1595件中 11 - 20件表示
  • 西初石

    西初石から見た東武鉄道東武鉄道

    流山市の中部に位置し、五・六丁目は流山市の新拠点(つくばエクスプレスタウン流山おおたかの森地区)として整備されている地域である。地域内に首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス・東武鉄道野田線・常磐自動車道が通る。西初石 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方の鉄道路線

    関東地方の鉄道路線から見た東武鉄道東武鉄道

    東武伊勢崎線 (東武鉄道):浅草駅 - 伊勢崎駅 (114.5km)関東地方の鉄道路線 フレッシュアイペディアより)

  • 会津鉄道

    会津鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    2005年12月20日営業運転開始。AT-100・150形の老朽取り替え用として製造された新潟トランシス製の軽快気動車で、AT-600形はトイレなし、AT-650形はトイレ付である。野岩鉄道・東武鉄道乗り入れ対応で、車体はAT-500形を基本とするが、最高速度が5km/h上がって100km/hとなったほか、座席が転換クロスシートとなった。AT-600形にはトイレがないため、AT-650形と編成を組んで走る。野岩鉄道・東武鉄道への乗り入れは2006年3月18日から開始され、AT-650形とともに「AIZU尾瀬エクスプレス号」の愛称が公募により与えられた。AT-600形は車番601の1両、AT-650形は車番651・652の2両が在籍する。AT-652は宝くじ号で、AT-601・651とは異なり、窓側に折りたたみ式テーブルが設置されているほか、蛍光灯カバーや壁灯が設置されている。会津鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤台 (板橋区)

    常盤台 (板橋区)から見た東武鉄道東武鉄道

    常盤台一丁目および二丁目は東武東上線ときわ台駅北側一帯で、東武鉄道が1936年(昭和11年)から1938年(昭和13年)にかけて分譲した住宅地であり、商業施設・金融機関・区立文化施設も立地している。三丁目および四丁目は、旧川越街道上板橋宿郊外の畑地が昭和初期以降住宅地化された地域で、上板橋駅に近い四丁目西部は商業地域となっている。四丁目の板橋区立平和公園には、かつて東京教育大学宿舎が建てられていた。常盤台 (板橋区) フレッシュアイペディアより)

  • 交通機関の喫煙規制

    交通機関の喫煙規制から見た東武鉄道東武鉄道

    私鉄は主に都市部で通勤形電車や準ずる車両を用いる大手私鉄や地下鉄などは禁煙で、JR中距離電車に匹敵する運行距離の列車(東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道が共同運行する東武日光線快速・区間快速浅草 - 会津田島間190.7km、近畿日本鉄道大阪上本町 - 鳥羽間快速急行150.4km[共に営業キロベース])でも、原則禁煙となっている。交通機関の喫煙規制 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城交通茨大前営業所

    茨城交通茨大前営業所から見た東武鉄道東武鉄道

    鯉渕営業所と共管。もともとは東武鉄道バス事業本部境営業所笠間出張所の水戸 - 赤塚 - 杉崎 - 笠間線が運行されており、同線の廃止撤退後、内原町役場行となったものが2005年11月11日のイオンモール水戸内原のオープンに会わせ行先が変更された。茨城交通茨大前営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 遮光幕

    遮光幕から見た東武鉄道東武鉄道

    しかし、職業としての運転士は、安全輸送・定時運転の観点から、ブレーキのタイミングについて、秒単位の集中力で制動時期を考えており、できれば客室からの視線はない方がいい、という意見(特に労働組合からの「要求」)もある。これら要求に鉄道事業者側当局が認めた場合によっては、運転士の「プライバシー保護」などを名目として、昼間の地上区間から運転席背後の遮光幕が閉められている社局(例・小湊鐵道など)、機器設置などを名目として運転席背面窓を省略した車両を新製する社局(例・東武鉄道、JR東日本の通勤形車両など)もある。ただし後に開放、設置されるケースもある。(例・京成電鉄、秩父鉄道、西日本鉄道(6000形以降)など)遮光幕 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代のJRダイヤ改正

    2000年代のJRダイヤ改正から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道との直通運転列車として、485系・東武100系による特急「日光」・「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が新宿駅 - 東武日光駅・鬼怒川温泉駅間に新設された。2000年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 正田貞一郎

    正田貞一郎から見た東武鉄道東武鉄道

    日清製粉株式会社社長、東武鉄道株式会社会長、社団法人如水会理事長、貴族院議員などを歴任した。正田貞一郎 フレッシュアイペディアより)

  • パスネット

    パスネットから見た東武鉄道東武鉄道

    利用可能エリアは、PASMOと比べるとやや狭く、PASMOが利用可能な鉄道路線の中では東武鉄道の一部無人駅、西武多摩川線、東急世田谷線、横浜新都市交通、江ノ島電鉄、伊豆箱根鉄道、都電荒川線、および箱根登山鉄道の塔ノ沢 - 強羅間では利用できず、京浜急行電鉄もシステムの切替の関係で当初は全線で一切使えなかった。また、バスや東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)では一切使えず、バスと都電荒川線に関してもパスネット導入以前に首都圏でバス共通カードを発売・導入していたほか、JR東日本は東京モノレールとともにSuicaの導入を予定していたため導入されなかった。パスネット フレッシュアイペディアより)

1595件中 11 - 20件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード