2050件中 41 - 50件表示
  • 牧野信成 (今橋城主)

    牧野信成 (今橋城主)から見た尾張国尾張国

    落城により今橋牧野家は滅亡したが、信成の室は懐胎7ヶ月で尾張国知多郡大野(常滑市大野町)へ逃れてその地で嫡男(田蔵・実名不明)を産んだ。その系統はのちに徳川家康に属して徳川家旗本となり幕末まで存続した。牧野信成 (今橋城主) フレッシュアイペディアより)

  • 勝幡城

    勝幡城から見た尾張国尾張国

    勝幡城(しょばたじょう)は、尾張国の海東郡と中島郡(現在の愛知県愛西市勝幡町と稲沢市平和町六輪字城之内)に跨る勝幡にあった日本の城。稲沢市指定史跡。「勝幡城址」と「織田弾正忠平朝臣信定古城蹟」の石碑と「文化財史跡勝幡城址」の木碑がある。日光川の嫁振橋には「勝幡城復元図」がある。勝幡城 フレッシュアイペディアより)

  • 新城藩

    新城藩から見た尾張国尾張国

    新城藩(しんしろはん)は、三河国に江戸時代前期に存在した藩。藩主は水野氏。居城は新城城(現在の愛知県新城市字東入船)。徳川家家臣の水野分長が尾張国知多より1万石にて入封。その子元綱の時に上野国安中に移封となった。かわって徳川家家臣・菅沼氏が入府した。菅沼氏は旗本(交代寄合)であったため、以後江戸時代末期までの新城村は、菅沼氏の陣屋町となった。新城藩 フレッシュアイペディアより)

  • 虫鹿神社

    虫鹿神社から見た尾張国尾張国

    虫鹿神社(むしかじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。式内社(尾張国丹羽郡)である。虫鹿神社 フレッシュアイペディアより)

  • 織田忠寛

    織田忠寛から見た尾張国尾張国

    織田 忠寛(おだ ただひろ、生年不詳 - 天正4年12月15日(1577年1月3日))は、戦国時代の武将。織田信長の一族である。津田一安、または受領名の掃部助から、織田掃部(おだ かもん)と称された(丹波守とも)。法号は一安。子の名は不詳だが、文献には忠遼・信昌の名が記されている。尾張日置城主。織田忠寛 フレッシュアイペディアより)

  • 林重郷

    林重郷から見た尾張国尾張国

    林 重郷(はやし しげさと、生年不明 - 嘉永2年(1849年))は尾張国春日井郡上条村の庄屋である。通称、林金兵衛重郷。林重郷 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田城 (尾張国)

    黒田城 (尾張国)から見た尾張国尾張国

    黒田城(くろだじょう)は、尾張国葉栗郡黒田(現在の愛知県一宮市木曽川町黒田字古城)に戦国時代から安土桃山時代にかけてあった日本の城。平城。一宮市指定史跡。初代土佐藩主となった山内一豊の生まれた城とされる。黒田城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 陽侯令きゅう

    陽侯令きゅうから見た尾張国尾張国

    宝亀9年(778年) 外従五位下に復され、宝亀11年(780年)尾張介、天応元年(781年)尾張守、天応2年(782年)豊後介と光仁朝末から桓武朝初頭にかけて地方官を歴任した。陽侯令きゅう フレッシュアイペディアより)

  • 川田城

    川田城から見た尾張国尾張国

    康正年間(1450年代)に、尾張国葉栗郡河田村(当時の地名は尾張国河野郷河田村。現愛知県一宮市及び岐阜県各務原市)を支配していた土豪である、川島入道川田雅楽助が築城。城といっても広大な屋敷だったと思われる。川田城 フレッシュアイペディアより)

  • 海西郡

    海西郡から見た尾張国尾張国

    海西郡(かいさいぐん)は尾張国にかつて存在した郡である。本項では美濃国海西郡を分割する前の歴史について述べる。海西郡 フレッシュアイペディアより)

2050件中 41 - 50件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード