2050件中 31 - 40件表示
  • 愛知県

    愛知県から見た尾張国尾張国

    日本列島の中央部に位置する。中部地方の県では最も人口が多く、日本全国でも第4位の人口、人口密度は全国第5位を誇る。県庁所在地の名古屋市は中部地方で最大の人口を擁する都市である。大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域で構成されている。面積比はほぼ 1:1:1、人口比はほぼ 7:2:1。愛知県 フレッシュアイペディアより)

  • 紀田上

    紀田上から見た尾張国尾張国

    紀 田上(き の たうえ/たがみ、宝亀元年(770年) - 天長2年4月13日(825年5月4日)は、平安時代前期の貴族。大納言・紀船守の三男。官位は従四位下・尾張守。紀田上 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原興方

    藤原興方から見た尾張国尾張国

    藤原 興方(ふじわら の おきかた、生年不明 - 天徳4年(960年)3月)は平安時代中期の貴族。藤原南家真作流、武蔵守・藤原経邦の子。官位は従五位上・尾張守。藤原興方 フレッシュアイペディアより)

  • 石作神社 (岐南町)

    石作神社 (岐南町)から見た尾張国尾張国

    延喜式神名帳に記載されている石作神社は6社存在し、そのうち尾張国に4社が存在していたという。羽島郡岐南町の石作神社は尾張国葉栗郡の石作神社に該当する。石作神社 (岐南町) フレッシュアイペディアより)

  • 真宗大谷派竹鼻別院

    真宗大谷派竹鼻別院から見た尾張国尾張国

    嘉禎元年(1235年)、親鸞が東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、住民に説法していることを聞いた尾張国葉栗郡門間庄の住人9名(後の河野九門徒)が帰依し、尾張国葉栗郡木瀬に草庵を建立したのが始まりとされる。真宗大谷派竹鼻別院 フレッシュアイペディアより)

  • 阿遅加神社

    阿遅加神社から見た尾張国尾張国

    阿遅加神社(あぢかじんじゃ)は、岐阜県羽島市にある神社。式内社(尾張国葉栗郡)である。阿遅加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 大野城 (尾張国葉栗郡)

    大野城 (尾張国葉栗郡)から見た尾張国尾張国

    大野城(おおのじょう)は、かつての尾張国葉栗郡(現在の愛知県一宮市浅井町)にあった日本の城である。大野城 (尾張国葉栗郡) フレッシュアイペディアより)

  • 安井重継

    安井重継から見た尾張国尾張国

    安井 重継(やすい しげつぐ、生没不詳)は、戦国時代の武将。父は尾張宮後城主・安井弥兵衛尉重幸(諸説あり)。母は不詳。正室は浅野長詮の娘。姉は安井御前(斎藤家家臣・蜂須賀正利側室)、弟は安井重知(一説には浅野氏重の実父)。息子は浅野長政(常陸真壁藩初代藩主)。通称は五兵衛。安井重継 フレッシュアイペディアより)

  • 坂手神社

    坂手神社から見た尾張国尾張国

    式内社の尾張国中島郡「坂手神社」という(別説として、稲沢市の日吉社がある)。坂手神社のある地は尾張国葉栗郡であるが、中世以前は中島郡と推測されている。地名の佐千原(さちはら)は、坂手から佐手原、佐千原と変化した地名という。坂手神社 フレッシュアイペディアより)

  • 松原広長

    松原広長から見た尾張国尾張国

    松原 広長(まつばら ひろなが)は室町時代の武将。尾張国春日井郡今村城主(第2代目)。通称、松原下総守広長。父に松原一学、弟に松原元次がいる。松原広長 フレッシュアイペディアより)

2050件中 31 - 40件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード