前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示
  • 白木屋 (デパート)

    白木屋 (デパート)から見た東急百貨店東急百貨店

    白木屋(しろきや)とは東京都中央区日本橋一丁目に存在した、かつて日本を代表した百貨店の一つである。法人自体は現在の株式会社東急百貨店として存続しており、1967年(昭和42年)に商号・店名ともに「東急百貨店日本橋店」へと改称した。その後、売れ行き不振のため1999年(平成11年)1月31日に閉店し、白木屋以来336年の永い歴史に幕を閉じた。跡地にはコレド日本橋が建設されている。白木屋 (デパート) フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷

    渋谷から見た東急百貨店東急百貨店

    新宿、池袋と並び、山手線のターミナル駅を中心とした繁華街が形成されている。若者の街として知られ、「西武百貨店」・「東急百貨店」・「パルコ」・「109」などのデパートや専門店・飲食店などが立ち並ぶ。渋谷駅前には忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいはスクランブル交差点となっている。渋谷 フレッシュアイペディアより)

  • まちきた大通ビル

    まちきた大通ビルから見た東急百貨店東急百貨店

    きたみ東急百貨店(きたみとうきゅうひゃっかてん)は、北見市にかつて存在した日本の百貨店。東急百貨店の子会社で同百貨店内に本社を置く、株式会社きたみ東急百貨店が経営していた。まちきた大通ビル フレッシュアイペディアより)

  • 東急百貨店本店

    東急百貨店本店から見た東急百貨店東急百貨店

    東急百貨店本店(とうきゅうひゃっかてんほんてん)は、東京都渋谷区道玄坂2丁目24-1にある株式会社東急百貨店が経営するデパート。東急百貨店本店 フレッシュアイペディアより)

  • 東京市電気局400形電車

    東京市電気局400形電車から見た東急百貨店東急百貨店

    東京急行電鉄(東急)軌道線の前身である玉電は、1937年に本線(後の玉川線)の玉電ビル(現・東急百貨店東横店西館)の2階への乗り入れにより、天現寺線(通称。渋谷 - 天現寺橋間)、及び中目黒線(通称。渋谷橋 - 中目黒間)が本線から分断されてしまった。そのため、分断された路線は東横百貨店(現・東急百貨店東横店東館)前に設置した東横百貨店前停車場からの発着となり、使用される車両は天現寺橋で接続し、隣接して広尾車庫を有する東京市電のものを借用することとなった。東京市電気局400形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアウトサイダー・アート

    日本のアウトサイダー・アートから見た東横百貨店東急百貨店

    1955年(昭和30年) - 東京渋谷の東横百貨店にて、落穂寮作品展日本のアウトサイダー・アート フレッシュアイペディアより)

  • 東急ストア

    東急ストアから見た東急百貨店東急百貨店

    10月10日 - 東横百貨店(現・東急百貨店)の全額出資により、東横興業株式会社として設立。東急ストア フレッシュアイペディアより)

  • 草加次郎事件

    草加次郎事件から見た東急百貨店東急百貨店

    1963年7月24日午後3時頃に渋谷東横デパート(現・東急百貨店東横店)に500万円を要求する脅迫電話がかかる。声の主は3、40代くらいの男性。指定の受け渡し場所に警察が張りこむも、結局、犯人は現れなかった。草加次郎事件 フレッシュアイペディアより)

  • 町田駅

    町田駅から見た東急百貨店東急百貨店

    横浜線原町田駅跡地周辺は駅の移転後に合わせて再開発され、1983年にバスターミナル・自転車駐車場・自動車駐車場・商業施設・JR町田駅ターミナル口改札からなる「町田ターミナルプラザ」が開業し、東京急行電鉄が所有する商業棟にはテナントとして東急ハンズが入居した。その後東急ハンズは東急百貨店町田店再編に際し2007年に百貨店とともに一旦閉店し、同年、百貨店を業態変更した専門店ビルである町田東急ツインズに移転した。東急ハンズ移転後のターミナルプラザ商業棟には、2008年5月23日にファーストリテイリングが経営する商業施設のミーナ町田が入居している。一方、ターミナル棟(2階以下は町田市所有、3階以上は東京急行電鉄所有の「駐車場棟」)の1階は町田ターミナル(バスターミナル)、2階は「ターミナルエイト」と称し、名の通り8つの店舗が入れる商用スペースとなっている。ターミナルエイトは一時期、マクドナルドと喫茶店以外営業していない状態だったが、近年のターミナルプラザ改装と町田ターミナル停留所への観光バス乗り入れに伴って、新たに数店舗が入居している。ターミナルエイトと商業棟の間は、「出会いのひろば」と称する子供用遊具が設置されていた広場でつながっている。出会いのひろばの奥には、1983年10月に設置された和田康男作「水のオブジェ」という作品があったが、ミーナ町田の開店に伴い子供用遊具と共に撤去されたが、後に子供用遊具は撤去したオブジェの位置に戻っている。出会いのひろばの北側には「ターミナルデッキ」と称するペデストリアンデッキがあり、JR町田駅ターミナル口から町田市立中央図書館(シティホテルのホテル ザ・エルシィと同居)までつないでいる。出会いのひろば前のペデストリアンデッキ上には、1983年10月に設置された黒川紀章作「シティゲート」という作品があり、このモニュメントが真南北を示している。町田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 西武百貨店

    西武百貨店から見た東急百貨店東急百貨店

    一連の渋谷西武の事業は、元々渋谷を地盤として東急百貨店2店舗で営業していた東急グループを刺激した。東急グループは渋谷にファッションコミュニティ109(1979年)やBunkamura(1988年)などを建設、一時期は「渋谷東西戦争」などと呼ばれた。西武百貨店 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示

「東急百貨店」のニューストピックワード