260件中 11 - 20件表示
  • MBC歌謡大祭典

    MBC歌謡大祭典から見た東方神起東方神起

    1967年にMBC開局6周年記念番組『MBC10大歌手青白戦』として放送開始。当時は大晦日ではなく12月上旬にソウル市民会館で開催された。1972年には放送終了直後に火災が発生。ソウル市民会館は全焼した。その後会場を貞洞にあった文化体育館(MBC本社内)に舞台を移した。1974年から番組名を『MBC10大歌手歌謡祭』に改め、文化放送と京郷新聞の合併記念日である11月1日の前である10月最終土曜日に固定開催された。しかし1979年には開催直前に朴正煕暗殺事件の影響で12月31日に開催され、現在に至っている。2005年には下記の影響で歌謡大祭典となった。会場は原則として一山新都市のMBCドリームセンターをメイン会場になっている。2011年は光明ドーム競輪場がメイン会場を中心に、横浜(大さん橋ホール)、釜山、臨津閣、ニューヨークなど多元生中継で放送された。なお少女時代、東方神起、KARAは第62回NHK紅白歌合戦出演のため横浜から中継、もしくはVTR出演された。MBC歌謡大祭典 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木大輔 (ミュージシャン)

    鈴木大輔 (ミュージシャン)から見た東方神起東方神起

    2006年からは楽曲制作と並行して新たな制作環境開拓のため、さまざまなオーディションやアジア圏の音楽シーン視察のために足を運ぶなど幅広い視野での音楽活動をスタート。その中で中国で発掘したアーティストに楽曲を提供、また東方神起に提供した日本曲が韓国楽曲としてもリリースされるなど、活躍の場を国内からアジアへと広げている。近年は自身が得意とするデジタルサウンドの楽曲をはじめ、R&Bや、斬新な展開の楽曲を制作、倖田來未、東方神起、中川翔子、TRFをはじめとする多くのアーティストへの楽曲提供を行うなど精力的な作家活動を続けている。鈴木大輔 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • T (東方神起のアルバム)

    T (東方神起のアルバム)から見た東方神起東方神起

    『T』(ティー)は、東方神起の日本の3作目オリジナルアルバム。2008年1月23日にエイベックス・rhythm zoneより発売。T (東方神起のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • DJ HILOCO a.k.a. neroDoll

    DJ HILOCO a.k.a. neroDollから見た東方神起東方神起

    DJ HILOCO a.k.a. neroDoll(ヒロコ ネロドール)は、大阪府大阪市在住、滋賀県東近江市(旧八日市市)出身の日本の女性DJ、楽曲プロデューサー、プロモーター。"HILOCO"と"neroDoll"の二名義を使い分けアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで国内外様々なシーンで活動する。HILOCO名義ではKRAUSSの企画レジデント、FAMFATALのメインDJ、渚音楽祭への毎年出演、OtOasObi主催などDeep minimalを軸にプレイし、国内はもとより中国、韓国、台湾、マカオ、香港、シンガポール、マレーシア、モンゴルといった海外への遠征も盛んである。neroDoll名義ではavex主催のハウスパーティーHOUSE NATION(ハウスネイション)の看板DJを務め全国・海外ツアーのピークタイムを担当。国内外のブランド・企業パーティーやファッションショーでの音楽演出、鈴木亜美のバックDJ、倖田來未、東方神起、浦浜アリサ、a-nationへの楽曲提供、海外レーベルからのリリースなど幅広く活動する。LOUD誌における人気DJランキングでは2010年度11位、2011年度7位、2012年度8位と3年連続で歴代女性最高位をマーク。DJ HILOCO a.k.a. neroDoll フレッシュアイペディアより)

  • ユ・ヨンジン

    ユ・ヨンジンから見た東方神起東方神起

    ユ・ヨンジン(、劉英振、Yoo Young Jin、1971年4月10日 - )は韓国出身の作曲家、作詞家、音楽プロデューサー、歌手である。SMエンターテインメント独自の音楽スタイル「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) を生み出し、H.O.T.や神話、東方神起など同社所属歌手の楽曲を数多く手掛けたことで知られる。SMエンターテインメントと専属契約を結んでおり、同社の非登記役員も務めている。ユ・ヨンジン フレッシュアイペディアより)

  • S.E.S.

