1595件中 41 - 50件表示
  • 東武トク500形客車

    東武トク500形客車から見た東武鉄道東武鉄道

    東武トク500形客車(とうぶトク500けいきゃくしゃ)は、東武鉄道がかつて優等列車用に保有していた展望車・貴賓車である。東武トク500形客車 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリエ

    ヴァリエから見た東武鉄道東武鉄道

    ヴァリエ(VARIE)とは、埼玉県にある東武鉄道の草加駅と新越谷駅の駅ビルである。ヴァリエ フレッシュアイペディアより)

  • 中院

    中院から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道東上線川越駅から徒歩25分。中院 フレッシュアイペディアより)

  • 田面沢駅

    田面沢駅から見た東武鉄道東武鉄道

    田面沢駅(たのもざわえき)は埼玉県川越市小ヶ谷周辺(当時・入間郡田面沢村)に存在していた東上鉄道(現・東武鉄道東上本線)の鉄道駅である。田面沢駅 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営鉄道

    埼玉県営鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    その中で例外的に「専用鉄道」としての免許を持っていたのが東武鉄道東上本線の霞ヶ関駅と入間川河川敷の採取場を結ぶ運搬線であり、これを通常「埼玉県営鉄道」と呼びならわしている。元々当線は1920年に入間川砂利株式会社という民間業者が敷設した専用鉄道を買収した路線で、その際に専用鉄道の免許も引き継がれたのである。この路線は霞ヶ関駅に隣接して設置されていた霞ヶ関工場の直轄とされ、路線の運行など現業は工場が直接行い、上位部署である砂利採取事務所や同事務所入間川支所(1948年に移転して「川越支所」に改称)は監督や官庁への届出など事務のみを行っていた。埼玉県営鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 田面沢村

    田面沢村から見た東武鉄道東武鉄道

    東上鉄道( → 東武鉄道田面沢村 フレッシュアイペディアより)

  • 入間川水泳場駅

    入間川水泳場駅から見た東武鉄道東武鉄道

    入間川水泳場駅(いるまがわすいえいじょうえき)は、かつて埼玉県川越市小ヶ谷364番地(当時は入間郡田面沢村小ヶ谷364番地)にあった東武鉄道東上本線の駅。入間川水泳場駅 フレッシュアイペディアより)

  • 会津高原

    会津高原から見た東武鉄道東武鉄道

    越後三山只見国定公園、尾瀬国立公園と奥羽山脈に囲まれている観光地。阿賀川(阿賀野川)とその支流で尾瀬を水源とする只見川、および伊南川が深い谷を刻み、多くのダムが建設され日本有数の水力発電による電源地帯にもなっている。野岩鉄道・会津鉄道が相次いで開業し、首都圏と直結した新たなルートが生まれた際、首都圏の観光客、スキー&スノーボード客を呼び込むために会津鉄道と野岩鉄道の接続駅をそれまでの会津滝ノ原駅から会津高原駅と改称した。2006年には会津高原尾瀬口駅と改称されている。東武鉄道が2002年まで資本参加していた会津高原・たかつえスキーリゾート&ホテルズまでは同駅より車で30分の距離である。また、尾瀬への福島県側入り口の沼山峠までは、バスで2時間である。なお、東武鉄道は浅草より当駅まで冬季はスキー&スノーボード客用、夏季は尾瀬ハイキング客用の私鉄では唯一の夜行列車を走らせている。宿泊村としてスキー場すぐ近くに会津高原チロリアンビレッジ村がある。会津高原 フレッシュアイペディアより)

  • 東武大谷線

    東武大谷線から見た東武鉄道東武鉄道

    大谷線(おおやせん)は、かつて栃木県にあった東武鉄道の軌道・鉄道路線である。宇都宮軌道運輸(うつのみやきどううんゆ)と野州人車鉄道(やしゅうじんしゃてつどう)が敷設・運行し、その後宇都宮石材軌道(うつのみやせきざいきどう)が運行していた宇都宮市内一円の人車軌道および軽便鉄道が前身である。東武大谷線 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川橋梁 (東武伊勢崎線)

    隅田川橋梁 (東武伊勢崎線)から見た東武鉄道東武鉄道

    隅田川橋梁(すみだがわきょうりょう)は、隅田川に架かる鉄道橋で、東武鉄道伊勢崎線を通している。隅田川橋梁 (東武伊勢崎線) フレッシュアイペディアより)

1595件中 41 - 50件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード