2050件中 51 - 60件表示
  • 森川町 (愛西市)

    森川町 (愛西市)から見た尾張国尾張国

    尾張国海西郡梶島新田村に由来する。木曽川と旧佐屋川の合流点に形成された砂州が梶の形をしていたからとも、船頭の舵取りの目標として使われていたことからともいう。森川町 (愛西市) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤磯足

    加藤磯足から見た尾張国尾張国

    加藤 磯足(かとう いそたり、延享5年1月23日(1748年2月21日) - 文化6年10月12日(1809年11月19日))は江戸時代中期の国学者。尾張国美濃路起宿本陣十一代目。幼名は梅之助、後に要次郎。通称は右衛門七、隠居後に寿作。別号に石桟、河之辺乃翁。俳号は磊石。本姓は藤原氏。加藤磯足 フレッシュアイペディアより)

  • 高田城 (尾張国)

    高田城 (尾張国)から見た尾張国尾張国

    地名の河田は、“こうだ”と読むが、元々は尾張国河田村であるが、安土桃山時代の1585年(天正13年)におきた木曽川の洪水により村が川で分断。豊臣秀吉により、新たな川を尾張国と美濃国の境としたため、二つの村になった。分断後も尾張国、美濃国のどちらも河田村を名乗った。高田城は尾張国側になる。高田城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 中島郡

    中島郡から見た尾張国尾張国

    中島郡(なかしまのこおり)は尾張国にあった郡。本項では美濃国中島郡を分割する前の歴史について述べる。中島郡 フレッシュアイペディアより)

  • 上ノ島神明神社

    上ノ島神明神社から見た尾張国尾張国

    各務原市川島地区の産土神であり、式内社の尾張国葉栗郡川嶋神社の論社の一つである(その他の川嶋神社の論社は川島神社を参照)。上ノ島神明神社 フレッシュアイペディアより)

  • 安井御前

    安井御前から見た尾張国尾張国

    安井御前(やすいごぜん、生没不詳)は、尾張蜂須賀城主・蜂須賀正利の側室。父は尾張宮後城主・安井弥兵衛尉重幸(諸説あり)。母は不詳。。弟には安井重継と安井重知(一説には浅野氏重の実父)がおり、常陸真壁藩初代藩主・浅野長政は甥にあたる。名は不詳。安井御前 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部又右衛門

    岡部又右衛門から見た尾張国尾張国

    尾張の大工で、熱田神宮の宮大工の棟梁。「岡部家由緒書」に拠れば、岡部家は室町幕府将軍家の修理亮を勤めた家柄とされる。岡部又右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 蜂須賀正利

    蜂須賀正利から見た尾張国尾張国

    蜂須賀 正利(はちすか まさとし)は、戦国時代の武将。尾張国に力を持つ国人領主であった。蜂須賀正成の次男。正室は某氏、継室は大橋定広の娘。蜂須賀正利 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田宗光

    戸田宗光から見た尾張国尾張国

    戸田 宗光(とだ むねみつ)は、室町時代中期から戦国時代初期の武将。入道名は全久(ぜんきゅう)。応仁の乱では西軍として活動する一方で三河・尾張に勢力を拡大、戸田氏中興の祖とされる。戸田宗光 フレッシュアイペディアより)

  • 石川豊麻呂

    石川豊麻呂から見た尾張国尾張国

    宝亀4年(773年)罪を赦され、本位(従五位下)に復し、左京亮に任ぜられる。宝亀5年(774年) 3月に尾張守として地方官に転じるが、翌月には美濃介に遷る。宝亀9年(778年)従五位上・造宮少輔に叙任されて京官に復し、天応元年(781年)には造宮大輔に昇格している。石川豊麻呂 フレッシュアイペディアより)

2050件中 51 - 60件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード