2050件中 61 - 70件表示
  • 木ノ下城

    木ノ下城から見た尾張国尾張国

    木ノ下城(きのしたじょう)は、尾張国丹羽郡(現愛知県犬山市)にあった日本の城である。木ノ下城 フレッシュアイペディアより)

  • 井上城 (尾張国)

    井上城 (尾張国)から見た尾張国尾張国

    応永年間(1394年-1428年)に有馬主殿正が築城した。下津城主で尾張守護代の織田郷広が尾張国の統一をするために従うよう命じたが、有馬主殿正はそれを拒否した。 嘉吉元年(1441年)に攻められ廃城になった。井上城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 松井宗信

    松井宗信から見た尾張国尾張国

    松井 宗信(まつい むねのぶ、永正12年(1515年) - 永禄3年5月19日(1560年6月12日))は、戦国時代の武将。遠江の国人。今川氏の家臣。遠江二俣城主。通称は五郎八郎、のち左衛門佐。松井貞宗の子。今川義元の近従を勤め、のちには三河・尾張方面の遠征軍指揮官として忠節を積むが、桶狭間の戦いにて戦死した。松井宗信 フレッシュアイペディアより)

  • 下津城

    下津城から見た尾張国尾張国

    下津城(おりづじょう)は尾張国中島郡下津(現在の愛知県稲沢市下津高戸町)にあった日本の城。種類は平城。「下津城址」の碑がある。一部土塁も残る。下津城 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽氏重

    丹羽氏重から見た尾張国尾張国

    丹羽 氏重(にわ うじしげ)は、戦国時代の武将。徳川氏の家臣。丹羽氏勝の子、丹羽氏次の弟。通称、次郎助、次郎三郎。尾張国傍示本城主(現愛知県愛知郡東郷町春木市場屋敷に城跡石碑)。丹羽氏重 フレッシュアイペディアより)

  • 猿尾堤

    猿尾堤から見た尾張国尾張国

    1609年(慶長14年)、木曽川の洪水を防ぐ目的と軍事上の目的をかねて、尾張国に御囲堤が築かれる。尾張国の御囲堤に対し、美濃国は3尺(約1m)低い堤防しか築いてはならないという不文律により、美濃国は江戸時代を通じて洪水に悩まされる。猿尾堤 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信家

    織田信家から見た尾張国尾張国

    織田 信家(おだ のぶいえ、生年不詳 - 天正10年2月2日(1582年2月24日))は、戦国時代・安土桃山時代の武将。尾張上四郡の守護代「織田伊勢守家」(岩倉織田氏)当主織田信安の次男。母は織田信秀の妹・秋悦院。兄は織田信賢。別名は津田信家。織田信長の従兄弟にあたる。織田信家 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯大麻呂

    佐伯大麻呂から見た尾張国尾張国

    佐伯 大麻呂(さえき の おおまろ、生年不詳 - 和銅4年7月9日(711年8月27日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。名は太麻呂とも記される。備後守・佐伯麻呂の子とする系図がある。官位は従四位下・尾張守。勲等は勲四等。佐伯大麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍房上

    安倍房上から見た尾張国尾張国

    清和朝に入り、散位を経て天安2年11月(859年1月)大判事に任ぜられる。翌天安3年(859年)土佐守・図書頭・治部少輔と短期間に官職を転々とする。貞観4年(862年)尾張守として地方官に転じる。貞観10年(868年)弾正少弼と京官に復帰するが、翌貞観11年(869年)従五位上・丹波権守に叙任され、再び地方官に転じた。安倍房上 フレッシュアイペディアより)

  • 笠弘興

    笠弘興から見た尾張国尾張国

    木工権助を経て、貞観元年(859年)従五位下に叙爵。貞観3年(861年)土佐守に任ぜられると、尾張権介・遠江守・丹波(権)守と、一時的に民部少輔を挟んで地方官を歴任する。笠弘興 フレッシュアイペディアより)

2050件中 61 - 70件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード