1464件中 41 - 50件表示
  • 佐々氏

    佐々氏から見た尾張国尾張国

    一方では、藤原氏説もある。かつて尾張国高田寺にあった大永5年(1525年)銘の梵鐘に、檀那として「比良佐々下野守藤原貞利」と刻銘されており、当時は藤原氏を名乗っていたことが知られる。貞利は成政らの父に当たる可能性がある。また佐々氏の子孫には藤原氏を名乗る家もある。佐々氏 フレッシュアイペディアより)

  • 安城合戦

    安城合戦から見た尾張国尾張国

    天文9年(1540年)2月、松平広忠は先手を打って尾張国鳴海城攻めるが敗北し、以後広忠は安祥城の守りを固めるため城代として松平長家(清康の大叔父)を置き、その他一門衆5名と1000弱の兵を配備する。安城合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 紀田上

    紀田上から見た尾張国尾張国

    紀 田上(き の たうえ/たがみ、宝亀元年(770年) - 天長2年4月13日(825年5月4日)は、平安時代前期の貴族。大納言・紀船守の三男。官位は従四位下・尾張守。紀田上 フレッシュアイペディアより)

  • 三河萬歳

    三河萬歳から見た尾張国尾張国

    1594年(文禄3年)に豊臣秀吉が、京や大坂の声聞師(唱門師・千秋万歳などの芸能を生業としていた人々)120人余りを荒地開墾のため尾張に移住させた。しかし1598年(慶長3年)の豊臣秀吉の死後も、多くの声聞師が京や大坂に帰らず尾張に留まり、その中から三河に万歳を伝えるものがあったという。これは尾張万歳も起源を同一と見る説であるが、それぞれ三河万歳である別所万歳、森下万歳を伝承する地では、これとは異なった起源が伝えられている。三河萬歳 フレッシュアイペディアより)

  • 一柳直盛

    一柳直盛から見た尾張国尾張国

    一柳 直盛(ひとつやなぎ なおもり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。尾張黒田藩主、伊勢神戸藩主、伊予西条藩初代藩主。一柳直盛 フレッシュアイペディアより)

  • 新城藩

    新城藩から見た尾張国尾張国

    新城藩(しんしろはん)は、三河国に江戸時代前期に存在した藩。藩主は水野氏。居城は新城城(現在の愛知県新城市字東入船)。徳川家家臣の水野分長が尾張国知多より1万石にて入封。その子元綱の時に上野国安中に移封となった。かわって徳川家家臣・菅沼氏が入府した。菅沼氏は旗本(交代寄合)であったため、以後江戸時代末期までの新城村は、菅沼氏の陣屋町となった。新城藩 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信家

    織田信家から見た尾張国尾張国

    織田 信家(おだ のぶいえ、生年不詳 - 天正10年(1582年))は、戦国時代・安土桃山時代の武将。尾張上四郡の守護代「織田伊勢守家」(岩倉織田氏)当主織田信安の次男。母は織田信秀の妹・秋悦院か?。兄は織田信賢。別名は津田信家。織田信家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉美侯部

    吉美侯部から見た尾張国尾張国

    六国史(類聚国史の補分を含む)には吉弥侯部や吉弥侯を氏とする人物の記述が時折見られる。続日本紀では公民や官人としての君子氏や君子部氏、吉弥侯部氏、吉弥侯氏が記載されているが、類聚国史の「俘囚」の項には多くの吉弥侯部氏や吉弥侯氏が俘囚として記録されており、続日本後紀以降では俘囚以外にも賊首や賊主としての吉弥侯部氏、吉弥侯氏の記録がある。これら六国史の実際の記載としては「陸奥国俘囚」、「陸奥国賊首」、「出羽国俘囚」、「常陸国俘囚」、「甲斐国俘囚」、「甲斐国賊主」、「越中国俘囚」、「摂津国俘囚」、「播磨国俘囚」、「伊予国俘囚」、「安芸国俘囚長」、「因幡国俘囚」、「出雲国俘囚」、「豊前国俘囚」、「豊後国俘囚」とされているが、その殆どは何らかの功を挙げ位階を賜った記事となっている。これらの人物の中には、尾張国や駿河国、阿波国へ移配された者もあった。吉美侯部 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利氏 (源氏)

    毛利氏 (源氏)から見た尾張国尾張国

    足利氏(足利将軍家)一門の名流、斯波氏の庶子。織田氏家臣の毛利秀頼(尾張守護斯波義統の次男)の系統である。詳細は当人の項目を参照のこと。毛利氏 (源氏) フレッシュアイペディアより)

  • 藤原宗善

    藤原宗善から見た尾張国尾張国

    藤原 宗善(ふじわら の むねよし、延暦14年(795年) - 天安2年4月16日(858年6月1日))は、平安時代前期の貴族。藤原北家、大納言・藤原真楯の曾孫。山城守・藤原永貞の四男。官位は従五位上・尾張守。藤原宗善 フレッシュアイペディアより)

1464件中 41 - 50件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード