343件中 11 - 20件表示
  • ユンホ

    ユンホから見た東方神起東方神起

    ユンホ(読み:ユンホ(ユノ)、、、1986年2月6日 - )は、韓国出身の男性歌手、作詞家、作曲家、編曲家、モデル、タレント、俳優。2004年2月にデビューした歌手グループ東方神起のメンバーで、リーダーを務める。日本ではエイベックス・エンタテインメントに所属し、2005年4月にデビュー。韓国や日本にとどまらず、中国・台湾・マレーシア・タイなどでも公演している。ユンホ フレッシュアイペディアより)

  • SMエンターテインメント

    SMエンターテインメントから見た東方神起東方神起

    2003年には子会社を通じて「スターライト・アカデミー・システム」(現・SMアカデミー)を開校し、歌手、俳優、マネージャーなどを育成する芸能スクール事業に乗り出す。この学校からは、その後SMが需要に応じて市場へ送り出した「東方神起」「スーパージュニア」「少女時代」や、他の芸能事務所からデビューした「バトル」(Battle)、「エースタイル」(A'ST1) といったアイドルグループのメンバーらを輩出した。SMエンターテインメント フレッシュアイペディアより)

  • SUPER JUNIOR

    スーパージュニアから見た東方神起東方神起

    練習生時代、ソンミンとウニョクはJYJのジュンスとグループ組み、デビュー寸前までいっていた。ヒチョルとカンインは、東方神起のユンホとJYJのジェジュンとグループを組んでいた。スーパージュニア フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た東方神起東方神起

    韓国の芸能会社は、韓国国内の音楽市場では投資金が回収できないため、海外での活動を推進しており、韓国の音楽興業会社SMエンターテインメントは、日本のエイベックス・エンタテインメントと提携し、韓国人歌手にJ-POPを歌わせて日本市場で売り出すビジネスモデルを推進し、2000年代前半にはBoA、後半には東方神起を成功させた。この成功を契機に、日本での成功を求めて韓国芸能人の来日が相次いだ。この様子を韓国メディアは韓流芸能人が「列島を掌握」、「列島を占領」、「日本列島を占領し焦土化させる」などと報じた。田嶋陽子やうつみ宮土理など、韓流俳優に夢中になっていることを公言するなどの女性タレントも登場し、鳩山首相夫人が、お気に入りの韓流俳優のイ・ソジンを私的に首相官邸へ招くことを繰り返し、国会で苦言を呈されるなど、社会的な影響も大きくなった。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • ユチョン

    ユチョンから見た東方神起東方神起

    パク・ユチョン(朴裕天、、1986年6月4日 - )は、韓国の男性歌手、作詞家、作曲家、編曲家、俳優。歌手グループJYJのメンバー。東方神起の元メンバー。東方神起時代は、ミッキー・ユチョン(、日本ではユチョン)という芸名を使用していた。ユチョン フレッシュアイペディアより)

  • K-POP

    K-POPから見た東方神起東方神起

    東南アジアには1990年ごろから韓国の歌謡曲が進出をはじめていたが、2000年代に入るとタイ王国やシンガポールでK-POPが広く知られるようになった。日本でも韓国のSMエンターテインメント社が日本のエイベックス社と業務提携をして、自社に所属する韓国人アイドルグループの東方神起などを売り出していった。2004年の韓国テレビドラマ『冬のソナタ』をきっかけとした韓流ドラマや、それらに伴う主題歌と主演俳優が後押しをしていき、2000年代後半ごろからは日本をビジネスチャンスとする韓国人アイドルグループが増えていった。アメリカやヨーロッパなどにもK-POPの輸出は推進され、PSYの「江南スタイル」が大きな成果を挙げた。「江南スタイル」は当時流行していたEDMと呼ばれる先進的な音楽性を取り入れつつ、乗馬ダンスとも称される独特のダンスをPVで全面に押し出し、「オバマ大統領とトムクルーズ以外の全てのアメリカ人が真似をした」とワシントンポストが報道するほどの社会的なブームとなった。アジア発の楽曲がアメリカのBillboard Hot 100で2位以内にランクインしたのは坂本九「上を向いて歩こう」以来、史上2度目であった。またKARAや東方神起などはアジアにおけるスターのアイコン的な存在として欧米などの西側諸国で営業活動を推進していた。K-POPの海外進出は韓国政府が推進している韓流の輸出政策の一環として継続的に行われており、一過性の減少ではない。韓国という国家自体のイメージアップに繋がることが期待されている。K-POP フレッシュアイペディアより)

  • STARS (MAKAIのアルバム)

    STARS (MAKAIのアルバム)から見た東方神起東方神起

    iTunes Store限定で、「MY ONE STAR feat. LISA」と「TOKYO LOVELIGHT feat. YUCHUN (from 東方神起)」が先行配信された。STARS (MAKAIのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義康

    佐竹義康から見た東方神起東方神起

    家系は佐竹氏の分家の流れにあたる。2000年にavexに入社し契約部に配属。その後、avex内の各部署やグループ会社に異動しプロモーターなどを経て、2005年から日本で活動を開始した東方神起のプロジェクトリーダー/A&Rディレクター及びマネージャーを担当。東方神起の5人は来日した2004年11月から2年半後の2007年5月10日から始まった2ndツアー「 東方神起 / TOHOSHINKI 2nd LIVE TOUR 2007 〜Five in the Black〜 」のファイナル追加公演で2007年6月19日・20日に日本武道館で単独コンサートを開催。また自身は、韓国のSMエンターテインメント所属のBoA、天上智喜、J-Min、SUPER JUNIORの日本での活動をavex内のS.M.エンタテインメント・マネジメント部でサポート。佐竹義康 フレッシュアイペディアより)

  • T (東方神起のアルバム)

    T (東方神起のアルバム)から見た東方神起東方神起

    『T』(ティー)は、東方神起の日本の3作目オリジナルアルバム。2008年1月23日にエイベックス・rhythm zoneより発売。T (東方神起のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木渉

    鈴木渉から見た東方神起東方神起

    2013年、清水翔太(Melodyツアー、学園祭ツアー、アレンジ、レコーディング、イベント)ナオト・インティライミ(Nice Catch The Moment!ツアー、アリーナツアー、レコーディング、イベント)堂本剛(平安神宮3dayライブ、レコーディング、TV)東方神起(a-nation公演) スガシカオ(イベント)若旦那(馬鹿な〜ツアー、イベント)May'n(LIVE!CAVE!DIVE!ツアー)May J.(レコーディング)阿部真央(レコーディング)高橋優(レコーディング)倖田來未(レコーディング)GOLD RUSH(レコーディング)ベースマガジン(執筆)鈴木渉 フレッシュアイペディアより)

343件中 11 - 20件表示

「東方神起」のニューストピックワード