1464件中 31 - 40件表示
  • 牧野信成 (今橋城主)

    牧野信成 (今橋城主)から見た尾張国尾張国

    落城により今橋牧野家は滅亡したが、信成の室は懐胎7ヶ月で尾張国知多郡大野(常滑市大野町)へ逃れてその地で嫡男(田蔵・実名不明)を産んだ。その系統はのちに徳川家康に属して徳川家旗本となり幕末まで存続した。牧野信成 (今橋城主) フレッシュアイペディアより)

  • 高田城 (尾張国)

    高田城 (尾張国)から見た尾張国尾張国

    地名の河田は、“こうだ”と読むが、元々は尾張国河田村であるが、安土桃山時代の1585年(天正13年)におきた木曽川の洪水により村が川で分断。豊臣秀吉により、新たな川を尾張国と美濃国の境としたため、二つの村になった。分断後も尾張国、美濃国のどちらも河田村を名乗った。高田城は尾張国側になる。高田城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 平通盛

    平通盛から見た尾張国尾張国

    頼朝、義仲の叔父で以仁王の挙兵に関与した源行家も美濃国、尾張国で勢力圏を築きつつあった。養和元年(1181年)3月、重衡を大将とする行家討伐の軍が派遣され、通盛も従軍。尾張国墨俣川の戦いで行家を撃破する。平通盛 フレッシュアイペディアより)

  • 雲興寺

    雲興寺から見た尾張国尾張国

    至徳元年(1384年)、天鷹祖祐によって開創される。応永年間には、足利義持や地元赤津村の豪族山口氏らの寄進により、七堂伽藍が落成する。尾張を代表する曹洞宗寺院の一つ。雲興寺 フレッシュアイペディアより)

  • 山内康豊

    山内康豊から見た尾張国尾張国

    天文18年(1549年)、尾張岩倉城主織田信安家臣山内盛豊の四男として尾張国黒田城に生まれる。その後の行動は不明だが、一説では、織田氏に仕えることを潔しなかったため、一豊のもとに身を寄せるまでの間は、浪々の生活を過ごしたと言われている。山内康豊 フレッシュアイペディアより)

  • 船田合戦

    船田合戦から見た尾張国尾張国

    船田合戦(ふなだがっせん)は、戦国時代前期に発生した、美濃守護土岐成頼の後継者を巡る斎藤妙純と石丸利光の合戦。近隣の近江・越前・尾張も巻き込んでの争乱となった。船田合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 織田良信

    織田良信から見た尾張国尾張国

    織田 良信(おだ すけのぶ/ながのぶ、生没年不詳)は、戦国時代の武将。官途は弾正左衛門、弾正忠。備後守。尾張の守護代である織田氏の一族で清洲三奉行の一家「織田弾正忠家」(勝幡織田氏)の祖とされる。織田良信 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原吉次

    小笠原吉次から見た尾張国尾張国

    小笠原 吉次(おがさわら よしつぐ、天文17年(1548年) - 元和2年8月15日(1616年9月25日))は、江戸時代初期の大名。尾張国犬山藩主、下総国佐倉藩主、常陸国笠間藩主。小笠原吉次 フレッシュアイペディアより)

  • 山口重政

    山口重政から見た尾張国尾張国

    山口 重政(やまぐち しげまさ、1564年4月6日(永禄7年2月25日)- 1635年10月29日(寛永12年9月19日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。尾張出身。常陸牛久藩の初代藩主。家紋は大内菱。星崎城主。従五位下・但馬守。山口重政 フレッシュアイペディアより)

  • トベ

    トベから見た尾張国尾張国

    ヤマト王権の初期には木国造、すなわち紀伊の首長であるアラカワトベ(荒河戸辨)は子女を崇神天皇の妃におくり、豊城入彦命(上毛野氏および下毛野氏の祖)や豊鍬入姫命が生まれている。同時代に丹波国氷上郡の女性首長にヒカトベ(氷香戸邊)、垂仁天皇の妃に苅幡戸邊およびに山代国のカニハタトベ(綺戸邊)が見える。ヤマトタケルの東征に仕えた尾張国のイナダネ(建稲種命)は母にマシキトベ(眞敷刀俾、下知我麻神社の祭神)、子にシリツナマワカトベ(尾綱真若刀俾)、別名シリツキトメ(志理都紀斗売)を伝えている。トベ フレッシュアイペディアより)

1464件中 31 - 40件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード