2050件中 71 - 80件表示
  • 滋野貞主

    滋野貞主から見た尾張国尾張国

    滋野 貞主(しげの の さだぬし、延暦4年(785年) - 仁寿2年2月8日(852年3月2日))は、平安時代初期の公卿。姓は宿禰のち朝臣。尾張守・滋野家訳の子。官位は正四位下・参議。滋野貞主 フレッシュアイペディアより)

  • 慈光院 (蜂須賀家政正室)

    慈光院 (蜂須賀家政正室)から見た尾張国尾張国

    慈光院(じこういん、永禄6年(1563年) - 慶長11年3月13日(1606年4月20日))は、阿波徳島藩祖・蜂須賀家政の正室。父は尾張小折城主・生駒家長。母は神野民部少輔の娘・椿岩妙寿。兄弟には生駒善長、生駒善長などがいる。織田信長の側室・生駒吉乃は叔母にあたる。名はヒメ(姫)。慈光院 (蜂須賀家政正室) フレッシュアイペディアより)

  • 秋山氏

    秋山氏から見た尾張国尾張国

    武田晴信(信玄)期には、『甲斐国志』によれば新左衛門の子とされる秋山虎繁(信友、善右衛門尉、伯耆守)が信濃国大島城の城代となり、伊那郡代となる。虎茂は駿河侵攻にも携わり、信玄後期の元亀3年(1572年)には対峙していた尾張国の織田信長との最前線にあたる美濃国岩村城を任される。次代の武田勝頼期には天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた後、美濃における武田氏の影響力が弱まると岩村城は落城し、虎繁も処刑された。秋山氏 フレッシュアイペディアより)

  • 松永氏

    松永氏から見た尾張国尾張国

    同年、長慶も病死して三好氏が弱体化すると、永禄8年(1565年)には、13代将軍足利義輝を殺害する(永禄の変)。そして三好三人衆と対立しながらも畿内において台頭するが、永禄11年(1568年)には義輝の弟である足利義昭を新将軍として報じた尾張の織田信長が上洛すると、久秀は名器・九十九髪茄子を信長に献上して降伏し、信長の家臣となっている。松永氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮神社 (小牧市)

    宇都宮神社 (小牧市)から見た尾張尾張国

    宇都宮神社(うつのみやじんじゃ)は、愛知県小牧市にある神社。境内に尾張地方で最大級の前方後方墳(「宇都宮神社古墳」)があることで知られる。宇都宮神社 (小牧市) フレッシュアイペディアより)

  • 満誓

    満誓から見た尾張国尾張国

    慶雲3年(706年)美濃守に任ぜられると、和銅3年(710年)の再任を経て、養老4年(720年)まで14年間の長きに亘って美濃守を務める。任期中の和銅2年(709年)藤原房前によって東海道・東山道諸国に対する行政監察が行われた際、尾張守・佐伯大麻呂らとともに国司としての治績を賞されて、功田11町・穀200斛・衣1襲を与えられる。さらに、任期前の大宝2年(702年)から美濃・信濃両国間に山道の開削が始められていたが、和銅7年(714年)には吉蘇路(木曽路)を開通させた褒賞として朝廷から封戸70戸・功田6町を与えられた。またこの間の元明朝において、和銅元年(708年)以前従五位上、和銅4年(711年)正五位上、和銅6年(713年)従四位下と順調に昇進した。満誓 フレッシュアイペディアより)

  • 橘氏人

    橘氏人から見た尾張国尾張国

    天長10年(833年)3月に甥の仁明天皇の即位に伴い正五位下に、同年11月には従四位下と続けて昇叙される。仁明朝では大蔵大輔・左京大夫・刑部卿・神祇伯といった京官を歴任する一方、尾張守を兼ねた。またこの間、承和6年(839年)従四位上、承和11年(844年)には正四位下・蔵人頭に昇った。承和12年(845年)7月4日卒去。最終官位は神祇伯正四位下。橘氏人 フレッシュアイペディアより)

  • 八風街道

    八風街道から見た尾張尾張国

    1204年(元久元年)平家の残党が挙兵したため、八峯山(八風峠)を封鎖したので上洛する人が居なくなったという記録があるので、それに先立つ平安時代には既に八風峠越えは行われていたと思われる。道を通った商人の初見は1468年応仁2年に尾張の商人が上京の際に通っており、その一行は人足100人、護衛60人?70人、馬数知らずと大きな集団であった。八風街道 フレッシュアイペディアより)

  • 船田合戦

    船田合戦から見た尾張国尾張国

    船田合戦(ふなだがっせん)は、戦国時代前期に発生した、美濃守護土岐成頼の後継者を巡る斎藤妙純と石丸利光の合戦。近隣の近江・越前・尾張も巻き込んでの争乱となった。船田合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 紀鯖麻呂

    紀鯖麻呂から見た尾張国尾張国

    紀 鯖麻呂(き の さばまろ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。名は佐婆麻呂とも記される。中納言・紀麻路の子。官位は正五位上・尾張守。紀鯖麻呂 フレッシュアイペディアより)

2050件中 71 - 80件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード