198件中 51 - 60件表示
  • 東急保険コンサルティング

    東急保険コンサルティングから見た東急百貨店東急百貨店

    2002年4月1日 営業開始 - 当初は東急グループで保険代理店としていて営業していた8社が参画した。8社は東京急行電鉄、東急不動産、東急百貨店、東急ストア、伊豆急行、東急観光(現:トップツアー)、東急百貨店サービス、東弘商事(現:東急ステーションリテールサービス)である。東急保険コンサルティング フレッシュアイペディアより)

  • 日吉 (横浜市)

    日吉 (横浜市)から見た東急百貨店東急百貨店

    日吉駅東側には、慶應義塾大学の日吉キャンパス・矢上キャンパス・慶應義塾高等学校や、日本大学中学校・高等学校、東京綜合写真専門学校がある。また駅西側には、慶應義塾普通部や慶大および付属校の野球、サッカー、ラグビー、ホッケーのグラウンド、テニスコートがある。駅ビルは、日吉東急avenue(旧 日吉東急百貨店)となっている。駅西側の駅前地区は、駅を中心に放射状および円周状の道路で区画されている。商店街は慶大生より「ひようら」と呼ばれている。日吉 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤太清

    佐藤太清から見た東急百貨店東急百貨店

    1985年(昭和60年) - 勲三等瑞宝章を受章。日展理事長に就任。第17回日展に『旅鳥』出品。第20回日春展に『花と小雀』出品。「日本画壇巨匠自選展」(東急百貨店主催)に『旅の朝』(第12回日展出品)、『旅の夕暮れ』(第13回日展出品)出品。第7回日本秀作美術展に『最果ての旅』(第15回日展出品)選抜出品。最高裁判所(東京都・千代田区)に『富貴花』を納める。第34回五都展に『瑞鶴』出品。佐藤太清 フレッシュアイペディアより)

  • 五番館

    五番館から見た東急百貨店東急百貨店

    1972年(昭和47年)10月1日には地上8階地下3階に建替えて増床し、同じ札幌駅前に進出した東急百貨店やすすきのに進出した松坂屋などに対抗して独自に営業を続けた。五番館 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴本正三

    鶴本正三から見た東急百貨店東急百貨店

    1957年、電電公社(現NTT)の「職業別電話帳」の表紙の公募に応募し、グランプリを獲得。そのため、白木屋百貨店(のちに東急百貨店に吸収)から誘いがきて、入社する。嘱託社員として宣伝部に勤務し、グラフィック・デザインを行う。また、光文社からアルバイトの仕事がはいり、カッパ・ブックスの新聞広告、手塚治虫の『鉄腕アトム』の単行本表紙のデザイン、婦人雑誌「マイホーム」のアート・ディレクションなどを行う。この時代に、まだ大学在学中の篠山紀信と出会い、仕事を依頼している。鶴本正三 フレッシュアイペディアより)

  • 東京富士大学短期大学部

    東京富士大学短期大学部から見た東急百貨店東急百貨店

    これまでの実績では、きんでん・トステム・日本電気・ぎょうせい・東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・伊勢丹・東急百貨店・京王百貨店・東京トヨペット・大塚商会・資生堂・日本マクドナルド・横浜銀行・千葉銀行・みずほ銀行・京葉銀行・創価学会・大和證券・第一生命保険・日本生命保険・千葉信用金庫・ホテル京急など多数あり。東京富士大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • サンジェルマン (製パン)

    サンジェルマン (製パン)から見た東急百貨店東急百貨店

    株式会社サンジェルマン(Saint-Germain Co.,Ltd)は、東京都渋谷区に登記上の本社を置く製パン・ベーカリーショップを運営する会社である。2002年に日本たばこ産業(JT)の完全子会社となった。元は東急百貨店の子会社であったものをJTの経営多角化によって譲り受けたものである。そのため、現在でも東急百貨店や東急ストア内に多くの店舗を有する。サンジェルマン (製パン) フレッシュアイペディアより)

  • ブラビス・インターナショナル

    ブラビス・インターナショナルから見た東急百貨店東急百貨店

    東急本店・東急東横店(東急百貨店)ブラビス・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 安田松慶堂

    安田松慶堂から見た東急百貨店東急百貨店

    株式会社安田松慶堂(やすだしょうけいどう)は、東京都銀座に本社を置く老舗仏壇・仏具店。創業は寛政4年(1792年)。高島屋、東急百貨店、東武百貨店、小田急百貨店、そごう、松屋という百貨店内に仏壇売り場(デパぶつ)を持つ。安田松慶代表取締役は全日本宗教用具協同組合の前理事長。安田松慶堂 フレッシュアイペディアより)

  • 長野そごう

    長野そごうから見た東急百貨店東急百貨店

    1963年(昭和38年)、丸光商事は社名を株式会社丸光へと変更。1966年(昭和41年)10月には建物を8階建てに増築して開店セールを行ない「歩道からあふれんばかりの」客を集めた。一方の丸善は同年11月に長野駅前へ移転して問御所町から去り、直後に株式会社東横と業務提携して、事実上、東急グループの傘下に入った。長野そごう フレッシュアイペディアより)

198件中 51 - 60件表示

「東急百貨店」のニューストピックワード