前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1329件中 1 - 10件表示
  • 関東地方の鉄道路線

    関東地方の鉄道路線から見た東武鉄道東武鉄道

    東武伊勢崎線 (東武鉄道):浅草駅 - 伊勢崎駅 (114.5km)関東地方の鉄道路線 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道による糞尿輸送

    鉄道による糞尿輸送から見た東武鉄道東武鉄道

    鉄道による糞尿輸送がいつ始まったのかは、はっきりとは分かっていない。記録に残る限りでは、大阪電気軌道(現在の近鉄)が大正時代末から昭和初期頃まで輸送を行ったのが最古になる。またのちに合併して西武鉄道池袋線となる武蔵野鉄道や東武鉄道東上本線も同じく大正末期から昭和初期に輸送を行っていたことがあり、現在東武鉄道越生線になった越生鉄道も当初は輸送を行っていた。鉄道による糞尿輸送 フレッシュアイペディアより)

  • 太田市

    太田市から見た東武鉄道東武鉄道

    戦前から郊外に多数の住宅団地が造成されていたが、近年では、ロードサイドショップや大型ショッピングセンターが多数進出するなど、郊外の商業地の発達が著しい。その一方で、太田駅周辺唯一の大型商業施設「ベルタウン」は、「イオンモール太田」が市街地東部にオープンして以来急激に顧客を奪われ、キーテナントであるユニー太田店がついに撤退、同時に一時、施設が閉鎖された。2007年、太田駅南口が改装され、ディベロッパーはキーテナントに「ドン・キホーテ」を誘致してリニューアルオープンしたが、今後の浮沈は中心市街地活性化の成否にかかっている。太田の中心街空洞化の様相は、2007年にはテレビ東京のドキュメンタリー番組『日経スペシャル ガイアの夜明け』でベルタウン閉鎖の状況が取り上げられるなど、隣接する伊勢崎市と並んで県内で最も状況が深刻である。太田駅周辺の整備が進み、東武鉄道の路線網が発達している事から、通勤・通学・買い物で周辺駅から鉄道を利用して太田駅へ移動するような公共交通を中心としたまちづくり政策が求められている。太田市 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄400形蒸気機関車

    国鉄400形蒸気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    本形式は、1914年(大正3年)に民営鉄道へ払い下げられ、同年3月に403が川越鉄道(現・西武鉄道国分寺線および新宿線の一部)、5月に400 - 402が東上鉄道(現・東武鉄道東上本線)に移った。国鉄400形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た東武鉄道東武鉄道

    明治時代の鉄道国有化には種々の流れがあった。1891年と1899年の経済不況時には経営困難に陥った私鉄サイドから買い上げの要望が出たが、2回とも見送られた。特に後者の場合、政府は日露戦争準備の軍備拡張を行っており財政的に無理であった。日露戦争で鉄道の有効性と私鉄割拠による不便さを痛感した軍部(特に陸軍)は、戦争後に鉄道国有化を要望した。1906年3月、国会で「鉄道国有法」が可決され、上記五大私鉄会社を含む大手私鉄17社の国有化(買収)が決まった。買収は1906年10月に始まり、1907年10月に完了した。買収前の官鉄の総営業距離は2,459 km、買収して国有化した路線の総営業距離は4,806 kmであった。買収の可否判断に際しては、国内輸送の基幹となる路線を優先することになった。当時、南海鉄道は難波 - 和歌山市間、東武鉄道は北千住 - 久喜間の営業を行っていたが、和歌山方面には買収対象である関西鉄道の路線、関東北部へは同じく日本鉄道の路線があったため、国有化の対象に一時は含まれたことがあったものの、最終的には予算問題もあって外された。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 東武動物公園

    東武動物公園から見た東武鉄道東武鉄道

    東武動物公園(とうぶどうぶつこうえん)は、埼玉県南埼玉郡宮代町と白岡市にまたがって立地している、東武鉄道グループの東武レジャー企画株式会社が遊園地・動物園・プールを運営している総合アミューズメント施設である。東武動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • 青春鉄道

    青春鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    2006年3月18日の東武鉄道ダイヤ改正に端を発して同人作品が発表され、後にメディアファクトリーより同人作品のよりぬきに書き下ろしを加えて単行本化。同社『コミックフラッパー』にて2009年11月号から2011年9月号まで連載。その後、同社『月刊コミックジーン』に移籍し、2011年10月号より連載開始。現在も同人と商業の両方で連載されている。青春鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 列車種別

    列車種別から見た東武鉄道東武鉄道

    列車種別は会社によってまちまちであるが、概ねJRと同じく特急、急行、快速、準急、普通(各駅停車)の順に停車駅が多くなっているが、東武鉄道などはJRと違い急行よりも快速の方が停車駅の少ない路線もある。列車種別 フレッシュアイペディアより)

  • ホテルメトロポリタン

    ホテルメトロポリタンから見た東武鉄道東武鉄道

    池袋駅西口の再開発を目的とした「池袋駅西口地区開発整備促進協議会」が1970年代に現在の第三セクター方式で結成され、旧国鉄と東武鉄道が主要株主である池袋ターミナルホテル株式会社によって竣工し、1985年6月2日に開業した。ホテルメトロポリタン フレッシュアイペディアより)

  • パスネット

    パスネットから見た東武鉄道東武鉄道

    利用可能エリアは、PASMOと比べるとやや狭く、PASMOが利用可能な鉄道路線の中では東武鉄道の一部無人駅、西武多摩川線、東急世田谷線、横浜新都市交通、江ノ島電鉄、伊豆箱根鉄道、都電荒川線、および箱根登山鉄道の塔ノ沢 - 強羅間では利用できなかった。また、バスや東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)では一切使えなかった。バスと都電荒川線に関してはパスネット導入以前に首都圏でバス共通カードを発売・導入していたほか、JR東日本は東京モノレールとともにSuicaの導入を予定していたため導入されなかった。パスネット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1329件中 1 - 10件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード