1329件中 61 - 70件表示
  • 会津乗合自動車

    会津乗合自動車から見た東武鉄道東武鉄道

    1953年12月 - 東武鉄道から、会津田島 - 鬼怒川温泉駅間のバス路線を引き継ぐ。会津乗合自動車 フレッシュアイペディアより)

  • PASMO

    PASMOから見た東武鉄道東武鉄道

    PASMOの普及により、2008年1月10日でパスネットの発売が終了し、同年3月14日でパスネットの自動改札機での利用が終了した。このため、翌15日以降残額があるパスネット所持者のためにPASMOへの残額引き継ぎサービスを行っている。実施事業者は22事業者のうち東武鉄道・西武鉄道・京王電鉄・東京急行電鉄・京浜急行電鉄・新京成電鉄・横浜高速鉄道・首都圏新都市鉄道・東京地下鉄・東京都交通局の10事業者である。このうち、京王電鉄と東京急行電鉄は同月1日から、西武鉄道は5日から先行してサービスを行っている。Suicaへの残額の引き継ぎは出来ない。PASMO フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉高速鉄道

    埼玉高速鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    埼玉県と帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)、および沿線の路線バスを運行する国際興業や東武鉄道、そして西武鉄道、協和埼玉銀行(現・りそなHDグループ埼玉りそな銀行)、沿線自治体の川口市・浦和市(現在は合併によりさいたま市)・鳩ヶ谷市(現在は川口市に編入)が出資して1992年3月に設立された。当初は2006年の開業を予定していたが、当時浦和美園駅付近に建設されていた埼玉スタジアム2002が2002 FIFAワールドカップの開催会場の一つに決定したことを受けて工期が短縮された。埼玉高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 京王電鉄

    京王電鉄から見た東武鉄道東武鉄道

    空気笛(タイフォン)は、上りと下りで音階が異なり(他社では東武鉄道でも同様)、下りの方が高くなっている。電気笛は京王線と井の頭線で異なるタイプを使用している。京王電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ららぽーと

    ららぽーとから見た東武鉄道東武鉄道

    最寄り駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線南船橋駅及び京成電鉄本線船橋競馬場駅であるがどちらも若干の距離があり、両駅発着の無料送迎バスが運行されている。この他にJR東日本総武線・東武鉄道野田線船橋駅、京成本線京成船橋駅からの路線バスがある。一方で国道357号に面した立地でもあり、広大な駐車場も整備されている。近隣にはIKEA、ビビット南船橋、船橋競馬場、船橋オートレース場が立地する。ららぽーと フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東武鉄道東武鉄道

    乗入他者軌間及び構造の都合で、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式となっているため、自力走行できるような互換性がない。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 運賃

    運賃から見た東武鉄道東武鉄道

    改札口を通過可能な磁気式プリペイドカード導入各社(関西のスルッとKANSAI、関東のパスネットなど)ではカードで入場した場合には途中で改札口を通過しない限り、もっとも安い経路の運賃が適用される。これは、実際の乗車経路の把握が困難なためである。たとえば東京地下鉄(東京メトロ)の大手町駅から半蔵門線?(直通)?東武伊勢崎線北千住駅間を利用した場合、乗車券購入であれば東京地下鉄190円+東武鉄道160円の350円となるが、パスネットでは東京メトロ千代田線の大手町?北千住運賃の190円が適用された(北千住が東京地下鉄と東武鉄道の共同使用駅であるため)。この取り扱いは、現行のSuicaやPASMOでも殆ど同様である。なおパスネットの改札口における取り扱いは舞浜リゾートラインを除き2008年3月14日終電をもって廃止された。運賃 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    本業の鉄道業では、愛知・岐阜両県に総営業距離では近鉄・東武に次いでJRをのぞく日本の私鉄第3位の444.2kmにもおよぶ路線網を擁する(詳細は「路線」節を参照)。2012年3月31日時点での年間利用人員は、のべ3億4438万2,000人、旅客車両数は1,056両である。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸川台

    江戸川台から見た東武鉄道東武鉄道

    流山市の北部に位置する。地域内は1960年代に千葉県住宅協会により開発された戸建住宅街となっており、かつては「狐の野」、「兎の村」、「県北のチベット」とも称された場所であり、現在の江戸川台西一丁目に農家の家が一軒存在しただけの樹林地帯であった。開発地域全体を「江戸川台」と称するが、住所は東武鉄道野田線より西側を「江戸川台西」、東側を「江戸川台東」としており、「江戸川台」という地名は存在しない。江戸川台 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷駅

    熊谷駅から見た東武鉄道東武鉄道

    また、埼玉県北部における東武鉄道のバス事業撤退(後述)に伴い、バス路線の統廃合や多くの本数が運行されていた立正大学行きの始発・終点停留所が熊谷駅南口に変更されるなど、北口始発のバス本数は減少しているが、臨時バス降車場が廃止された(後述)影響で、一般車と入り混じり、混雑が緩和されていない。熊谷駅 フレッシュアイペディアより)

1329件中 61 - 70件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード