2050件中 101 - 110件表示
  • 石ヶ瀬川の戦い

    石ヶ瀬川の戦いから見た尾張国尾張国

    石ヶ瀬川の戦い(いしがせがわのたたかい)は、永禄元年(1558年)から永禄4年(1561年)にかけて、尾張国で行われた合戦。場所は現在の愛知県大府市と同県知多郡東浦町の境界付近で、3度にわたり戦闘が行われた。石ヶ瀬川の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 羽島市

    羽島市から見た尾張国尾張国

    尾張国を鎌倉時代には土岐氏が領し、室町時代には斯波氏が領した。羽島市 フレッシュアイペディアより)

  • 一柳直盛

    一柳直盛から見た尾張国尾張国

    一柳直末の弟。豊臣政権下で尾張黒田藩主。江戸幕府の下で伊勢神戸藩主。晩年に伊予西条藩初代藩主となったが、領地に入る前に死去した。一柳直盛 フレッシュアイペディアより)

  • 田代城

    田代城から見た尾張国尾張国

    田代城(でんだいじょう)は、現在の岐阜県羽島郡笠松町田代にあった、戦国時代の日本の城である。この城がある地域は、当時尾張国葉栗郡である。田代城 フレッシュアイペディアより)

  • 簗田政綱

    簗田政綱から見た尾張国尾張国

    尾張国の人で、春日井郡九之坪城主であった。来歴は不明だが、永禄2年(1559年)領内に十所神社を建立した記録が残っている。織田信秀・信長父子に仕えたという。簗田政綱 フレッシュアイペディアより)

  • 源顕仲

    源顕仲から見た尾張国尾張国

    篤子内親王に仕える。周防守、尾張守などを歴任したのち、寛治元年(1087年)従四位上、寛治2年(1088年)正四位下に叙せられ、寛治5年(1091年)頃に丹波守、寛治7年(1093年)刑部卿に任ぜられる。源顕仲 フレッシュアイペディアより)

  • 安城合戦

    安城合戦から見た尾張尾張国

    最初の戦闘は、織田氏が三河進出を企図したことから発生したものであり、最後の戦闘は、今川氏が西三河より織田氏の勢力を駆逐して、代わりに自らの勢力を扶植するため行われた。結果、織田氏は敗北して、三河における織田氏の勢力は著しく減退、尾張と三河の国境付近にある刈谷周辺の一角を保持するのみとなった。代わりに今川氏は松平宗家領押領によって勢力基盤確立に成功、一部地区を除く西三河南部地域のほぼすべてが今川領となった。安城合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た尾張国尾張国

    『六国史』(『類聚国史』の補分を含む)には吉弥侯部や吉弥侯を氏とする人物の記述が時折見られる。『続日本紀』では公民や官人としての君子氏や君子部氏、吉弥侯部氏、吉弥侯氏が記載されているが、類聚国史の「俘囚」の項には多くの吉弥侯部氏や吉弥侯氏が俘囚として記録されており、『続日本後紀』以降では俘囚以外にも賊首や賊主としての吉弥侯部氏、吉弥侯氏の記録がある。これら六国史の実際の記載としては「陸奥国俘囚」「陸奥国賊首」「出羽国俘囚」「常陸国俘囚」「甲斐国俘囚」「甲斐国賊主」「越中国俘囚」「摂津国俘囚」「播磨国俘囚」「伊予国俘囚」「安芸国俘囚長」「因幡国俘囚」「出雲国俘囚」「豊前国俘囚」「豊後国俘囚」とされているが、その殆どは何らかの功を挙げ位階を賜った記事となっている。これらの人物の中には、尾張国、駿河国、阿波国へ移配された者もあった。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 無動寺城

    無動寺城から見た尾張国尾張国

    天文13年(1544年)8月、織田信秀は斎藤道三の稲葉山城を攻める為、進軍を開始する。斎藤道三は土岐八郎頼香を大将として尾張国葉栗郡無動寺村(現笠松町)に進軍、安養山光得寺を砦として改修。これを無動寺城と名づける。無動寺城 フレッシュアイペディアより)

  • 知多半島

    知多半島から見た尾張国尾張国

    律令時代、知多半島は尾張国に所属した。したがって、稲沢市に有ったとされる尾張国の国府に服属していた。知多半島 フレッシュアイペディアより)

2050件中 101 - 110件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード