169件中 21 - 30件表示
  • 東方神起

    東方神起から見た讀賣テレビ放送

    「ベストヒット歌謡祭 2007」ゴールドアーティスト賞(2007年11月 日本・YTV東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たLG電子

    LG電子 LG M6100 (2006年、東南アジア)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たUSEN

    初めてオリコンチャートで1位を獲得したのは、2008年1月発売の16thシングル「Purple Line」。その後、通算8作が1位を獲得している。このうち、「どうして君を好きになってしまったんだろう?」はオリコン1位のほか、2008年度USEN年間リクエストランキング1位、第50回日本レコード大賞優秀作品賞を獲得、同曲で『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場し、翌2009年には着うたフルの有料配信でゴールド認定(同年4月度)を受けるなど息が長い楽曲となった。2009年には「Stand by U」で第51回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞、『第60回NHK紅白歌合戦』で披露。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た主婦の友社

    Ray (2008年3月号 - 2010年3月号、主婦の友社、「東方神起のLOVE&BEAUTYレシピ」)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たエイベックス・グループ

    2004年3月に台湾で1stシングルのライセンス盤を発売したのを皮切りに海外進出を開始させ、同年11月にはグループ結成時からの目標であった中国進出の手始めとして、現地で中国限定の中国人メンバーを選抜するためのオーディション番組を製作することを発表した。同時期に40億ウォン を投じて日本での活動もスタートさせ、翌2005年4月にはSMの提携先であるエイベックスのレーベル「rhythm zone」から日本語曲「Stay With Me Tonight」で正式に日本デビューを果たした。日本ではアイドル色を薄めてアーティスト色を強めたイメージで売り出し、またJ-POP歌手として継続的に活動するため、当時日本でブームとなっていた韓流からは距離を置いて活動をした。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た大塚製薬

    大塚製薬 オロナミンCドリンク (2009年、「アカペラ神起篇」) - 上戸彩と共演。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たテレビ東京

    音流〜On Ryu〜 (2005年3月 - 2006年3月、テレビ東京東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たユ・ヨンジン

    メンバーはコーラス、アカペラ、ダンスをこなし、全員がメインボーカルを担当できる形式を採っている。また、一部楽曲では作詞・作曲・編曲も手掛けている。スタイル的にはユ・ヨンジンが生み出した「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) を継承し、ただH.O.T.と違い、俳優業も行っている。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たa-nation

    単独ライブツアーは2006年のライブハウス規模のツアーが最初で、2007年には追加日本武道館公演を含むホールツアー、2008年にはアリーナツアー、2009年にはアリーナツアーと東京ドーム公演を行った。「a-nation」などの音楽イベントにも毎年複数参加。ファンとの交流は、主に公式ファンクラブ「Bigeast」のイベントで行われた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たSMエンターテインメント

    東方神起(とうほうしんき、、中: ?方神起)は、韓国出身の男性デュオ。レコード会社兼芸能事務所のSMエンターテインメントに所属し、韓国や日本を中心に活動している。2003年結成 。2004年に韓国でデビュー、2005年に日本デビュー。2010年までは5人組ボーカルグループで活動していたが、2009年7月メンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が所属事務所に対する専属契約効力停止の訴訟を起こし、5人での活動が無期限休止され、翌2011年1月カムバック以降は2人で活動している。事務所を離籍した3人は2010年4月より「JYJ」として活動。東方神起 フレッシュアイペディアより)

169件中 21 - 30件表示

「東方神起」のニューストピックワード