135件中 81 - 90件表示
  • 東尾修

    東尾修から見た西崎幸広

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た龍谷大学付属平安中学校・高等学校

    京都の平安高校に合格し、すでに下宿先など京都での生活準備が進んでいたが、その評判を聞いた和歌山県立箕島高等学校野球部監督の尾藤公が直々に口説き、同校に入学。1968年には甲子園初出場校のエースとしてベスト4まで進んだ。尾藤は後に甲子園で4回優勝(春3回、夏1回)という実績を残したが、「この年(1968年)のチームが最強であり、優勝できなかったのは自分自身の経験不足のため」と語っている。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た中日ドラゴンズ

    に西武の監督に就任。ドラフトで西口文也、高木浩之、小関竜也などを獲得。黄金期の主軸を担ったオレステス・デストラーデを復帰させ、現役メジャーリーガーのダリン・ジャクソンを獲得するも、オリックスに5勝21敗と大きく負け越し、1年目は3位に終わった(オリックス戦以外の成績は62勝36敗6分だった)。翌には広島から河田雄祐、中日から清水雅治と前原博之をトレードで獲得し、ドラフトでも高木大成・大友進・原井和也を獲得して戦力を整え、2年ぶりの優勝を目指したが、8月終了時点で借金12(47勝59敗4分=最下位)を経験するなど勝率は5割を切り、この年も3位に終わった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たワールド・ベースボール・クラシック

    2012年10月10日に、2013年に開催されるWBCまでの野球日本代表の投手総合コーチへの就任が発表された。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:5回 (1983年 - 1987年)東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た野球日本代表

    2012年10月10日に、2013年に開催されるWBCまでの野球日本代表の投手総合コーチへの就任が発表された。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た麻雀

    は同僚の工藤公康と最優秀防御率のタイトルを最後まで争い、15勝を挙げて2度目のパ・リーグMVPに輝く。だがシーズンオフに暴力団絡みの麻雀賭博容疑で書類送検され、球団から半年間の出場停止と減俸2,500万円の処分を受ける。記者会見で「全て私の不徳の致すところ。雀荘で(麻雀を)やるのは好きではなかった。メンツにヤクザがいると知っていたら加わらなかった、軽率だった」と謝罪(ただし、渡されていた原稿を朗読していただけで「不徳」を「フタク」と読み上げ、隣席の関係者から強い口調で注意され訂正している)。1987年シーズンの成績から翌年度は年俸の更なる増額が予想されていたが(事件発覚前には1億2000万円の提示を保留)、事件発覚により25%減額、最終的には年俸7500万円で契約している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た日本プロバスケットボールリーグ

    監督退任後はテレビ朝日、文化放送、スポーツニッポンの野球解説者に復帰し、現在に至る。また2006年9月から2009年8月まで、バスケットボールのプロリーグbjリーグの東京アパッチの球団社長を務めた。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た暴力団

    は同僚の工藤公康と最優秀防御率のタイトルを最後まで争い、15勝を挙げて2度目のパ・リーグMVPに輝く。だがシーズンオフに暴力団絡みの麻雀賭博容疑で書類送検され、球団から半年間の出場停止と減俸2,500万円の処分を受ける。記者会見で「全て私の不徳の致すところ。雀荘で(麻雀を)やるのは好きではなかった。メンツにヤクザがいると知っていたら加わらなかった、軽率だった」と謝罪(ただし、渡されていた原稿を朗読していただけで「不徳」を「フタク」と読み上げ、隣席の関係者から強い口調で注意され訂正している)。1987年シーズンの成績から翌年度は年俸の更なる増額が予想されていたが(事件発覚前には1億2000万円の提示を保留)、事件発覚により25%減額、最終的には年俸7500万円で契約している。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た2009年

    監督退任後はテレビ朝日、文化放送、スポーツニッポンの野球解説者に復帰し、現在に至る。また2006年9月から2009年8月まで、バスケットボールのプロリーグbjリーグの東京アパッチの球団社長を務めた。東尾修 フレッシュアイペディアより)

135件中 81 - 90件表示

「東尾修」のニューストピックワード