1595件中 51 - 60件表示
  • 国鉄230形蒸気機関車

    国鉄230形蒸気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    北越鉄道へは、1905年製の1両(製造番号26)が納入され、同社のG形(18)となった。1909年の形式図では、官設鉄道のものと同じ図にまとめられているが、メーカーに残る図では、1904年製の製造番号5で東武鉄道8となり、後に鉄道省810となった機関車と同形(総軸距5944mm)であるとされている。1909年の改番では、268となった。国鉄230形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 東武トラベル

    東武トラベルから見た東武鉄道東武鉄道

    東武トラベル株式会社(とうぶトラベル)は、かつて存在した旅行会社。東武鉄道を中心とする東武グループの中の一社であった。東武トラベル フレッシュアイペディアより)

  • 会津鉄道AT-350形気動車

    会津鉄道AT-350形気動車から見た東武鉄道東武鉄道

    会津鉄道AT-350形気動車 (あいづてつどうAT-350がたきどうしゃ)は、2009年(平成21年)に1両が製造された会津鉄道の観光用気動車である。日本初の自走式トロッコ車両であるAT-300形を置き換え、通常は会津鉄道会津田島駅 - JR東日本磐越西線会津若松駅間で運用される。磐越西線喜多方駅や、野岩鉄道を経由して東武鉄道鬼怒川線鬼怒川温泉駅まで乗り入れることもある。会津鉄道AT-350形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 三宅智子の女子的☆駅弁紀行

    三宅智子の女子的☆駅弁紀行から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道)浅草駅〜東武日光駅〜野岩鉄道〜会津鉄道(#6〜#9)2016年2月・3月放送三宅智子の女子的☆駅弁紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 速度照査

    速度照査から見た東武鉄道東武鉄道

    多変周地上子式で点制御点照査を実現しているものとしては、ドイツ・オーストリア・スロベニア・クロアチア・ルーマニア・カナダなどで用いられているINDUSI(PZBとも呼ばれる)やそれとほぼ同等のスペインのASFAなどがある。また点制御連続照査を実現しているものとしては、近鉄・京王・東武・小田急などのATSがある。速度照査 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄TR23形台車

    国鉄TR23形台車から見た東武鉄道東武鉄道

    1930年に参宮急行電鉄が製造したサ3000・ク3100形用住友製鋼所KS-76Lが日本における私鉄向けペンシルバニア形台車の第1号と見られるが、これは一体鋳鋼製台車枠を備えTR23よりもむしろペンシルバニア鉄道で採用されていたオリジナルに近い仕様であった。これに対し、1933年に九州産業鉄道が製造した九州産業鉄道オハフ1形客車に採用された台車はTR23の設計に忠実に従っており、これ以降戦前の日本で製造された私鉄向けペンシルバニア形台車は全てTR23の基本設計に従ったものとなった。もっともその製造数は少なく、1936年製の富山電気鉄道モハ500形が日本車輌製造製のTR25相当品を、1937年に日本車輌で製造された三菱鉱業ナハ1形がTR23相当品を、1941年に西武鉄道(初代)が製造したモハ200形がTR23と同系の台車をそれぞれ製造メーカーの推奨に従って採用し、更に戦時中の1944年に日本鉄道自動車が軸距を詰めたモデルを幾つかの会社に納入した程度で、いずれも少数派に留まった。これに対し戦後はモハ63形電車の私鉄割り当てでDT13の採用実績が増え、その後空気バネ化など独自改造を加えた例は見られたものの、戦後の台車メーカーによる新型台車開発の激化もあって、これらに改良を加えたモデルを新造した例は一時期の東武鉄道の新造車に採用されたに留まる。国鉄TR23形台車 フレッシュアイペディアより)

  • 東武ED10形電気機関車

    東武ED10形電気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    東武ED10形電気機関車(とうぶED10がたでんききかんしゃ)は、かつて東武鉄道に在籍した直流用電気機関車。1928年(昭和3年)にイギリス・イングリッシュ・エレクトリック(E.E.)社で新製された、いわゆる「デッカー形電機」の一党である。本形式は1形式1両(101号)のみの小世帯であった。東武ED10形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道デハニ221形電車

    伊勢電気鉄道デハニ221形電車から見た東武鉄道東武鉄道

    もっとも、そうした外観の地味さとは対照的に、本形式の機器には重要な新機軸が採用されている。以後、第二次世界大戦後も長く生産・使用されることになる東洋電機製造の傑作、TDK-528系の初号機種(TDK-528-A)が主電動機として搭載されたのである。この電動機はその性能バランスの良さから近隣の名古屋鉄道において特に強く支持され、また第二次世界大戦後は運輸省規格形電動車の指定電動機となったこともあって東京急行電鉄や東武鉄道でも大量採用されるなど、東海地方以東の1,067mm軌間を採用する私鉄各社に広く普及した。また、制御器も東洋電機製造製のいわゆる“デッカー・システム”に属する精緻な電動カム軸式自動加速制御器が採用されており、電空カム軸式を採用していたデハニ201形・デハニ211形と比較して応答性などの改善が図られている。伊勢電気鉄道デハニ221形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄1215形蒸気機関車

    国鉄1215形蒸気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    製造番号 9842 - 横荘鉄道 4 → 鉄道省 1215 → 総武鉄道(2代) 3 → 東武鉄道 3国鉄1215形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄6200形蒸気機関車

    国鉄6200形蒸気機関車から見た東武鉄道東武鉄道

    また、15両が東武鉄道に譲渡(6200形 → B5形、6250形 → B6形)されて長く使用され、官設鉄道に残った多くが大正時代末期に性能向上のため飽和式から過熱式に改造(6200形・6270形 → 6250形)されたり、タンク式蒸気機関車に改造(6200形・6270形 → 1070形、6350形 → 1000形(2代)、6300形 → 1150形(2代))されたりした。国鉄6200形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

1595件中 51 - 60件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード