2050件中 91 - 100件表示
  • 土岐成頼

    土岐成頼から見た尾張国尾張国

    美濃の隣国である尾張知多郡の分郡守護であった一色義遠(よしとお)の子として生まれたとされている。兄弟に丹後守護職の一色義有(宗家である丹後の一色家の継嗣となった)がいる。土岐成頼 フレッシュアイペディアより)

  • 野村立栄 (初代)

    野村立栄 (初代)から見た尾張国尾張国

    安永5年(1776年)尾張藩に一人立療治を許可され、尾張国海東郡前田村(名古屋市中川区前田)、安永10年(1781年)同郡蟹江村(海部郡蟹江町)に移った。野村立栄 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 守山市 (愛知県)

    守山市 (愛知県)から見た尾張国尾張国

    戦国時代初期、尾張国山田郡が分割され、春日井郡と愛知郡に編入される。守山市 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 織田良信

    織田良信から見た尾張国尾張国

    織田 良信(おだ すけのぶ/よしのぶ、生没年不詳)は、戦国時代の武将。官途は弾正左衛門、弾正忠。備後守。尾張の守護代である織田氏の一族で清洲三奉行の一家「織田弾正忠家」(勝幡織田氏)の祖とされる。織田良信 フレッシュアイペディアより)

  • 清洲同盟

    清洲同盟から見た尾張国尾張国

    清洲同盟(きよすどうめい)は、戦国時代に尾張の戦国大名・織田信長と三河の戦国大名・徳川家康との間で結ばれた軍事同盟。それぞれの一文字から織徳同盟(しょくとくどうめい)、尾三同盟(びさんどうめい)ともよばれる。清洲同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 菅原峯嗣

    菅原峯嗣から見た尾張国尾張国

    承和2年(835年)従五位下に叙爵。淳和上皇は皇太子の頃身近に仕えていたことにより、峯嗣を侍医に任じて非常に寵遇したという。承和4年(837年)尾張権介、承和6年(839年)美濃権介に任ぜられるがいずれも遙任で務めた。嘉祥2年(849年)越後守に任ぜられるが、当時峯嗣は淳和院で太皇太后・橘嘉智子の薬湯方に携わっていたことから、翌嘉祥3年(850年)には比較的平安京に近い播磨国の国司(介)に転任されている。仁寿元年(851年)従五位上に昇叙。菅原峯嗣 フレッシュアイペディアより)

  • FC.SIRIUS尾張

    FC.SIRIUS尾張から見た尾張国尾張国

    フットボールクラブシリウス尾張(フットボールクラブシリウスおわり、Football Club SIRIUS OWARI、FC.SIRIUS尾張)は、愛知県名古屋市千種区、守山区、名東区、一宮市、日進市、長久手市を中心とする尾張地方をホームタウンとして活動する社会人サッカークラブである。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。FC.SIRIUS尾張 フレッシュアイペディアより)

  • 氷室長翁

    氷室長翁から見た尾張国尾張国

    氷室 長翁(ひむろ ながとし、天明4年閏1月23日(1784年3月14日) - 文久3年10月1日(1863年11月11日))は江戸時代後期の尾張国津島牛頭天王社(津島神社)神主、桂園派歌人。名は豊長(とよなが / とよおさ)、通称は兵治、兵庫、伊織、将監。氷室長翁 フレッシュアイペディアより)

  • 清洲会議

    清洲会議から見た尾張国尾張国

    天正10年6月の本能寺の変において、織田家前当主織田信長は京都で家臣の明智光秀の謀反で自害し、信長の嫡男で織田家当主であった織田信忠も二条新御所で切腹した。光秀は山崎の戦い後の逃亡中に討たれ、織田家後継者及び遺領の配分を決定することを目的に、尾張国清洲城(愛知県清須市)で開催された。集まった織田家家臣は柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興の4人で、滝川一益は直前の神流川の戦いで後北条氏に惨敗し、信濃から伊勢へ敗走中で間に合わなかった。恥じて不参加か、織田氏の勢力を関東から撤退させたことを理由に、参加を拒まれたとの説もある。清洲会議 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原為輔

    藤原為輔から見た尾張国尾張国

    天暦4年(950年)因幡守、天暦9年(955年)には尾張守と地方官を務め、従五位上に昇進。引き続き丹波守、山城守、大和権守と務め上げ、その功で従四位下まで昇る。康保4年(967年)左京大夫を兼任し、安和2年(969年)右中弁に任ぜられた後、左中弁、右大弁と弁官を務めた。藤原為輔 フレッシュアイペディアより)

2050件中 91 - 100件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード