150件中 41 - 50件表示
  • 東尾修

    東尾修から見た高木大成

    に西武の監督に就任。ドラフトで西口文也、高木浩之、小関竜也などを獲得。黄金期の主軸を担ったオレステス・デストラーデを復帰させ、現役メジャーリーガーのダリン・ジャクソンを獲得するも、オリックスに5勝21敗と大きく負け越し、1年目は3位に終わった(オリックス戦以外の成績は62勝36敗6分だった)。翌には広島から河田雄祐、中日から清水雅治と前原博之をトレードで獲得し、ドラフトでも高木大成・大友進・原井和也を獲得して戦力を整え、2年ぶりの優勝を目指したが、8月終了時点で借金12(47勝59敗4分=最下位)を経験するなど勝率は5割を切り、この年も3位に終わった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た広岡達朗

    広岡達朗が西武ライオンズ監督に就任。広岡はチームプレーを重視した守りの野球を展開する。同年5月の試合において、東尾の一塁ベースカバーが遅れたと感じた広岡は、東尾を先発ローテーションから外す姿勢を打ち出した。翌1983年には東尾の投球に関して、広岡が試合後に「八百長をやっているのではないか」とコメントしたことがスポーツ紙に報じられたことから東尾が激怒したということもあった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た広島東洋カープ

    1986年の日本シリーズ(対広島)は史上初めて8戦目までもつれた。東尾は第1戦に先発し、9回裏1死まで0点に抑えながら、小早川毅彦、山本浩二に連続本塁打を浴びて同点とされ、引き分ける。この後、西武は3連敗し広島に王手をかけられる。東尾は続く5戦目でも9回を投げ、自責点0のまま降板。後を受けた工藤がサヨナラヒットを打って西武はやっと1勝目を挙げる。東尾に勝ち星は付かなかったものの、この1勝をきっかけに西武のシリーズ逆転劇へとつながっていく。8戦目も東尾が先発登板するが、投手の金石昭人に2ラン本塁打を打たれて3回で降板。試合後「もう握力がなくなっていた」と語っている。西武はこの後逆転し日本一となるが、当時37歳の東尾はこのシリーズで0勝ながら3試合、21イニングを投げている。この年のシーズンオフに落合博満と共に日本プロ野球史上初の年俸1億円プレーヤーとなった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た埼玉西武ライオンズ

    1968年に西鉄ライオンズに入団。以降、太平洋・クラウン・西武と、ライオンズ一筋にプレーした。1970年代から1980年代のパ・リーグを代表する投手であり、同年代の山田久志(阪急)、村田兆治(ロッテ)、鈴木啓示(近鉄)らとしのぎを削った。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督を務め、1997・1998年の2年連続でパ・リーグを制した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たオリックス・バファローズ

    には通算200勝を達成。1985年はタイトルこそ獲得出来なかったが、17勝3敗の好成績で、21勝を挙げた阪急ブレーブスの佐藤義則を差し置いてベストナインに選ばれる。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た東京ヤクルトスワローズ

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは下馬評は西武有利と予想されたが横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た広瀬哲朗

    広瀬哲朗は著書『プロ野球オレだけが知ってるナイショ話』の中で、ある試合中に広瀬が東尾と対戦した際、カットしてファウルにし続けたところ、激高した東尾がマウンドから降りてきて「小僧、いつまでファウルにしとるんや。早く凡退せえ、コノヤロー!!」と怒鳴られた、というエピソードを紹介している。東尾本人もこのことを認めており、「だって客が飽きているんですよ。『お前のファウルなんか見せられて誰が喜ぶんだ』と頭にきて、つい怒鳴ってしまった」と述懐している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た金村義明

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは下馬評は西武有利と予想されたが横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た大阪近鉄バファローズ

    は、黄金ルーキー松坂大輔の活躍で福岡ダイエーホークスと優勝争いを繰り広げ、9月中一度は0.5ゲーム差まで迫るも追い越すまでには至らず、マルティネス退団により低下した攻撃力もあって結局2位に終わり、リーグ3連覇は成らなかった。翌もダイエーとの優勝争いに敗れて2位に終わり、も近鉄、ダイエーとの優勝争いに敗れ、同年限りで監督を勇退した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たリチャード・デービス

    、6月13日の対近鉄戦(西武球場)の6回1死でリチャード・デービスに投じたインコースのシュートが踏み込んだデービスの左ひじにあたり、これに激高したデービスがマウンドの東尾に駆け寄り、右ストレートを放ち、その後蹴りや4、5発のパンチを浴びせるなどの乱闘事件となる。デービスはこの時「コントロールのいい投手が、ああいうところに投げるのは故意としか考えられない。狙って当てた」と怒鳴り散らしている。デービスは退場となり、東尾は「ここで降りたら恰好悪い」として続投し完投勝利している。なおデービスはこれにより、出場停止10日間、罰金10万円の処分を受けている。当時日本ハム監督の高田繁は「今回だけは東尾に同情しない、今までやりたい放題だった」と述べている。一方で阪急監督だった上田利治監督も「ウチだってやられたらいくで」とコメントしたが、これに東尾は「頭に来た」としており、「当時の阪急は乱数表を使って死球のサインがあったし、そんなチームの監督が何を言うか」と後に述べている。直後の阪急戦では内角を攻めることを一切せず外角一本で完投勝利を収めている。東尾修 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「東尾修」のニューストピックワード