1329件中 31 - 40件表示
  • 東武トク500形客車

    東武トク500形客車から見た東武鉄道東武鉄道

    東武トク500形客車(とうぶトク500けいきゃくしゃ)は、東武鉄道がかつて優等列車用に保有していた展望車・貴賓車である。東武トク500形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 松島タワー

    松島タワーから見た東武鉄道東武鉄道

    その後、開発業者の松島観光開発は、宮城県に進出してきた東武鉄道の系列となる。そして、当タワーも当初計画した高さ90mを約2/3の64mに低減して建設され、1964年(昭和39年)に開業に漕ぎ付けた(のちに携帯電話のアンテナが付加され、最高部の高さは67.3mになったとされる)。松島タワー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の電気機関車史

    日本の電気機関車史から見た東武鉄道東武鉄道

    なお、ED51形を一回り小型化したEE社製の箱形デッキ付きD型電気機関車が、1926年から1930年にかけて秩父鉄道・青梅鉄道・東武鉄道・総武鉄道・伊勢電気鉄道の各社へ納入され、安定した性能を発揮した。これらは使い勝手の良さからその大半が1980年代まで各社で現役車として運用されており、また一部については日本の車両メーカーによってコピー機種が製造されるほどの好評を博している。日本の電気機関車史 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代のJRダイヤ改正

    2000年代のJRダイヤ改正から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道との直通運転列車として、485系・東武100系による特急「日光・きぬがわ・スペーシアきぬがわ」が新宿駅 - 東武日光駅・鬼怒川温泉駅間に新設された。2000年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 発車標

    発車標から見た東武鉄道東武鉄道

    ブラウン管(CRT)によるディスプレイを使う方式で、1990年代に東武鉄道や名古屋鉄道、近畿日本鉄道などが導入したが、より薄型化が可能なLED式・LCD式などへの置き換えが進み、現存しているものは少ない。発車標 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道デハニ221形電車

    伊勢電気鉄道デハニ221形電車から見た東武鉄道東武鉄道

    もっとも、そうした外観の地味さとは対照的に、本形式の機器には重要な新機軸が採用されている。以後、第二次世界大戦後も長く生産・使用されることになる東洋電機製造の傑作、TDK-528系の初号機種(TDK-528-A)が主電動機として搭載されたのである。この電動機はその性能バランスの良さから近隣の名古屋鉄道において特に強く支持され、また第二次世界大戦後は運輸省規格形電動車の指定電動機となったこともあって東京急行電鉄や東武鉄道でも大量採用されるなど、東海地方以東の1,067mm軌間を採用する私鉄各社に広く普及した。また、制御器も東洋電機製造製のいわゆる“デッカー・システム”に属する精緻な電動カム軸式自動加速制御器が採用されており、電空カム軸式を採用していたデハニ201形・デハニ211形と比較して応答性などの改善が図られている。伊勢電気鉄道デハニ221形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のニュータウン

    日本のニュータウンから見た東武鉄道東武鉄道

    東武CITY宇都宮(東武鉄道日本のニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 上毛電気鉄道

    上毛電気鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    中央前橋駅と西桐生駅を結ぶ鉄道路線(上毛線)を運営する。筆頭株主は東武鉄道で、他に上信電鉄が大株主となっている。旧運輸省の欠損補助を受ける事業者の一つであった。上毛電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東毛

    東毛から見た東武鉄道東武鉄道

    東毛地区には、東日本旅客鉄道(JR東日本)、わたらせ渓谷鐵道、上毛電気鉄道、東武鉄道の4社が乗り入れており、JR東日本の両毛線、わたらせ渓谷線、上毛電鉄上毛線、東武桐生線が桐生市付近に集中している。東毛 フレッシュアイペディアより)

  • 広沢町

    広沢町から見た東武鉄道東武鉄道

    二丁目には、東武鉄道の新桐生駅があり、新桐生駅と旧市街地を結ぶ群馬県道68号桐生伊勢崎線に沿って新市街地が形成されている。広沢町 フレッシュアイペディアより)

1329件中 31 - 40件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード