222件中 41 - 50件表示
  • サナームキラーヘンチャート駅

    サナームキラーヘンチャート駅から見た東急百貨店東急百貨店

    駅前には大型ショッピングセンターのMBKセンター、TOKYUがあり、地元の若者や買い物客、外国人で賑わっている。隣のサイアム駅からも近く、両駅の間には飲食店やファッション関係の店の多いサイアム・スクエアと呼ばれるエリアがある。サナームキラーヘンチャート駅 フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬映山

    成瀬映山から見た東横百貨店東急百貨店

    終戦直後、東横百貨店に入社。宣伝部でチラシや商品につける札などを書いていた時、書道の講師に来ていた後の師匠青山杉雨に会う。。成瀬映山 フレッシュアイペディアより)

  • 青山杉雨

    青山杉雨から見た東横百貨店東急百貨店

    1934年(昭和9年)、22歳より25歳まで東横百貨店勤務後、世田谷区尾山台で書道塾を始める。青山杉雨 フレッシュアイペディアより)

  • 五藤光学研究所

    五藤光学研究所から見た東急百貨店東急百貨店

    直営はなし。かつては東急百貨店町田店屋上にあった町田スターホールの運営を直営で行っていたが、2008年3月に閉館した。五藤光学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 中村英夫 (洋画家)

    中村英夫 (洋画家)から見た東急百貨店東急百貨店

    日本美術家連盟会員。全国の小田急、東武、そごう、三越、東急、西武、松坂屋、などのデパート・百貨店で個展を開催している。中村英夫 (洋画家) フレッシュアイペディアより)

  • 東急保険コンサルティング

    東急保険コンサルティングから見た東急百貨店東急百貨店

    2002年4月1日:営業開始。当初は東急グループで保険代理店としていて営業していた8社が参画した。8社は東京急行電鉄、東急不動産、東急百貨店、東急ストア、伊豆急行、東急観光(現:トップツアー)、東急百貨店サービス、東弘商事(現:東急ステーションリテールサービス)である。東急保険コンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • 堀野哲仙

    堀野哲仙から見た東急百貨店東急百貨店

    色々な修業をしながらも書法の科学性ということを考え続けていた。突き詰めて考えると書の原点は点と棒線、縦と横と斜め、直線と曲線。基本はこれだけであった。そこで、中国に古来から伝わる結構法を見て研究をし続け、重複するものを全部省くと54つの元字(母字)にまで縮められた。この法則に従って基本を習得すれば、誰でも美しい文字が書けるものだと信念を持った。この成果を確かめようと当時の教え子に指導して三国興亜親善書道展覧会に出品したところ、32名全員が入選するという快挙を成し遂げた。日本・満州・中国の3国でそれぞれ入選数が100点ずつと決められていた中で、日本全国100分の32点を独占してしまった。このことで三国政府から表彰を受け、研究成果を公表しろと言われたため「1週間上達法」として白木屋デパート(現東急百貨店)と銀座伊東屋で2,000部販売した。1週間で売り切れとなったが、白木屋と伊東屋共に無断で複製し販売し始めたため、特許を取得した。書道の教材としては史上初めてのことであった。堀野哲仙 フレッシュアイペディアより)

  • 佳山真子

    佳山真子から見た東急百貨店東急百貨店

    2003年 東急百貨店「通販」カタログ佳山真子 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神急行電鉄

    阪神急行電鉄から見た東急百貨店東急百貨店

    これに関しては周囲から反対の声も強かったが、「素人だからこそ分かることもある」・「便利な場所なら暖簾なしで客が集まる」という小林の言もあり、大戦後の長期不況下にもかかわらず盛況を収めた。この鉄道事業者による百貨店経営は、後に東横百貨店や京阪デパートなど、他の私鉄でも採用されている。阪神急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 東コート

    東コートから見た東急百貨店東急百貨店

    1886年に、東京の白木屋(現東急百貨店)の洋服部が創案し、「東コート」の名で売り出した。後に他店が模倣し「吾妻コート」の名で販売した。明治26年頃から流行し、その後も大正時代まで何度か流行を繰り返した。当初は黒や紺のラシャ地で作成された高価なものだったが、その後、安価なものや絹地で作られた贅沢なものも登場した。東コート フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「東急百貨店」のニューストピックワード