1329件中 91 - 100件表示
  • 船橋新京成バス

    船橋新京成バスから見た東武鉄道東武鉄道

    かつて、東武鉄道新船橋駅の駅前に新船橋駅前停留所が存在していたが、循環部最後の停留所であるため、ここで乗車しても、東海神駅入口および船橋駅方面にしか行くことができなかった。その停留所も駅周辺の道路工事の影響によって駅前を回避するルートを採用したことによって廃止された。船橋新京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 女性専用車両

    女性専用車両から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道のように要望の少なさを挙げたり、東京地下鉄のように混雑均等化の観点から導入に消極的な事業者が存在した。交通新聞に対してコメントした事業者の指摘した問題点としては、通勤客が乗降駅の階段に集中する朝ラッシュでは混雑の平準化が損なわれる事、保有編成が多く特定車両を専用車に指定しづらい事、相互直通運転を行っている路線での車両位置の調整が難しい事、などが挙げられていた。事業者の中では導入に積極的であった京王電鉄も、混雑の激しい事や単独実施の困難性から2005年の一斉拡充までは朝ラッシュなどでの設定を躊躇した旨を述べている。また、JR西日本は、京阪神の在来線(京阪神緩行線、大阪環状線など)に女性専用車両を導入したが、逆に、これらの線を雁行している列車で、女性専用車両の設定の無い列車(新快速、快速など)では、逆に痴漢被害が増加し、警察が導入を要望したものの、JR西日本は編成の多様性を理由に断ったという。また設定を縮小する事業者がある。女性専用車両 フレッシュアイペディアより)

  • 連絡運輸

    連絡運輸から見た東武鉄道東武鉄道

    ところが、Suica・PASMOといったIC乗車カードやプリペイドカードの発展に伴い、これらICカード(特にIC定期券)に限定した連絡運輸は拡大の方向にある。ICカード登場以前、首都圏における3社連絡定期券は直通運転が絡んだものを除けば山手線を挟んだ私鉄各線相互間など限られたものに過ぎなかったが、2008年頃から旅客流動に合わせ、1例を挙げれば関東鉄道常総線・東武野田線・武蔵野線からつくばエクスプレス線を挟みJR・東京地下鉄・都営地下鉄各線へ、といった多彩な連絡定期券が発売可能となっている。このため、従来に比べ飛躍的に様々な経路が利用できるようになり、自動券売機での定期券購入時に従来の路線名による経由表示では顧客による判断が困難な事態も起こりうることから、東武鉄道のように定期券購入時に画面上の地図でルートを確認可能な自動券売機を設置する事業者も現れている。連絡運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県

    群馬県から見た東武鉄道東武鉄道

    3月19日 - 東武鉄道桐生線太田駅 - 相老駅間が開業。群馬県 フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄千代田線

    東京地下鉄千代田線から見た東武鉄道東武鉄道

    連絡乗車券は、直通するJR東日本(北千住接続、常磐線亀有 - 取手間、他に一部武蔵野線)・小田急電鉄(代々木上原接続、南新宿 - 代々木八幡間、東北沢 - 小田原・片瀬江ノ島・唐木田間および、箱根登山鉄道箱根湯本)のほかに東武鉄道への連絡乗車券も発売している(北千住接続)。東京地下鉄千代田線 フレッシュアイペディアより)

  • 川越市

    川越市から見た東武鉄道東武鉄道

    川越商人に加え上広瀬村(現・狭山市)の清水宗徳が参画して川越鉄道が甲武鉄道の国分寺駅との間に建設された(現在の西武新宿線と西武国分寺線のルーツ)。また、綾部らの川越電気鉄道が大宮との間で開通した。川越電気鉄道は蒸気機関車ではなく、その名の通り、埼玉県で最初の電車であった。川越鉄道と川越電気鉄道は最終的に合併し、西武鉄道(旧)となり、川越藩三芳野村(現・坂戸市)出身の大川平三郎(「日本の製紙王」と呼ばれ大川財閥を作った)らが役員に名を連ねた。綾部らの西武鉄道は堤康次郎の武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)と太平洋戦争中に合併する。一方、1902年(明治35年)には綾部ら川越商人と川越商業銀行頭取で新河岸川の回漕業者でもあった福岡村(現・ふじみ野市)の星野仙蔵が東京 - 川越間の京越鉄道の敷設を計画した。これは本社を川越に置いて発足した東上鉄道に引き継がれ、1914年(大正3年)に池袋駅 - 田面沢駅(現在の川越市駅の西方にあった)間で開通した。2年後には坂戸駅まで延伸。しかし、東上鉄道は1920年に根津嘉一郎の東武鉄道に吸収される。昭和になって軍需鉄道の八高線の建設が決まると川越商人たちが川越線建設を求める請願を行い、国策鉄道として省線の川越線が開通した。代わりに、川越 - 大宮間の電車(西武大宮線と改名)は廃線となった。川越市 フレッシュアイペディアより)

  • 急行列車

    急行列車から見た東武鉄道東武鉄道

    私鉄では1906年(明治39年)の鉄道国有法によって、国鉄のような動力集中方式で長距離列車を運行する路線を有する会社は東武鉄道や南海鉄道(これらものちには分散方式へ移行する)などを除いてほぼ皆無となったことや、現在存在する私鉄はその後米国におけるインターアーバンを摸した高速度電気鉄道として出発した会社がほとんどであるため、このような区別にとらわれず「急行」を設定した。そのため、必ずしも急行列車が標準的な速達列車とならない場合もある。急行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤台 (板橋区)

    常盤台 (板橋区)から見た東武鉄道東武鉄道

    板橋区南部のほぼ中央に位置する東武東上線ときわ台駅北側一帯。駅南側は南常盤台である。南東端で石神井川に接する。石神井川沿いの道は桜並木で知られている。東西に長く、東側から1丁目・2丁目・3丁目・4丁目に分かれている。東側から時計回りに、富士見町、双葉町、中板橋、南常盤台、東新町、上板橋、中台、前野町に隣接する。常盤台1丁目および2丁目は東武鉄道が1936年(昭和11年)から1938年にかけて分譲した住宅地。3丁目および4丁目は、旧川越街道上板橋宿郊外の畑地が昭和初期以降住宅地化されたものである。4丁目の板橋区立平和公園には、かつて東京教育大学宿舎が建てられていた。常盤台 (板橋区) フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見た東武鉄道東武鉄道

    阪急電鉄は子会社であったアルナ工機の事業清算後、同社の鉄道車両を同じくアルナに発注していた東武鉄道と共に同工場に発注するようになった。「A-train」と呼ばれる、アルミニウム押し出し型材を摩擦攪拌接合(FSW)工法により溶接したダブルスキン構造の構体をもち、また構体と別に内装をモジュール化して製作する自立型内装構造をもつ規格型車両を実用化し、低コスト・短納期での生産を可能にしている。過去には普通鋼製やステンレス鋼製の車両も手掛けていたが、現在はアルミニウム製車両に特化している。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 会津浪漫号

    会津浪漫号から見た東武鉄道東武鉄道

    本項では、同一編成を用いて東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅 - JR只見線会津若松駅間を運行する臨時列車である湯めぐり号についても記述する。会津浪漫号 フレッシュアイペディアより)

1329件中 91 - 100件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード