162件中 71 - 80件表示
  • 東方神起

    東方神起から見たKeep Your Head Down

    その後、エイベックスと独自に契約を結んで新ユニット「JUNSU/JEJUNG/YUCHUN」を結成したジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人とは対照的に、ユンホとチャンミンの2人はしばらくの間、揃って表舞台に立つことはなかった。しかし、3人が2010年9月に新所属事務所の代表者の前科が問題となってエイベックス側から日本での活動休止を言い渡されても、翌10月にグループ「JYJ」として正式に韓国での活動を始めるなど復帰の可能性が見えない状況が続いたことから、同年11月、SMは5人での活動を断念し、ユンホとチャンミンだけで東方神起の活動を再開することを表明。同時に、一旦訴訟組に付いていたエイベックスもSMとの関係を再構築し、2人となった東方神起の日本での活動を支援することを明らかにした。そして2011年1月、東方神起は、韓国で「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) に回帰した歌をタイトル曲にした5集『Keep Your Head Down』を、また日本で同タイトル曲の日本語版シングル「Why? (Keep Your Head Down)」を発表し、新たな活動を開始した。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た第50回日本レコード大賞

    日本では、2008年末に自身初となる日本レコード大賞ノミネート(優秀作品賞受賞)とNHK紅白歌合戦出場を果たすと、翌2009年3月には新たにバーニングパブリッシャーズのバックアップを受けてアルバム『The Secret Code』をリリースし、東方神起の作品としては初めて日本レコード協会からプラチナ認定を受けるヒットへと導いた。その余勢を駆って、同年7月には韓国出身歌手としてはピやリュ・シウォンに続き3組目となる、デビュー以来の目標であった東京ドーム公演を2日連続で開催し、これを成功させた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た東方神起 Bigeastation

    マスメディアのレギュラー出演は早く、デビュー直前の2005年3月には深夜テレビ番組のひとコーナーを担当。その後、日本中心の活動展開をし始めた2007年2月に初めてゴールデンタイムのテレビ番組に出演し、同年4月には初となるラジオの冠番組を開始した。このラジオ番組の放送は、5人での活動を事実上終えた2009年12月まで続いた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た第51回日本レコード大賞

    初めてオリコンチャートで1位を獲得したのは、アルバム『T』の先行シングルだった2008年1月発売の16thシングル「Purple Line」。その後、2010年3月発売の30thシングル「時ヲ止メテ」まで通算8作がオリコンシングルチャートで1位となった。このうち、2008年7月発売の23rdシングル「どうして君を好きになってしまったんだろう?」はオリコン1位のほか、2008年度USEN年間リクエストランキング1位、第50回日本レコード大賞優秀作品賞を獲得し、初出場となった『第59回NHK紅白歌合戦』では歌唱曲にも選ばれ、翌2009年には着うたフルの有料配信でゴールド認定(同年4月度)を受けるなど息が長い楽曲となった。同じくオリコン1位となった2009年7月発売の「Stand by U」も第51回日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞し、2年連続出場となった『第60回NHK紅白歌合戦』でも歌唱された。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たPurple Line

    その間、中国への本格進出はメンバーの追加が先延ばしになるなど事実上頓挫していたが、日本での活動は不祥事でジェジュンが一時活動を自粛するハプニングがあったものの継続的に進められていた。しかし、歌える環境が整っていないステージに立たされるなど、デビュー後すぐにトップスターとなった韓国では経験してこなかった歌手としての地道な活動の連続に、メンバーらは戸惑いや苦々しさを感じていた。それでも、「とにかく日本で実績を残してから韓国に帰らなければ」との思いを抱きながら、その後も活動を進めた結果、徐々に知名度や人気が高まり、2007年6月には日本武道館での2日連続公演を成功させ、翌2008年1月にはシングル「Purple Line」で初めてオリコンチャートの1位を獲得するなどの成果を収めるようになっていった。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た第59回NHK紅白歌合戦

    日本では、2008年末に自身初となる日本レコード大賞ノミネート(優秀作品賞受賞)とNHK紅白歌合戦出場を果たすと、翌2009年3月には新たにバーニングパブリッシャーズのバックアップを受けてアルバム『The Secret Code』をリリースし、東方神起の作品としては初めて日本レコード協会からプラチナ認定を受けるヒットへと導いた。その余勢を駆って、同年7月には韓国出身歌手としてはピやリュ・シウォンに続き3組目となる、デビュー以来の目標であった東京ドーム公演を2日連続で開催し、これを成功させた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たRISING SUN (東方神起のアルバム)

    日本でのデビュー後、2005年9月に韓国で2集(2ndアルバム)『RISING SUN』を発表し、同月に蚕室総合運動場主競技場で5万人以上の観客を集めるショーケース・ライブを開催。その後、翌2006年2月にはソウル・オリンピック公園体操競技場でグループ初となる単独公演、同年5月から6月には日本で初めてとなるライブツアー、翌7月と9月にはマレーシアとタイで「ライジング・サン・ファースト・アジア・ツアー」と題した韓国国外では初となる大規模公演を成功させた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た第53回日本レコード大賞

    そして、2011年9月には、2人になってから初めてのオリジナルアルバム「TONE」を発表し、2011年1月発売の「Why?(Keep Your Head Down)」で第53回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞した。この曲は出場3回目となった『第62回NHK紅白歌合戦』でも歌唱された。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たゴールドディスク

    日本では、2008年末に自身初となる日本レコード大賞ノミネート(優秀作品賞受賞)とNHK紅白歌合戦出場を果たすと、翌2009年3月には新たにバーニングパブリッシャーズのバックアップを受けてアルバム『The Secret Code』をリリースし、東方神起の作品としては初めて日本レコード協会からプラチナ認定を受けるヒットへと導いた。その余勢を駆って、同年7月には韓国出身歌手としてはピやリュ・シウォンに続き3組目となる、デビュー以来の目標であった東京ドーム公演を2日連続で開催し、これを成功させた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たゴールデンディスク賞

    タイ公演を終えると、すぐに韓国で3集『“O”-正・反・合』を発表。プロモーション中にユンホがファンを装った女から接着剤が入った飲料水を飲まされるという災難に見舞われたものの、同アルバムは年間1位となる30万枚超の売上を記録して、同年のゴールデンディスク賞で大賞を受賞した。また、このほかMKMFでは「今年の最高アーティスト賞」、ソウル歌謡大賞やSBS歌謡大典では大賞を受賞し、韓国の主要音楽賞を制覇する活躍を見せた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

162件中 71 - 80件表示

「東方神起」のニューストピックワード