行錯誤の末に編み出したという。東尾は「僕だって本当はストレートで、格好良く真っ向勝負をしたかった。しかしプロで生き残るためには、ああいうスタイルでなければいけなかった」と語っている。「ケンカ投法」の元となったと言うのは、西鉄時代の先輩である池永正明で、以前から池永を目標としており、師匠だとも話している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たデニス・サファテ

    チームは広岡就任1年目の1982年、翌と2年連続リーグ優勝、日本一を達成。にもリーグ優勝する。東尾はこれら3度の日本シリーズでは全てリリーフに回り、1982年には日本シリーズMVPに輝く。なお投手が救援登板のみでMVPを獲得したのは日本シリーズ史上初で、2017年の日本シリーズでデニス・サファテ(ソフトバンク)がMVPを獲得するまでは唯一の記録だった。1983年には2度目の最多勝、最優秀防御率、ベストナイン、パ・リーグMVPなど数々のタイトルを獲得している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

150件中 11 - 20件表示

「東尾修」のニューストピックワード