166件中 91 - 100件表示
  • 尾張国

    尾張国から見た令制国

    尾張国(おわりのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た後北条氏

    松田憲秀:小田原北条氏家老。小田原征伐の際に、豊臣方に内応を試みた尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た真清田神社

    真墨田神社 (現 真清田神社、一宮市)尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た愛知郡 (愛知県)

    愛知郡…「あいちぐん」と読む。元は「愛智郡」と書いた。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た海部郡 (愛知県)

    海東郡…「かいとうぐん」と読む。もと海部郡(あまぐん)。明治期に海西郡と統合。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た節用集

    易林本の『節用集』によると尾張国は肥沃(地厚土肥)な大上国と記されており、その富裕な農業生産力や畿内への地理的な近さを背景にして朝廷を支えていた。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た羽島市

    北隣の美濃国とは現在の木曽川の一部と境川あたり、長良川の一部を国境とした。氾濫により川の流路がしばしば変わり、紛争が起きることもあった。鎌倉時代には六波羅探題の管轄下で西国の扱いを受けていた。室町時代におきた承久の乱によると尾張国の範囲は尾張九瀬で認識され、前渡、印食、墨俣などの渡しを境としていた。尾張国は愛知県よりは北と西に広かった。ただし、領国支配としては美濃国の土岐氏が管理していたことが多いために美濃国との記載が多い。戦国時代には多くが斉藤氏の支配下であったようだが、織田氏にとっては尾張川(現在の境川)と墨俣川(現在の長良川で羽島市小熊町より南)が尾張と認識されており天正14年までは尾張国として扱っている。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た犬山城

    池田恒興(犬山城):1万貫。1570年 - 1580年(摂津に移封)尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た古事類苑

    「天正の大洪水」によって葉栗郡と中島郡、海西郡が新しい木曽川によって分断され、新流路西岸は美濃国に編入された。古事類苑によると豊臣秀吉の意向であったことが記載されている。そのため、愛知県側と岐阜県側に同じ地名が今もいくつか残る(例:愛知県一宮市東加賀野井と岐阜県羽島市下中町加賀野井。愛知県一宮市浅井町河田と岐阜県各務原市川島町河田。字は異なるが、愛知県一宮市木曽川町三ツ法寺と岐阜県羽島市正木町光法寺。)尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た葉栗郡

    「天正の大洪水」によって葉栗郡と中島郡、海西郡が新しい木曽川によって分断され、新流路西岸は美濃国に編入された。古事類苑によると豊臣秀吉の意向であったことが記載されている。そのため、愛知県側と岐阜県側に同じ地名が今もいくつか残る(例:愛知県一宮市東加賀野井と岐阜県羽島市下中町加賀野井。愛知県一宮市浅井町河田と岐阜県各務原市川島町河田。字は異なるが、愛知県一宮市木曽川町三ツ法寺と岐阜県羽島市正木町光法寺。)尾張国 フレッシュアイペディアより)

166件中 91 - 100件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード