222件中 11 - 20件表示
  • 東京横浜電鉄

    東京横浜電鉄から見た東急百貨店東急百貨店

    1934年、渋谷に東横百貨店を開業した。東京横浜電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 白木屋 (デパート)

    白木屋 (デパート)から見た東急百貨店東急百貨店

    法人自体は現在の株式会社東急百貨店として存続しており、1967年(昭和42年)に商号・店名ともに「東急百貨店日本橋店」へと改称した。その後、売れ行き不振のため1999年(平成11年)1月31日に閉店し、白木屋以来336年の永い歴史に幕を閉じた。跡地にはコレド日本橋が建設されて2004年(平成16年)3月30日に開業した。白木屋 (デパート) フレッシュアイペディアより)

  • 屋上遊園地

    屋上遊園地から見た東急百貨店東急百貨店

    日本における店舗内遊戯施設の起こりは、1903年(明治36年)に日本橋白木屋呉服店(後の東急百貨店日本橋店、現在跡地はコレド日本橋)内でシーソーや木馬など遊戯室を設置したのが始まりである。1907年(明治40年)には、日本橋三越が空中庭園と銘打った屋上庭園を開園し、約60坪程度の敷地には噴水、池、植物(藤棚、盆栽)、廻転パノラマ、望遠鏡などを備えた。ただしこれはいわゆる山の手在住の人々の利用が一般的であった。同年には松屋神田店(神田鍛冶町)が屋上遊覧所を設ける。1912年(大正元年)になると、大丸京都店がローラースケート場や音楽堂を屋上へ設置。その後は、1923年(大正12年)に開店した松坂屋銀座店屋上にライオン、豹を始めとする動物園を開園した。屋上遊園地 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷ヒカリエ

    渋谷ヒカリエから見た東急百貨店東急百貨店

    渋谷ヒカリエ(しぶやヒカリエ)は、東京都渋谷区の渋谷駅東口に位置する東急文化会館跡地に建設された複合商業施設。東急百貨店や飲食店、事務所のほか、ミュージカル劇場「東急シアターオーブ」などが入居している。渋谷ヒカリエ フレッシュアイペディアより)

  • イケア

    イケアから見た東急百貨店東急百貨店

    日本においては、1972年(昭和47年)に愛知県名古屋市名駅にある名鉄百貨店と東京都渋谷区にある東急百貨店が国内初のイケア導入を行った。当時、若い人を中心に人気があったが、値段が高かった事などから業績が振るわず撤退した。1974年(昭和49年)に大阪の三井物産資材部、湯川家具、チトセ(現・アイリスチトセ)および東急百貨店が、イケアスウェーデンとの契約のもと、合弁会社「イケア日本株式会社」を設立。第1店舗を千葉県船橋市のローラースケート場跡(後日、現ららぽーと内アクタスの場所へ移転)に、第2店舗を兵庫県神戸市灘区新在家の国道43号沿いの「イケアタウン六甲」(現・サザンモール六甲そば)に出店。小売はもとより、卸売も行っていた。しかし、1986年(昭和61年)に日本から撤退しイケア日本株式会社のメンバーは、イケア日本の閉鎖と同時に新会社「アクタス」へと移った。イケア フレッシュアイペディアより)

  • 大丸

    大丸から見た東急百貨店東急百貨店

    かくして、大丸屋は、越後屋(現.三越)、白木屋(現.東急百貨店)と並ぶ江戸三大呉服店と称されるまでになったのだった。大丸 フレッシュアイペディアより)

  • 日本橋駅 (東京都)

    日本橋駅 (東京都)から見た東急百貨店東急百貨店

    東京メトロでは「高島屋前」という併称を持つ。なお、1932年の開業から1955年までは「白木屋・高島屋前」、そして白木屋から東急百貨店日本橋店に名称変更して1999年に閉店するまでの間は「東急百貨店・高島屋前」と案内されていた。日本橋駅 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 三越伊勢丹ホールディングス

    三越伊勢丹ホールディングスから見た東急百貨店東急百貨店

    百貨店業界第5位につけながらも低迷している東京急行電鉄(傘下の東急百貨店)と業務提携し、経営支援していたが、2015年3月末で提携を解消している。三越伊勢丹ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 東急バス目黒営業所

    東急バス目黒営業所から見た東急百貨店東急百貨店

    また、1994年(平成6年)6月末日まで、道玄坂上停留所付近から渋谷駅構内まで東急バス専用道があり、その終端となる東急百貨店東横店西館2階には、ターンテーブルを備えた渋谷東急バスターミナルがあった。この場所は東急玉川線(路面電車)の渋谷駅跡地で、玉川線廃止後、専用軌道をバス専用道路に作り替え、停車場跡地にターンテーブルが設置され、1970年(昭和45年)5月17日から使用されていたものである。現在の渋谷マークシティ内、京王井の頭線と東京メトロ銀座線の線路に挟まれた場所に当たり、品川線はそこを起点としていた。専用道と停留所が使用できたため駅付近の渋滞に影響されにくく、なおかつ駅に直結していて便利であった。その後、渋谷マークシティの建設に伴いターンテーブルは撤去され、路線バスの停留所はなくなったが、バス専用道入口は引き続き高速バスターミナル(マークシティ5階)の専用道として残っている。東急バス目黒営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 町田駅

    町田駅から見た東急百貨店東急百貨店

    横浜線原町田駅跡地周辺は駅の移転後に合わせて再開発され、1983年にバスターミナル、自転車駐車場、自動車駐車場、商業施設、JR町田駅ターミナル口改札からなる「町田ターミナルプラザ」が開業し、東京急行電鉄が所有する商業棟にはテナントとして東急ハンズが入居した。その後東急ハンズは東急百貨店町田店再編に際し2007年に百貨店とともに一旦閉店し、同年、百貨店を業態変更した専門店ビルである町田東急ツインズに移転した。東急ハンズ移転後のターミナルプラザ商業棟には、2008年5月23日にファーストリテイリングが経営する商業施設のミーナ町田が入居している。一方、ターミナル棟(2階以下は町田市所有、3階以上は東京急行電鉄所有の「駐車場棟」)の1階は町田ターミナル(バスターミナル)、2階は「ターミナルエイト」と称し、名の通り8つの店舗が入れる商用スペースとなっている。ターミナルエイトは一時期、マクドナルドと喫茶店以外営業していない状態だったが、2008年のターミナルプラザ改装と2009年の町田ターミナル停留所への観光バス乗り入れたに伴って、新たに数店舗が入居している。ターミナルエイトと商業棟の間は、「出会いのひろば」と称する子供用遊具が設置されていた広場でつながっている。出会いのひろばの奥には、1983年10月に設置された和田康男作「水のオブジェ」という作品があったが、ミーナ町田の開店に伴い子供用遊具と共に撤去されたが、後に子供用遊具は撤去したオブジェの位置に戻っている。出会いのひろばの北側には「ターミナルデッキ」と称するペデストリアンデッキがあり、JR町田駅ターミナル口から町田市立中央図書館(シティホテルのベストウェスタンレンブラントホテル東京町田と同居)まで繋いでいる。このターミナルデッキ上には、1983年10月に設置された黒川紀章作「シティゲート」という作品があり、このモニュメントが真南北を示している。町田駅 フレッシュアイペディアより)

222件中 11 - 20件表示

「東急百貨店」のニューストピックワード