前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1464件中 1 - 10件表示
  • 藤原元命

    藤原元命から見た尾張国尾張国

    藤原 元命(ふじわら の もとなが、生没年不詳)は平安時代中期の貴族。藤原北家魚名流、肥前守・藤原経臣の子。官位は従四位下・尾張守。藤原元命 フレッシュアイペディアより)

  • 松倉城 (尾張国)

    松倉城 (尾張国)から見た尾張国尾張国

    松倉城(まつくらじょう)は、尾張国葉栗郡→美濃国羽栗郡(現・岐阜県各務原市)にあった戦国時代の城である。松倉城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 川島町 (岐阜県)

    川島町 (岐阜県)から見た尾張国尾張国

    平安以前は尾張国河沼郷と呼ばれていた。川島町 (岐阜県) フレッシュアイペディアより)

  • ヤロカ水

    ヤロカ水から見た尾張国尾張国

    ヤロカ水(やろかみず)とは、江戸時代、尾張国、美濃国に出現した妖怪。遣ろか水、ヤロカの水、ヤロカの大水ともいう。ヤロカ水 フレッシュアイペディアより)

  • 知多半島

    知多半島から見た尾張国尾張国

    律令時代、知多半島は尾張国に所属した。したがって、稲沢市に有ったとされる尾張国の国府に服属していた。知多半島 フレッシュアイペディアより)

  • 斯波氏

    斯波氏から見た尾張国尾張国

    斯波氏(しばし)は、日本の武家のひとつ。本姓は源氏。家系は清和天皇の血をひく清和源氏の中の河内源氏の棟梁・鎮守府将軍源義家の子である義国を祖とする足利氏の有力一門。室町時代に幕府の三管領筆頭となった一族であり、越前・若狭・越中・山城・能登・遠江・信濃・尾張・加賀・安房・佐渡などを領した守護大名・戦国大名。また一門は奥州探題・羽州探題を代々歴任し、一時は九州探題・関東管領にも任じられた。斯波氏 フレッシュアイペディアより)

  • 水野氏

    水野氏から見た尾張国尾張国

    水野氏の出自は「寛政重脩諸家家譜」では清和源氏満政流を称している。経基王の王子で源満仲の弟、鎮守府将軍源満政を祖とし、満政の7世、重房の代に至って尾張知多郡阿久比郷小河に移住して小川氏(小河氏)あるいは浦野氏を名乗り、その子、重清の代に至って水野氏を名乗ったという。しかし、苗字の地とされる同春日井郡水野郷(瀬戸市水野)には古代から続く桓武平氏の水野氏があり、また藤原氏を称するものもあり、源氏と断定できず諸説ある状態である。なお苗字の地は京都嵯峨水野の里とする説が「寛政譜」には記されている。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 本地城

    本地城から見た尾張国尾張国

    本地城(ほんじじょう)は、尾張国春日井郡(現在の愛知県瀬戸市)に存在した平城。本地城 フレッシュアイペディアより)

  • 大島親崇

    大島親崇から見た尾張国尾張国

    大島 親崇(おおしま ちかたか、生年不詳 - 元和2年(1616年))は、戦国時代から安土桃山時代に伊勢国で活動した戦国武将。通称は新左衛門、法名は浄賢。阿波国を本拠とする三好氏の一族で三好長延の子。長島一向一揆に与した。妻は尾張国の三好吉房の妹で、吉房の妻の日秀は豊臣秀吉の姉なので、豊臣秀次は義理の甥にあたる。大島親崇 フレッシュアイペディアより)

  • 安城合戦

    安城合戦から見た尾張尾張国

    戦いの目的は年が進むにつれてより複雑なものに変化しており、最初の戦闘は織田氏の三河進出が目的であり、最後の戦闘は今川氏の西三河乗っ取りが目的だと思われる。結果、織田氏が敗北したため、織田氏の三河における勢力範囲は尾張と三河の国境付近にある刈谷城周辺まで後退し、代わりに今川氏の西三河乗っ取り工作が成功し、刈谷城周辺を除く三河諸地域が今川領となった。安城合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1464件中 1 - 10件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード