1464件中 71 - 80件表示
  • 福島氏

    福島氏から見た尾張国尾張国

    賤ヶ岳の七本槍のうちのひとり福島正則が有名。豊臣秀吉の子飼いとして活躍し、尾張国清洲24万石を領した。福島氏 フレッシュアイペディアより)

  • 天正地震

    天正地震から見た尾張国尾張国

    近畿から東海、北陸にかけての広い範囲、現在の福井県、石川県、愛知県、岐阜県、富山県、滋賀県、京都府、奈良県(越中、加賀、越前、飛騨、美濃、尾張、伊勢、近江、若狭、山城、大和)に相当する地域にまたがって甚大な被害を及ぼしたと伝えられる。また阿波でも地割れの被害が生じており、被害の範囲は1891年の濃尾地震(M8.0?8.4)をも上回る広大なものであった。そのことなどからこの地震は複数の断層がほぼ同時に動いたものと推定されている。天正地震 フレッシュアイペディアより)

  • 前田雄吉

    前田雄吉から見た尾張尾張国

    趣味は剣道、甲冑の制作・蒐集で、尾張国清洲藩主松平忠吉を中心に尾張の安土桃山時代から江戸時代にかけての歴史研究を行っている。前田雄吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大神神社 (一宮市)

    大神神社 (一宮市)から見た尾張国尾張国

    大神神社(おおみわじんじゃ)は、愛知県一宮市にある神社。旧称は三輪明神。式内社(名神大社)で、尾張国一宮を称する。旧社格は郷社。大神神社 (一宮市) フレッシュアイペディアより)

  • 木ノ下城

    木ノ下城から見た尾張国尾張国

    木ノ下城(きのしたじょう)は、尾張国丹羽郡(現愛知県犬山市)にあった城である。木ノ下城 フレッシュアイペディアより)

  • 阿遅加神社

    阿遅加神社から見た尾張国尾張国

    阿遅加神社(あぢかじんじゃ)は、岐阜県羽島市にある神社。式内社(尾張国葉栗郡)である。阿遅加神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石作神社 (岐南町)

    石作神社 (岐南町)から見た尾張国尾張国

    延喜式神名帳に記載されている石作神社は6社存在し、そのうち尾張国に4社が存在していたという。羽島郡岐南町の石作神社は尾張国葉栗郡の石作神社に該当する。石作神社 (岐南町) フレッシュアイペディアより)

  • 上ノ島神明神社

    上ノ島神明神社から見た尾張国尾張国

    各務原市川島地区の産土神であり、式内社の尾張国葉栗郡川嶋神社の論社の一つである(その他の川嶋神社の論社は川島神社を参照)。上ノ島神明神社 フレッシュアイペディアより)

  • 坂手神社

    坂手神社から見た尾張国尾張国

    式内社の尾張国中島郡「坂手神社」という(別説として、稲沢市の日吉社がある)。坂手神社のある地は尾張国葉栗郡であるが、中世以前は中島郡と推測されている。地名の佐千原(さちはら)は、坂手から佐手原、佐千原と変化した地名という。坂手神社 フレッシュアイペディアより)

  • 籠守勝手神社

    籠守勝手神社から見た尾張国尾張国

    式内社の尾張国葉栗郡「黒田神社」という。籠守勝手神社は黒田神社の古くからの通称であった。正式に籠守勝手神社と改称したのは明治時代初期である。籠守勝手神社 フレッシュアイペディアより)

1464件中 71 - 80件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード