80件中 11 - 20件表示
  • ビクトリーアップ

    ビクトリーアップから見た東武動物公園東武動物公園

    引退後は東武動物公園内の乗馬クラブクレインにて乗用馬生活を送っていたが、2001年の暮れに腸捻転により死亡した。ビクトリーアップ フレッシュアイペディアより)

  • 聖少女領域

    聖少女領域から見た東武動物公園東武動物公園

    ジャケットは東武動物公園で撮影された。聖少女領域 フレッシュアイペディアより)

  • 独占!ももクノ60分

    独占!ももクノ60分から見た東武動物公園東武動物公園

    2012年6月9日、東武動物公園ハッピーオンステージ(埼玉県)で開催。独占!ももクノ60分 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原沼

    笠原沼から見た東武動物公園東武動物公園

    かつて現在の東武動物公園周辺に所在していた自然沼であった。この沼へ河原井沼に端を発する爪田ヶ谷堀が流入しており、笠原沼の流出部周辺に堰が設けられ下流域の農業用水の溜井として利用されていた。このため不要な悪水を流下させたい上流域の村々と、用水として利用したい下流域の村々とでいさかいが絶えなかった。江戸中期になると井沢弥惣兵衛為永が中心となり、笠原沼を掘り上げ田形式にて新田開発した。そして、新田開発をした際に下流域の村々の用水として整備されたのが笠原沼用水(笠原沼代用水)である。このように開発された掘り上げ田(ホッツケ)も昭和後期になってくると次第に耕作されなくなり、姿を消してきた。こうした中、現在かつての笠原沼東部付近に「新しい村」として掘り上げ田を再現しており、主に小学生を対象とした農業体験の場を提供している。笠原沼 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2006年10月

    訃報 2006年10月から見た東武動物公園東武動物公園

    10月9日 - 西山登志雄、元東武動物公園園長(「カバ園長」)(* 1929年)訃報 2006年10月 フレッシュアイペディアより)

  • 怪物くん (アルバム)

    怪物くん (アルバム)から見た東武動物公園東武動物公園

    カンカン(「東武動物園G-max」CMソング)怪物くん (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県道408号東武動物公園停車場線

    埼玉県道408号東武動物公園停車場線から見た東武動物公園東武動物公園

    埼玉県道408号東武動物公園停車場線(さいたまけんどう408ごう とうぶどうぶつこうえんていしゃじょうせん)は、埼玉県南埼玉郡宮代町の東武動物公園停車場(東武動物公園駅東口)から北葛飾郡杉戸町の国道4号に至る県道である。埼玉県道408号東武動物公園停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • トンキー物語

    トンキー物語から見た東武動物公園東武動物公園

    1984年8月25日にほるぷ出版より刊行されている。週刊少年ジャンプ掲載の同タイトルの漫画は短編のため、同じく飯森の作品である『ぼくの動物園日記』より象を扱った回を抜き出して収録している。『ぼくの動物園日記』の主人公は、後に東武動物公園の初代園長となり「カバ園長」として有名になる西山登志雄。また、「27頭のあいつたちの巻」では西山の先輩が上野動物園で起こった悲劇を回想し西山に話すストーリーになっており、内容的にはほぼトンキー物語と同じである。トンキー物語 フレッシュアイペディアより)

  • 東武デハ1形電車

    東武デハ1形電車から見た東武動物公園東武動物公園

    こうして、外板に鋼板を打ち付けた以外は大きな改造を受けることなく車体の基礎構造および外装と主要機器について原形を保ったまま、約25年余にわたって入換用途に専従した同車であったが、東武初の電車であるという貴重性が評価され、東武鉄道創立80周年記念事業として開園した東武動物公園にて展示保存されることとなって1981年(昭和56年)に除籍され、57年に及んだ車歴を終えた。保存に際しては車番を大改番以前のデハ5とし、外観の整備のほか、入換車時代に撤去された車内設備の復元が行われ、往時の姿が再現されている。東武デハ1形電車 フレッシュアイペディアより)

  • カバ園長の動物園日記

    カバ園長の動物園日記から見た東武動物公園東武動物公園

    上野動物園で飼育員を務め、東武動物公園の初代園長となった西山登志雄を描いた作品。西山の声はクレージーキャッツのハナ肇が演じた。カバ園長の動物園日記 フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「東武動物公園」のニューストピックワード