162件中 101 - 110件表示
  • 東方神起

    東方神起から見たニュージャージー

    NewYork Korea Festival (2011年10月9日、ニュージャージー・Overpeck Park )東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たファンサイト

    本国韓国には「カシオペア」(Cassiopeia)、日本には「Bigeast」(ビギスト)と2つ公式ファンクラブがある。このほか、韓国には「ファンカフェ」と呼ばれる会員制ファンサイトが複数存在し、このうちポータルサイトのダウムにあるファンカフェ「ユエルビ」(留愛婁緋)には2010年現在、約77万人の会員が参加している。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た神戸ワールド記念ホール

    Bigeast FANCLUB EVENT 2012「THE MISSION」 (2012年6月30日と7月1・7・8日 - さいたまスーパーアリーナ、神戸ワールド記念ホール、2会場8公演。約10万人動員。)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た中華人民共和国

    2003年、韓国大手芸能事務所のSMエンターテインメント(以下「SM」)が、それまで韓国アイドル界で一般的であった役割分担を廃し、メンバー全員がメイン・ボーカルを務められる「アカペラ・ダンス」という新たなスタイルのボーイバンドを企画。自社に所属する練習生の中から様々な組み合わせが検討された結果、それぞれソロや別グループでメインボーカルとしてデビューの準備を進めていたジュンス、ユンホ、チャンミン、ジェジュン、ユチョンの5人が選抜され、事務所では『ドリームチーム』(金英敏)と呼ばれるグループが誕生した。当時、SM内では中国本格進出の切り札として位置付けられていたことから、中国風の漢字4文字のグループ名と芸名が与えられ、同年12月26日にSBSの特別番組で初披露されたのち、翌2004年1月14日にシングル「HUG」でCDデビューを果たした。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た万博記念公園

    SOUL POWER TOKYO & なにわ SUMMIT 2007 (2007年7月30・31日、8月11日、日本武道館・万博記念公園東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たSBS人気歌謡

    デビューには総額80億ウォンに上る多額の投資がなされたが、このころの韓国歌謡界は1990年代後半から続いていた第1次アイドルブームが下火となり、ピなどソロ歌手が全盛を極めていたため、デビュー当初は活躍できる余地はないと見る向きが多かった。しかし、デビュー曲は『SBS人気歌謡』の「ミュティズンソング」に3週連続で選ばれ、同年末の主要音楽賞でも本賞や歌手賞を受賞するなど、予想を覆す活躍で瞬く間に同国のトップグループへと伸し上がった。彼らの成功が与えた影響は大きく、SS501など他のアイドルグループの結成を促す効果をもたらして、のちの韓国アイドル界再興の端緒をも開くこととなった。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た第60回NHK紅白歌合戦

    初めてオリコンチャートで1位を獲得したのは、アルバム『T』の先行シングルだった2008年1月発売の16thシングル「Purple Line」。その後、2010年3月発売の30thシングル「時ヲ止メテ」まで通算8作がオリコンシングルチャートで1位となった。このうち、2008年7月発売の23rdシングル「どうして君を好きになってしまったんだろう?」はオリコン1位のほか、2008年度USEN年間リクエストランキング1位、第50回日本レコード大賞優秀作品賞を獲得し、初出場となった『第59回NHK紅白歌合戦』では歌唱曲にも選ばれ、翌2009年には着うたフルの有料配信でゴールド認定(同年4月度)を受けるなど息が長い楽曲となった。同じくオリコン1位となった2009年7月発売の「Stand by U」も第51回日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞し、2年連続出場となった『第60回NHK紅白歌合戦』でも歌唱された。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た仮処分

    そんななか、ジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人が急激に関係が悪化していたSMからの離脱を図るべく、2009年7月末、専属契約内の契約期間や収益配分に関する規定の不当性を訴えて、SMとの専属契約の効力停止を求める仮処分をソウル中央地方法院に申請。これにより、東方神起は突如、分裂の危機に立たされた。同裁判所は残る2人に対する信義とファンクラブ会員への公人としての責任を重んじるべきとして、和解を勧告した。3人側は「契約内容に画期的な変更があるならば可能性はある」としたが、SM側は「合意のもとで更新してきた契約」という立場を固守した為、調停に失敗。結局、同年10月に同裁判所は専属契約に公序良俗に反する規定があるとして一部を認容、専属契約の効力を一部停止して、SMとの契約は残るものの、本案訴訟が終結するまで3人のSM以外での芸能活動を認める仮処分を決定した。この直後、ユンホとチャンミンは東方神起を作り上げたSM以外で活動するつもりはないとして3人に復帰を呼び掛けたが、3人はこれを聞き入れることなくSMと袂を分かち、同年11月から独自の活動を開始した。このため、グループ活動はアジアツアーが中止になるなどエイベックスの管理下にある日本を除いて休止状態に陥った。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たボイストレーニング

    2004年11月25日に来日記念のシングルとアルバムを発売。その後、生活の拠点を日本にも置いて、日本語を習い、ボイストレーニングを重ねていった。そして、2005年4月27日に日本の音楽プロデューサーのもと、シングル「Stay With Me Tonight」でJ-POPシーンの一新人グループとして正式にデビューをした。この年のオリコン年間ランキング(アーティスト・トータル・セールス部門)の順位は525位。そこから、日本中心の活動を展開した2007年春から2008年前半の間に知名度を上昇させて、デビューから4年後の2009年には同ランキング3位にまで登りつめた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た台北市

    東方神起 The 2nd Asia Tour Concert "O" (2007年2月23日 - 25日・10月5日 - 12月16日・2008年5月10日 - 6月12日、ソウル・台北・クアラルンプール・上海・北京)東方神起 フレッシュアイペディアより)

162件中 101 - 110件表示

「東方神起」のニューストピックワード