前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1595件中 1 - 10件表示
  • 鉄道による糞尿輸送

    鉄道による糞尿輸送から見た東武鉄道東武鉄道

    鉄道による糞尿輸送がいつ始まったのかは、はっきりとは分かっていない。記録に残る限りでは、大阪電気軌道(現在の近鉄)が大正時代末から昭和初期頃まで輸送を行ったのが最古になる。またのちに合併して西武鉄道池袋線となる武蔵野鉄道や東武鉄道東上本線も同じく大正末期から昭和初期に輸送を行っていたことがあり、現在東武鉄道越生線になった越生鉄道も当初は輸送を行っていた。鉄道による糞尿輸送 フレッシュアイペディアより)

  • 船橋新京成バス

    船橋新京成バスから見た東武鉄道東武鉄道

    かつて、東武鉄道新船橋駅の駅前に新船橋駅前停留所が存在していたが、循環部最後の停留所であるため、ここで乗車しても、東海神駅入口および船橋駅方面にしか行くことができなかった。その停留所も駅周辺の再開発によって駅前を回避するルートを採用したことによって2012年4月15日を最後に廃止された。船橋新京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 東武トップツアーズ

    東武トップツアーズから見た東武鉄道東武鉄道

    東武トップツアーズ株式会社(とうぶトップツアーズ)は、東京都墨田区に本社を置く日本の旅行会社。東武鉄道の連結子会社である。東武トップツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た東武鉄道東武鉄道

    明治時代の鉄道国有化には種々の流れがあった。1891年と1899年の経済不況時には経営困難に陥った私鉄サイドから買い上げの要望が出たが、2回とも見送られた。特に後者の場合、政府は日露戦争準備の軍備拡張を行っており財政的に無理であった。日露戦争で鉄道の有効性と私鉄割拠による不便さを痛感した軍部(特に陸軍)は、戦争後に鉄道国有化を要望した。1906年3月、国会で「鉄道国有法」が可決され、上記五大私鉄会社を含む大手私鉄17社の国有化(買収)が決まった。買収は1906年10月に始まり、1907年10月に完了した。買収前の官鉄の総営業距離は2,459 km、買収して国有化した路線の総営業距離は4,806 kmであった。買収の可否判断に際しては、国内輸送の基幹となる路線を優先することになった。当時、南海鉄道は難波 - 和歌山市間、東武鉄道は北千住 - 久喜間の営業を行っていたが、和歌山方面には買収対象である関西鉄道の路線、関東北部へは同じく日本鉄道の路線があったため、国有化の対象に一時は含まれたことがあったものの、最終的には予算問題もあって外された。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木市図書館

    栃木市図書館から見た東武鉄道東武鉄道

    東武日光線「新大平下駅」より徒歩20分栃木市図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄400形蒸気機関車

    国鉄400形蒸気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    本形式は、1914年(大正3年)に民営鉄道へ払い下げられ、同年3月に403が川越鉄道(現・西武鉄道国分寺線および新宿線の一部)、5月に400 - 402が東上鉄道(現・東武鉄道東上本線)に移った。国鉄400形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 太田市

    太田市から見た東武鉄道東武鉄道

    SUBARUの企業城下町であるためか自動車の依存度が高く、ラッシュ時の渋滞が激しい。鉄道は東武鉄道太田駅からたすき状に4方向へと路線が伸び、県内東部(東毛)の交通の要衝の1つとなっている。特急りょうもうが太田駅と藪塚駅(一部木崎駅に停車)に停車し、浅草駅まで運行されているが、都心への接続があまりよろしくない。そのため、北千住駅で東京メトロ(日比谷線・千代田線・半蔵門線)に乗り換える人も少なくない。また、所要時間が浅草まで約80分で、なおかつ特急料金も含まれて2,000円以上もするため、熊谷駅や籠原駅から高崎線を利用する市民もいる。(熊谷から上野まで約60分、新宿まで約75分)太田市 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ副都心線

    東京メトロ副都心線から見た東武鉄道東武鉄道

    本路線を含めた鉄道5事業者(東武・西武・東京地下鉄・東急・横浜高速鉄道)による相互直通運転が行われており、埼玉県西部の滑川町・川越市・飯能市・所沢市の各方面から神奈川県横浜市までの広域鉄道網を形成している。特に、東急東横線にはほぼ全列車が直通しており、運転系統も完全に一体化している。東京メトロ副都心線 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た東武鉄道東武鉄道

    県東南部の中心地。施行時特例市。「子育て呑竜」として知られる大光院の門前町。日光例幣使街道の宿場町。大正期に設立された中島飛行機の流れをくむSUBARU(スバル)の企業城下町であり、自動車産業を主とする工業都市である。市街地は金山の南麓、東武鉄道太田駅北口周辺に広がる。市街地東北部のスバル町にSUBARU群馬製作所本工場が立地。太田駅南口の南一番街は歓楽街として知られる。南部に利根川、東北部に渡良瀬川が流れる。太田焼きそば、尾島のヤマトイモ、藪塚のスイカが名物。人口は人で、県内第3位。1940年(昭和15年)4月1日、新田郡太田町(初代)・九合村・沢野村・山田郡韮川村が合併して太田町(二代目)が成立。1943年(昭和18年)11月1日、太田町が鳥之郷村を編入。1948年(昭和23年)5月3日、市制施行。 2005年(平成17年)3月28日、新田郡尾島町・新田町・藪塚本町と合併。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 京成電鉄

    京成電鉄から見た東武鉄道東武鉄道

    東京側のターミナルとなっていた押上は、京成開業後発展していたものの、都心へは市電の乗り換えを必要とし、押上 - 浅草間の路線延長を計画した。しかし京成に隣接する東武鉄道が隅田川を越えて浅草花川戸地区への路線延長を計画すると京成側でも、これを計画して東武との競願になった。そして、1928年(昭和3年)9月に京成は自社に有利になるよう東京市議に働きかけ、不正資金供与発展した京成電車疑獄事件が発覚して、社長・専務ら会社幹部が逮捕される事態となり、結果的に浅草延伸は断念に追い込まれた。京成電鉄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1595件中 1 - 10件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード