1464件中 11 - 20件表示
  • 上条入道

    上条入道から見た尾張国尾張国

    上条 入道(かみじょう にゅうどう、生没年不詳)は南北朝時代の尾張国の地頭。上条入道 フレッシュアイペディアより)

  • 八神城

    八神城から見た尾張国尾張国

    鎌倉時代、尾張国長岡庄石田郷(後の尾張国中島郡石田村)の司職である毛利氏が、居城を八神に移す(時期は不明)。八神城 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田氏

    戸田氏から見た尾張国尾張国

    尾張国海部郡戸田(現・愛知県名古屋市中川区戸田一帯)に拠って戸田氏を称したという。朝倉川南岸の二連木城や渥美郡一帯を支配した。戸田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)

    清水次郎長 (1971年のテレビドラマ)から見た尾張国尾張国

    鬼瓦一家との一件で思案した次郎長が剣の腕を磨くべく入門した浪人。尾張の出で、武家社会に嫌気が差して、妻や伊藤家を捨てて出奔した過去を持つ。本名「山本」(第20話の本人の台詞より)。三国一の武術の達人で特に槍術の達人。次郎長の鬼瓦一家への殴り込みに助勢したことをきっかけに、次郎長を大前田の英五郎親分に引き合わせ、自身も武士の身分を捨て次郎長の子分に。その貫禄と堂々たる態度で子分衆のまとめ役として一家に睨みを利かせる。次郎長からの信頼も厚く、次郎長から相談を受けるのはもちろん、次郎長が旅に出た時に一家の留守を預かったり、次郎長の名代として他の親分のところに出向いたりもする。また、ども安や勝蔵の企みによる次郎長を追い落とす様々な策を見破る眼力も持つ。小政の登場以降は区別の意味も込めて「大政」と呼ばれ(自身でもそう名乗る)、身内の子分衆からは「政兄ぃ」と呼ばれる。清水次郎長 (1971年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県

    愛知県から見た尾張国尾張国

    大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域より構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 桶狭間の戦い

    桶狭間の戦いから見た尾張国尾張国

    桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)は、永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦。桶狭間の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 源義朝

    源義朝から見た尾張国尾張国

    源義家の死後、河内源氏は内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。源義朝 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東氏

    伊東氏から見た尾張国尾張国

    一族である工藤祐経の子孫が日向国へ下向して戦国大名の日向伊東氏・飫肥藩藩主となり、伊東祐親の子孫が尾張国岩倉に移り住んで備中岡田藩主となる。伊東氏 フレッシュアイペディアより)

  • 前田氏

    前田氏から見た尾張国尾張国

    尾張において織田氏に仕えた前田種利(与十郎)や前田利家と玄以の一族は同族とされる系図もあるが、利家の系統が菅原姓を称するのは、系図上その出自が美作菅氏の支流原田氏だからである。前田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県

    岐阜県から見た尾張国尾張国

    ほぼ旧美濃国と旧飛騨国とで構成されているが、境界整備により、一部に旧越前国、旧信濃国、旧尾張国、旧伊勢国も含まれている。岐阜県 フレッシュアイペディアより)

1464件中 11 - 20件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード