1464件中 51 - 60件表示
  • 長田忠致

    長田忠致から見た尾張国尾張国

    出自は桓武平氏の末流で、『尊卑分脈』による記述では道長四天王の1人とされた平致頼の5世孫(門真致俊の子)にあたる。尾張国野間(愛知県知多郡美浜町)を本拠地とし、平治年間には源氏に従っていたという。平治元年(1159年)、平治の乱に敗れた源義朝は、東国への逃避行の途中、随行していた鎌田政清の舅である忠致のもとに身を寄せる。しかし、忠致・景致父子は平家からの恩賞を目当てに義朝を浴場で騙し討ちにし(野間の変)、その首を六波羅の平清盛の元に差し出した。この際、政清も同時に殺害されたため、嘆き悲しんだ忠致の娘(政清の妻)は川に身を投げて自殺したとされる。また、兄の親致は相談を持ちかけられた際、その不義を説いていたが、前述のような事件が起きてしまい、乳母の生まれ故郷である大浜郷棚尾に移り住んだという。長田忠致 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽氏重

    丹羽氏重から見た尾張国尾張国

    丹羽 氏重(にわ うじしげ、永禄12年(1569年) - 天正12年4月9日(1584年5月18日))は、戦国時代の武将。徳川氏の家臣。丹羽氏勝の子、丹羽氏次の弟。通称、次郎助、次郎三郎。尾張国傍示本城主。丹羽氏重 フレッシュアイペディアより)

  • 勝幡城

    勝幡城から見た尾張国尾張国

    勝幡城(しょばたじょう)は、尾張国の海東郡と中島郡(現在の愛知県愛西市勝幡町と稲沢市平和町六輪字城之内)に跨る勝幡にあった城。市指定史跡。「勝幡城址」と「織田弾正忠信定古城跡」の石碑と「文化財史跡勝幡城址」の木碑がある。日光川の嫁振橋には「勝幡城復元図」がある。勝幡城 フレッシュアイペディアより)

  • 春日井郡

    春日井郡から見た尾張国尾張国

    尾張国に属していた。春日井郡 フレッシュアイペディアより)

  • 三河牧野氏

    三河牧野氏から見た尾張国尾張国

    三河牧野氏は戦国時代までに主に東三河の宝飯郡を中心に渥美郡・八名郡の一部を含む地域に分布した土豪として栄え、中でも牛久保城と吉田城に居城した牧野氏は国人領主に成長した。その係累・庶流もおおむねこれに従属したが、戦国乱世の合戦の優勝劣敗の結果、西三河地方や尾張国をはじめ他国に流れて移住したものもあった。以下に東三河地方の分布の痕跡を挙げる。三河牧野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 堀尾吉晴

    堀尾吉晴から見た尾張国尾張国

    堀尾 吉晴(ほりお よしはる、1544 - 1611)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将・大名。豊臣政権三中老の一人。出雲松江藩の初代藩主。尾張国上四郡の守護代・織田信安に仕えた堀尾泰晴の嫡男。堀尾吉晴 フレッシュアイペディアより)

  • 松平信一

    松平信一から見た尾張国尾張国

    早くから徳川家康に仕え、永禄元年(1558年)の尾張国の北東部に在った品野城への夜襲戦に加わる。ここで織田方の将士らを50余名を討ち取り、三河・尾張両国にその名を轟かせた。永禄6年(1563年)の三河一向一揆鎮圧戦でも活躍。このときの働きを、家康から賞されている。永禄11年(1568年)からは織田信長の援軍の将として派遣され、9月12日の観音寺城の戦いに代表される対六角氏戦で、箕作城攻めにて本丸一番乗りを果たす戦功を挙げ、信長からも賞された。松平信一 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原忠教

    藤原忠教から見た尾張国尾張国

    応徳3年(1086年)従五位下に叙爵。美作守・尾張守を経て、寛治5年(1091年)左近衛権少将に任ぜられる。寛治7年(1093年)斎院長官、寛治8年(1094年)従四位下、嘉保3年(1096年)左近衛中将に叙任ののち、康和元年(1099年)蔵人頭に任ぜられ、翌康和2年(1100年)従三位・参議に叙任され公卿に列す。藤原忠教 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川吉通

    徳川吉通から見た尾張国尾張国

    徳川 吉通(とくがわ よしみち)は、尾張国尾張藩の第4代藩主。徳川吉通 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田宗光

    戸田宗光から見た尾張国尾張国

    戸田 宗光(とだ むねみつ、永享11年(1439年)? - 永正5年6月19日(1508年7月16日))は、室町時代中期の武将。入道名は全久(ぜんきゅう)。応仁の乱では西軍として活動する一方で三河・尾張に勢力を拡大、戸田氏中興の祖とされる。戸田宗光 フレッシュアイペディアより)

1464件中 51 - 60件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード