1464件中 21 - 30件表示
  • 猿尾堤

    猿尾堤から見た尾張国尾張国

    1609年(慶長14年)、木曽川の洪水を防ぐ目的と軍事上の目的をかねて、尾張国に御囲堤が築かれる。尾張国の御囲堤に対し、美濃国は3尺(約1m)低い堤防しか築いてはならないという不文律により、美濃国は江戸時代を通じて洪水に悩まされる。猿尾堤 フレッシュアイペディアより)

  • 下津城

    下津城から見た尾張国尾張国

    下津城(おりづじょう)は尾張国中島郡下津(現在の愛知県稲沢市下津高戸町)にあった城。種類は平城。「下津城址」の碑がある。一部土塁も残る。下津城 フレッシュアイペディアより)

  • 真宗大谷派竹鼻別院

    真宗大谷派竹鼻別院から見た尾張国尾張国

    嘉禎元年(1235年)、親鸞が東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、住民に説法していることを聞いた尾張国葉栗郡門間庄の住人9名(後の河野九門徒)が帰依し、尾張国葉栗郡木瀬に草庵を建立したのが始まりとされる。真宗大谷派竹鼻別院 フレッシュアイペディアより)

  • 聖徳寺 (名古屋市)

    聖徳寺 (名古屋市)から見た尾張国尾張国

    鎌倉時代後期の寛喜年間(1229年?1332年)、閑善の開山により尾張国大浦(現在の岐阜県羽島市)に創建された寺で、その後尾張国冨田村(現在の愛知県一宮市)、清洲などを転々とし寛永年間(1624年?1644年)現在の名古屋市中区錦3丁目に移ったが、最近現在の名古屋市天白区に移転した。聖徳寺 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 松原広長

    松原広長から見た尾張国尾張国

    松原 広長(まつばら ひろなが)は室町時代の武将。尾張国春日井郡今村城主(第2代目)。通称、松原下総守広長。父に松原一学、弟に松原元次がいる。松原広長 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂光善

    小坂光善から見た尾張国尾張国

    小坂光善(おさか みつよし)は鎌倉時代の武将。尾張国春日井郡上条城主(第1代目)。通称、小坂孫九郎光善。今井兼平の孫。また佐渡国男坂の出身だったので男坂光善とも言われている。小坂光善 フレッシュアイペディアより)

  • 織田忠寛

    織田忠寛から見た尾張国尾張国

    織田 忠寛(おだ ただひろ、生年未詳 - 天正4年12月15日(1577年1月3日))は、戦国時代の武将。織田信長の一族である。官職の掃部助から、織田掃部(おだ かもん)と称された(丹波守も兼ねたという)。法号は一安。子の名は不詳(ただし、忠遼・信昌の名が記されている)。尾張日置城主。妻は加藤治部左衛門尉の娘。織田忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 御囲堤

    御囲堤から見た尾張国尾張国

    御囲堤(おかこいつつみ)とは、徳川家康の命により尾張国(現愛知県)に築かれた木曽川左岸の堤防である。御囲堤 フレッシュアイペディアより)

  • 林重郷

    林重郷から見た尾張国尾張国

    林 重郷(はやし しげさと、生年不明 - 嘉永2年(1849年))は尾張国春日井郡上条村の庄屋である。通称、林金兵衛重郷。林重郷 フレッシュアイペディアより)

  • 飯尾尚清

    飯尾尚清から見た尾張国尾張国

    飯尾 尚清(いのお ひさきよ/いいお ひさきよ、享禄元年(1528年) - 天正19年2月22日(1591年4月15日))は、戦国時代から安土桃山時代の武将。尾張国出身。飯尾定宗の嫡男。織田氏の家臣。通称は茂助。官位は隠岐守、出羽守。尾張奥田城、北島城主。妻は織田信秀の十女。子に飯尾敏成、飯尾宗敏(永沼左之助)、横井弥兵衛。娘は長谷川秀一室。養女に飯尾重宗の娘(星合具泰室)。赤母衣衆の一人。飯尾尚清 フレッシュアイペディアより)

1464件中 21 - 30件表示