    S.E.S.から見た東方神起東方神起

    1998年10月、バップから「めぐりあう世界」をリリースし、日本デビューを果たす。2000年5月にはエイベックスに移籍。「週刊少年マガジン」など少年誌のグラビアを飾ったり、「THE夜もヒッパレ」や「恋ボーイ恋ガール」などにも出演していたが、当時はまだ韓流ブームが起きる前で、韓国芸能への関心が低かったため、セールス的には不本意な結果に終わった。それでも、メンバーのシューは、日本・神奈川県出身で、日本語も朝鮮語も普通に話せるため、V6とデュエット曲「One」を日韓両国で発表したり、井ノ原快彦主演の舞台『東亜悲恋』やデジタルフォトドラマ「NO KISS」にも出演している。所属事務所だったSMエンターテインメントは、彼女達の後もBoA、東方神起、少女時代などを次々と日本に進出させ、今日のK-POPブームの礎を築いた。また、ユジンはアメリカ・グアム出身、シューは日本出身の帰国子女だが、このように海外進出を視野に入れて帰国子女をメンバーに入れる手法は、SMだけでなく他事務所のアイドルグループでも踏襲されている。S.E.S. フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹義康

    佐竹義康から見た東方神起東方神起

    2000年にavexに入社し契約部に配属。その後、avex内の各部署やグループ会社に異動しプロモーターなどを経て、2005年から日本で活動を開始した東方神起のプロジェクトリーダー/A&Rディレクター及びマネージャーを担当。東方神起の5人は来日した2004年11月から2年半後の2007年5月10日から始まった2ndツアー「 東方神起 / TOHOSHINKI 2nd LIVE TOUR 2007 〜Five in the Black〜 」のファイナル追加公演で2007年6月19日・20日に日本武道館で単独コンサートを開催。また自身は、韓国のSMエンターテインメント所属のBoA、天上智喜、J-Min、SUPER JUNIORの日本での活動をavex内のS.M.エンタテインメント・マネジメント部でサポート。佐竹義康 フレッシュアイペディアより)

  • ユチョン

    ユチョンから見た東方神起東方神起

    パク・ユチョン(朴有天、、1986年6月4日 - )は、韓国や日本を中心に活動する韓国出身の男性歌手、作詞家、作曲家、編曲家、俳優である。2004年に歌手グループ東方神起のメンバーとして芸能界デビューし、2010年に脱退した以後は歌手グループJYJの一員として活動。日本や韓国だけにとどまらず、中国・台湾・マレーシア・タイ・米国などでも公演している。東方神起時代は、ミッキー・ユチョン(、日本ではユチョン)という芸名を使用していた。身長180cm、体重62kg。血液型はO型。左利き。ユチョン フレッシュアイペディアより)

  • ジェジュン

    ジェジュンから見た東方神起東方神起

    2004年に歌手グループ東方神起のメンバーとして芸能界デビューし、2010年に脱退した以後は歌手グループJYJの一員として活動。日本と韓国だけにとどまらず、中国・台湾・マレーシア・タイ・米国、カナダ、スペイン、ドイツ、ペルー、チリでも公演している。本名は同じ。東方神起時代は、ヨンウン・ジェジュン(、英雄在中、日本ではジェジュン)という芸名を使用していた。ジェジュン フレッシュアイペディアより)

  • 松尾潔

    松尾潔から見た東方神起東方神起

    東方神起:「Stay With Me Tonight」「Somebody To Love」「My Destiny」「明日は来るから」「Heart, Mind and Soul」「Begin」(プロデュース:松尾潔、作詞:小山内舞)松尾潔 フレッシュアイペディアより)

260件中 11 - 20件表示

「東方神起」のニューストピックワード