135件中 31 - 40件表示
  • 東尾修

    東尾修から見たオリックス・バファローズ

    チームは広岡就任1年目の1982年、翌と2年連続リーグ優勝、日本一を達成。にもリーグ優勝する。東尾はこれら3度の日本シリーズでは全てリリーフに回り、1982年には日本シリーズMVPに輝く。1983年にはリーグMVPと最優秀防御率を獲得している。には通算200勝を達成。1985年はタイトルこそ獲得出来なかったが、17勝3敗の好成績で、21勝を挙げた阪急ブレーブスの佐藤義則を差し置いてベストナインに選ばれる。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た東京ヤクルトスワローズ

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た読売ジャイアンツ

    黒い霧事件の余波を受けての戦力低下、観客動員数の激減などで、西鉄は1972年に球団経営を放棄。その後、太平洋クラブライオンズ〜クラウンライターライオンズとチーム名が変わるなど、常に不安定な経営状況に晒された。東尾は低迷時代をエースとして支えた。には23勝15敗で最多勝。オフには巨人から東尾獲得の申し出があったが、球団が「東尾の放出は球団の死を意味し、それは我々が経営の当事者である限りありえない」との声明を発表した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た広島東洋カープ

    1986年の日本シリーズ(対広島)は史上初めて8戦目までもつれた激闘であった。東尾は第1戦に先発し、9回裏1死まで0点に抑えながら、小早川毅彦、山本浩二に連続本塁打を浴びて同点とされ、引き分ける。この後、西武は3連敗し広島に王手をかけられる。東尾は続く5戦目でも9回を投げ、自責点0のまま降板。後を受けた工藤がサヨナラヒットを打って西武はやっと1勝目を挙げる。東尾に勝ち星は付かなかったものの、この1勝をきっかけに西武のシリーズ大逆転劇へとつながっていく。8戦目も東尾が先発登板するが、投手の金石昭人に2ラン本塁打を打たれて3回で降板。試合後「もう握力がなくなっていた」と語っている。西武はこの後逆転し日本一となるが、当時37歳の東尾はこのシリーズで0勝ながら3試合、21イニングを投げている。この年のシーズンオフに落合博満と共に日本プロ野球史上初の年俸1億円プレーヤーとなった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た徳間書店インターメディア

    東尾修監修・プロ野球スタジアム'91 :1991年8月9日発売。徳間書店インターメディアより販売。ゲームボーイ用ソフト。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た広瀬哲朗

    広瀬哲朗は著書『プロ野球オレだけが知ってるナイショ話』の中で、広瀬が東尾の球をコツコツとファウルにし続けていると、激昂した東尾がマウンドから降りてきて「小僧、いつまでファウルにしとるんや。早く凡退せえ、コノヤロー!!」と怒鳴られた、というエピソードを紹介している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た金村義明金村 義明

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た大阪近鉄バファローズ

    は、黄金ルーキー松坂大輔の活躍で福岡ダイエーホークスと優勝争いを繰り広げるも、マルティネス退団により低下した攻撃力もあって結局2位に終わり、リーグ3連覇は成らなかった。翌もダイエーとの優勝争いに敗れて2位に終わり、も近鉄、ダイエーとの優勝争いに敗れ、同年限りで監督を勇退した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た梶本隆夫

    西鉄時代のチーム事情により、実力の伴わない若手時代から主戦投手としてシーズンを通して登板したため負けが多く、1年目である1969年から4年連続で負け越しており、実働20年の現役生活のうち9シーズンで負け越し、半分以上の14シーズンで2桁敗戦を喫した。リーグ最多敗戦投手となったシーズンが5回ある(最も多く負けたのは1972年の25敗)。また、通算200勝より先に通算200敗を達成しており(梶本隆夫に次いで史上2人目)、200勝を達成したのシーズン終了時点で通算201勝215敗と大きく負け越していた(ちなみに150勝した時点では170敗しており負け越し20)。しかし、翌1985年に17勝3敗という好成績で14の負け越しを一気に帳消し、その後の3シーズンを33勝29敗と勝ち越しで終えた結果、引退時には通算251勝247敗と無事勝ち越しを記録することとなり、現在200勝投手で通算成績が負け越しているのは梶本のみである。2011年現在、シーズン300イニング登板・20敗戦を記録した最後の投手でもある。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た村田兆治

    1968年に西鉄ライオンズに入団。以降太平洋クラブ、クラウンライター、西武と、ライオンズひと筋にプレーした。1970年代から1980年代のパ・リーグを代表する投手であり、同年代の山田久志(阪急)、村田兆治(ロッテ)、鈴木啓示(近鉄)らとしのぎを削った。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督を務め、1997年、1998年の2年連続でパ・リーグを制した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

135件中 31 - 40件表示

「東尾修」のニューストピックワード