162件中 81 - 90件表示
  • 東方神起

    東方神起から見たシンガポール

    TVXQ! Asia Fan Party 2011  (北京・シンガポール・上海・バンコク・台湾)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た香港

    TVXQ! LIVE WORLD TOUR "Catch Me" (2012年11月17-18日 - ソウル・オリンピック公園体操競技場、 2013年1月19日 - 香港・アジアワールドアリーナ、 2013年3月30日 - 北京、 2013年5月18日 - クアラルンプール)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た東京

    SMTown LIVE WORLD TOUR (2010-2011年、ソウル・LA・上海・東京・パリ・ニューヨーク)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た京セラドーム

    TOHOSHINKI 5th LIVE TOUR 2012 〜TONE〜 ドーム追加公演 (2012年4月14-16日、東京ドーム、2012年4月21-23日、京セラドーム、 )東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た日本武道館

    その間、中国への本格進出はメンバーの追加が先延ばしになるなど事実上頓挫していたが、日本での活動は不祥事でジェジュンが一時活動を自粛するハプニングがあったものの継続的に進められていた。しかし、歌える環境が整っていないステージに立たされるなど、デビュー後すぐにトップスターとなった韓国では経験してこなかった歌手としての地道な活動の連続に、メンバーらは戸惑いや苦々しさを感じていた。それでも、「とにかく日本で実績を残してから韓国に帰らなければ」との思いを抱きながら、その後も活動を進めた結果、徐々に知名度や人気が高まり、2007年6月には日本武道館での2日連続公演を成功させ、翌2008年1月にはシングル「Purple Line」で初めてオリコンチャートの1位を獲得するなどの成果を収めるようになっていった。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たJ-POP

    2004年3月に台湾で1stシングルのライセンス盤を発売したのを皮切りに海外進出を開始させ、同年11月にはグループ結成時からの目標であった中国進出の手始めとして、現地で中国限定の中国人メンバーを選抜するためのオーディション番組を製作することを発表した。同時期に40億ウォンを投じて日本での活動もスタートさせ、翌2005年4月にはSMの提携先であるエイベックスのレーベル「rhythm zone」から日本語曲「Stay With Me Tonight」で正式に日本デビューを果たした。日本ではアイドル色を薄めてアーティスト色を強めたイメージで売り出し、またJ-POP歌手として継続的に活動するため、当時日本でブームとなっていた韓流からは距離を置いて活動をした。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たクアラルンプール

    東方神起 Rising Sun 1st Asia Tour (2006年7月14日・9月15日、クアラルンプール・バンコク)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たMIROTIC

    そして、自身初の日本でのアリーナツアーと前年からソウル、台湾、マレーシア、タイ、中国で断続的に行われていた2度目のアジアツアーを同年6月までに終えると、3か月後の9月には日本での成功を引っ提げて、韓国でのオリジナル・アルバムとしては2年ぶりとなる4集『MIROTIC』を発表し、史上初となるソウル広場でのショーケース・ライブをもって韓国への本格復帰を果たした。かなりのブランクがあったことから復帰前はメンバー間に不安が広がっていたが、現地のトレンドに合わせるため、これまで東方神起の代名詞となっていた「SMミュージック・パフォーマンス」(SMP) の要素を弱め、より大衆性の強い楽曲で勝負を賭けたことが功を奏してファン層が拡大し、本作4集は市場全体のフィジカル・セールスが落ち込むなか46万枚を売り上げて、自身2度目となるゴールデンディスク賞の大賞を獲得した。ジェジュンは、この成功を「国民的アイドルグループから生まれ変わったようだ」と評した。東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見た北京

    TVXQ! LIVE WORLD TOUR "Catch Me" (2012年11月17-18日 - ソウル・オリンピック公園体操競技場、 2013年1月19日 - 香港・アジアワールドアリーナ、 2013年3月30日 - 北京、 2013年5月18日 - クアラルンプール)東方神起 フレッシュアイペディアより)

  • 東方神起

    東方神起から見たThe Secret Code (東方神起のアルバム)

    日本では、2008年末に自身初となる日本レコード大賞ノミネート(優秀作品賞受賞)とNHK紅白歌合戦出場を果たすと、翌2009年3月には新たにバーニングパブリッシャーズのバックアップを受けてアルバム『The Secret Code』をリリースし、東方神起の作品としては初めて日本レコード協会からプラチナ認定を受けるヒットへと導いた。その余勢を駆って、同年7月には韓国出身歌手としてはピやリュ・シウォンに続き3組目となる、デビュー以来の目標であった東京ドーム公演を2日連続で開催し、これを成功させた。東方神起 フレッシュアイペディアより)

162件中 81 - 90件表示

「東方神起」のニューストピックワード