301件中 121 - 130件表示
  • 尾張国

    尾張国から見た姫路城

    なお名古屋城は慶勝の提案で破却および金鯱の献上が申請された。しかし1879年(明治12年)12月、山縣有朋が名古屋城と姫路城の城郭の保存を決定。1893年(明治26年)、本丸は陸軍省から宮内省に移管され名古屋離宮と称する。その後、名古屋離宮は1930年(昭和5年)に廃止されることになり、宮内省から名古屋市に下賜された。その一方、城内に1872年(明治5年)東京鎮台第三分営が置かれた。1873年(明治6年)には名古屋鎮台となり、1888年(明治21年)に第三師団に改組され、太平洋戦争敗戦に到るまで主に兵器庫として活用された。このため米軍の名古屋大空襲で焼夷弾の直撃を受け焼失した。天守は、地元商店街の尽力や全国からの寄付により1959年(昭和34年)に再建されて、復元された金鯱とともに名古屋市のシンボルとなり、現在に至っている。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た液状化現象

    徳川義直の入府後、東海道筋の重要拠点として再整備が行われる。1609年、大御所家康の意向により廃城となっていた那古野城址に新城として名古屋城の築城が決定となる。これにあたって全国の諸侯が動員された。(天下普請)天守台石垣については加藤清正が普請助役となった。築城にあたり清洲城下町がそっくり移転され、清洲城の資材は名古屋築城に再利用された(清洲越し)。こうして長らく尾張支配の象徴だった清洲城は破却となり、かわって名古屋城が中心となる。この決定については、清洲城址の発掘調査で1586年1月18日(天正13年)に発生した天正地震で深刻な液状化現象が発生し、当時の清洲城主・織田信雄が大規模な改修を行ったが根本的な解決に到らなかったためと考えられている。また名古屋移転に伴い、呼称も清洲藩から尾張藩と改められた。家格も徳川御三家の筆頭という格別な位置に置かれ、その城下町たる名古屋は日本で十指に入る一大都会となった。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た邪馬台国

    3世紀前後に邪馬台国と匹敵する一大勢力国であったとされる狗奴国のあった場所として、愛知県一宮市の萩原遺跡群をはじめとして伊勢湾岸一帯までを中心とした濃尾平野からS字甕が大量に発掘されていることからこの尾張地方が所在地として有力視されている。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た富山市

    現在では、名古屋から東海地方、近畿地方(大阪市など)、関東地方(東京都など)や北陸地方(富山市など)への道路や鉄道の路線が分岐している。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た知多半島

    尾張国の範囲から、名古屋市と知多半島を除く場合。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た藤原興方

    藤原興方(従五位下):天慶6年(942年)任官尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た多入鹿

    多入鹿(従五位下):大同2年(807年)任官尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た中部国際空港

    中部国際空港(セントレア)尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た大阪市

    現在では、名古屋から東海地方、近畿地方(大阪市など)、関東地方(東京都など)や北陸地方(富山市など)への道路や鉄道の路線が分岐している。尾張国 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張国

    尾張国から見た豊階安人

    豊階安人(従五位上):仁寿4年(854年)任官(権守)尾張国 フレッシュアイペディアより)

301件中 121 - 130件表示

「東尾張のできごと」のニューストピックワード