1464件中 91 - 100件表示
  • 中条氏

    中条氏から見た尾張国尾張国

    古くは源義朝の郎党として活躍した。源頼朝の挙兵に参加し、鎌倉幕府の成立に他の武蔵七党の諸氏と共に尽力。横山党の嫡流である横山氏が和田合戦で滅びた後も幕府内で評定衆を務め、尾張の守護を長く務めるなど勢力を保った。中条氏 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家康

    徳川家康から見た尾張国尾張国

    2歳の頃、水野忠政没後の水野氏当主・水野信元(於大の兄)が尾張国の織田氏と同盟したため、織田氏と敵対する今川氏の庇護を受けていた広忠は於大を離縁した。そのため竹千代は幼くして母と生き別れになった。徳川家康 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信秀

    織田信秀から見た尾張国尾張国

    織田 信秀(おだ のぶひで)は、戦国時代の尾張国の武将、大名。織田信長の父である。織田信秀 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃国

    美濃国から見た尾張国尾張国

    7世紀に成立した。成立時の範囲は、現在の岐阜県南部と長野県木曽郡にほぼ相当した。南隣の尾張国との境は木曽川であったが、当時の流路は現在より北で、現在の境川下流を通っていた。美濃国 フレッシュアイペディアより)

  • 今川義元

    今川義元から見た尾張国尾張国

    寄親・寄子制度を設けての合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才能を発揮して今川氏の戦国大名への転身を成功させた。所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げるも、尾張国に侵攻した際に行われた桶狭間の戦いで織田信長に敗れて戦死した。今川義元 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信忠

    織田信忠から見た尾張国尾張国

    弘治3年(1557年)、織田信長の長男(信正が実在すれば次男)として尾張国丹羽郡小折(現在の愛知県江南市)の生駒屋敷で生まれる。実母は生駒氏という説があるが、異説もある。幼名は奇妙丸。元服してはじめ勘九郎信重を名乗り、のちに信忠と改める。織田信忠 フレッシュアイペディアより)

  • 戦国時代 (日本)

    戦国時代 (日本)から見た尾張国尾張国

    応仁の乱後も幕府の力は暫く残っており、1487年の将軍に敵対する近江守護六角高頼攻め(鈎の陣)には尾張国や若狭国など京都近辺の諸大名が従い、1492年の足利義材の河内攻めにも多くの軍勢が馳せ参じている。この河内攻め最中の1493年4月に管領細川政元が将軍廃立を図ったクーデターに成功して実権は細川氏に移った(明応の政変)。細川氏も政元死後、澄元・晴元父子と高国の2派に分裂して混迷を深める。将軍は各地の大名に身を寄せる存在となり、これによって幕府の中央政権としての権威は決定的に失われ、地方豪族は自ら力を蓄えるか力ある存在に身を寄せる時代に入った。この内、自ら力を蓄え自立した者を戦国大名という。戦国時代 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 羽島市

    羽島市から見た尾張国尾張国

    尾張国を鎌倉時代には土岐氏が領し、室町時代には斯波氏が領した。戦国時代になると斯波氏が弱体化し葉栗郡は土岐氏の預かりとなる。そのため、領地が明確に分かれていなかったために蜂須賀正勝に代表される土豪が力を持っていたのかもしれない。足近町は尾張であるはずだが、熱田神宮から不破関を結ぶ道沿いにあった西方寺など古くからの寺社に斎藤道三が再興した話が残る。羽島市 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知郡 (愛知県)

    愛知郡 (愛知県)から見た尾張国尾張国

    令制国一覧 > 東海道 > 尾張国 > 愛知郡愛知郡 (愛知県) フレッシュアイペディアより)

  • 源頼朝

    源頼朝から見た尾張国尾張国

    久安3年(1147年)4月8日、源義朝の三男として尾張国熱田(現在の名古屋市熱田区)に生まれる。幼名は鬼武者、または鬼武丸。母は熱田神宮大宮司藤原季範の娘の由良御前。源頼朝 フレッシュアイペディアより)

1464件中 91 - 100件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード