135件中 51 - 60件表示
  • 東尾修

    東尾修から見た田淵幸一

    東尾はスポーツニッポンに連載されたコラムで、現役時代に対戦相手の打者9人に続く10人目の敵として当時西武監督だった広岡達郎の名前を挙げており、東尾は広岡にプライドをズタズタにされたと述べている。キャンプ時に夕食のビールを禁止された時は、田淵幸一と共に、知人の医者が差し入れた小型冷蔵庫にビールを冷やして、やかんに入れてそれを湯のみに入れて飲んだという。1982年には前述したように、ベースカバーの落球をめぐって先発を外され、1983年の広岡の八百長発言を後まで「今でも許せない」と述べている。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た木樽正明

    ロッテの木樽正明、成田文男らの投球フォームを参考に、切れ味鋭いスライダーやシュートを軸にした横の揺さぶりと、打者の内角を突く強気の投球スタイルを確立した。そのため与死球数が多く、通算165個という日本記録を持っている。死球を与えても全く動じないふてぶてしい性格から『ケンカ投法』の異名も取った。東尾は「僕がプロで生き残るためには、得意な球種を考えるとああいう投球パターンでなければいけなかった」と語っている。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た貝塚政秀

    高木大成、和田一浩、貝塚政秀といった、打撃力のある捕手を捕手以外のポジションで起用することも多かった。これは、攻撃力不足を補う面ではある程度役に立ったが、彼らがなかなか確固たるポジションを獲得できないことにも繋がり、更には西武黄金時代からの正捕手であった伊東勤の後継者育成が大幅に遅れる一因ともなった(高木大成はその後のケガで選手寿命を縮めてしまったが、コンバート後2年間レギュラーとして優勝に貢献している。和田や貝塚に関しては当時伊東以外にも中嶋聡がおり、捕手としての守備面がプロ一軍レベルになかったいうことも理由である。和田は後に本格的に外野手に転向し、首位打者を獲得するなど選手としての才能が開花している)。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た竹下潤

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たグレッグ・ブロッサー

    同年オフ、守備・走塁面に大きな難があったものの、2年連続で30本塁打を記録するなどチームの主砲として活躍していたドミンゴ・マルティネスを「日本シリーズで勝つチームを目指すため」として解雇した。これは、と1998年の日本シリーズにおいて、DH制のないセ・リーグ本拠地では、守備に難があったマルティネスを起用できない(1997年に一塁手で起用したことはある)ことが影響していずれも日本一を逃していたためである(しかし、翌に入団したアーキー・シアンフロッコ、グレッグ・ブロッサーらは全く打てず、結果的にリーグ優勝を逃した)東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た大田卓司

    ライオンズは限りでクラウンライターからコクドに売却され、から西武ライオンズとなる。監督の根本陸夫はフロントの要職も兼任、トレードなどにより選手を大幅に入れ替え、西鉄ライオンズ時代からの生き残りは東尾と大田卓司の2人だけになった(東尾と大田は、共に西鉄ライオンズが西武ライオンズになるまでの全てのライオンズ球団に所属した選手である)。チームが西武に代わっても、『野武士軍団』と呼ばれた西鉄ライオンズの最後の生き残りらしく、豪放かつ実直な性格でチームの兄貴分として慕われた。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た鈴木啓示

    1968年に西鉄ライオンズに入団。以降太平洋クラブ、クラウンライター、西武と、ライオンズひと筋にプレーした。1970年代から1980年代のパ・リーグを代表する投手であり、同年代の山田久志(阪急)、村田兆治(ロッテ)、鈴木啓示(近鉄)らとしのぎを削った。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督を務め、1997年、1998年の2年連続でパ・リーグを制した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た大宮龍男

    1000奪三振:1978年8月24日、対日本ハムファイターズ後期8回戦(後楽園球場)、8回裏に大宮龍男から ※史上55人目東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た羽田耕一

    1500奪三振:1985年8月6日、対近鉄バファローズ13回戦(西武ライオンズ球場)、1回表に羽田耕一から ※史上29人目東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た橋本武広

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「東尾修」のニューストピックワード