2050件中 11 - 20件表示
  • 上条入道

    上条入道から見た尾張国尾張国

    上条 入道(かみじょう にゅうどう、生没年不詳)は南北朝時代の尾張国の地頭。上条入道 フレッシュアイペディアより)

  • 千里亭芝石

    千里亭芝石から見た尾張国尾張国

    千里亭芝石(せんりてい しじゃく、? - 嘉永元年3月20日(1848年4月23日))は江戸時代後期の俳人。尾張狂俳の中興の祖とされる。苗字は西川、通称は官次(郎)。別号は福田庵、帯月庵。名は吉陣とされるが、龍潭寺に文化元年(1804年)5月26日銘の西川官次郎吉陣墓があり、疑いを有する。千里亭芝石 フレッシュアイペディアより)

  • 漆部伊波

    漆部伊波から見た尾張国尾張国

    漆部 伊波(ぬりべ の いわ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。氏姓は漆部直のち相模宿禰。外従七位下・漆部足人の子とする系図がある。官位は従五位下・尾張守。漆部伊波 フレッシュアイペディアより)

  • 大島親崇

    大島親崇から見た尾張国尾張国

    大島 親崇(おおしま ちかたか、生年不詳 - 元和2年(1616年))は、戦国時代から安土桃山時代に伊勢国で活動した戦国武将。通称は新左衛門、法名は浄賢。阿波国を本拠とする三好氏の一族で三好長延の子。長島一向一揆に与した。妻は尾張国の三好吉房の妹で、吉房の妻の日秀は豊臣秀吉の姉なので、豊臣秀次は義理の甥にあたる。大島親崇 フレッシュアイペディアより)

  • 百済王全福

    百済王全福から見た尾張国尾張国

    百済王 全福(くだらのこにきし ぜんふく、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。摂津亮・百済王郎虞の子。官位は正五位下・尾張守。百済王全福 フレッシュアイペディアより)

  • 八神城

    八神城から見た尾張国尾張国

    鎌倉時代、尾張国長岡庄石田郷(後の尾張国中島郡石田村)の司職である毛利氏が、居城を八神に移す(時期は不明)。八神城 フレッシュアイペディアより)

  • 今川氏

    今川氏から見た尾張国尾張国

    義元は三国同盟を背景に三河進出に力を注ぎ、弱体化した三河国の松平氏を従属させたほか、同じく尾張の織田氏と「安城合戦」「小豆坂の戦い」などを戦い、三河から織田氏を締め出すことに成功した。松平氏の当主である松平元康(徳川家康)は幕府の奉公衆で駿河今川氏の重臣でもあった今川関口家から正室を迎えた。こうして、駿河・遠江・三河の3か国を支配する上に尾張の一部を有するが、1560年(永禄3年)5月19日に桶狭間の戦いで織田信長に本陣を襲撃され、敗死した。今川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田氏

    戸田氏から見た尾張国尾張国

    尾張国海部郡戸田(現・愛知県名古屋市中川区戸田一帯)によって戸田氏を称したという。朝倉川南岸の二連木城や渥美郡一帯を支配した。戸田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 安城合戦

    安城合戦から見た尾張国尾張国

    そのため、小さい城だが攻めることが難しく、碧海郡(水野氏の勢力下にあった刈谷周辺や江戸時代以前は幡豆郡であった大浜を除く)に点在する松平氏の諸城を統率し、本城である岡崎城防衛の前進基地となるため、織田氏にとっては尾張国に今川の力が及ばぬよう今川氏の三河領有を阻止する足がかりとなり、松平氏にとっては岡崎城防衛のために失ってはならない城だった(事実、安祥城の失陥後に小豆坂の戦いが発生している)。そして今川氏にとっては、三河を我が物とするため、織田氏に占領され続けることは容認できなかった。そのため、広忠の死後この戦いに本格介入することになる。安城合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 水野氏

    水野氏から見た尾張国尾張国

    水野氏(みずのし)は、清和源氏を称する日本の氏族。戦国時代には緒川城、刈谷城を中心に尾張国南部の知多半島と三河国西部に領地を広げ、織田氏や徳川氏と同盟を結び最盛期には24万石と称される勢力となった。水野氏 フレッシュアイペディアより)

2050件中 11 - 20件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード