1595件中 71 - 80件表示
  • 江戸川台

    江戸川台から見た東武鉄道東武鉄道

    流山市の北部に位置する。地域内は1960年代に千葉県住宅協会により開発された戸建住宅街となっており、かつては「狐の野」、「兎の村」、「県北のチベット」とも称された場所であり、現在の江戸川台西一丁目に農家の家が一軒存在しただけの樹林地帯であった。開発地域全体を「江戸川台」と称するが、住所は東武鉄道野田線より西側を「江戸川台西」、東側を「江戸川台東」としており、「江戸川台」という地名は存在しない。江戸川台 フレッシュアイペディアより)

  • 毛呂山町

    毛呂山町から見た東武鉄道東武鉄道

    西部は自然が残る外秩父山地、北東には岩殿丘陵がかすめ、東部は水田が広がる低地、中央部をJR八高線と東武越生線が走り、沿線を中心に宅地化が進んでいる。果樹園が多く、特にユズの産地として知られている。1965年に同町の毛呂病院(埼玉医科大学の前身)がチベット難民の学生5人を受け入れたことをきっかけにチベットとの交流が深い。毛呂山町 フレッシュアイペディアより)

  • 松島タワー

    松島タワーから見た東武鉄道東武鉄道

    その後、開発業者の松島観光開発は、宮城県に進出してきた東武鉄道の系列となる。そして、当タワーも当初計画した高さ90mを約2/3の64mに低減して建設され、1964年(昭和39年)に開業に漕ぎ付けた(のちに携帯電話のアンテナが付加され、最高部の高さは67.3mになったとされる)。松島タワー フレッシュアイペディアより)

  • 本庄電気軌道

    本庄電気軌道から見た東武鉄道東武鉄道

    廃止後、会社は兼業であったバス事業を本業に転換しバス専業会社となった。この路線はのちに東武鉄道へ引き継がれ、現在は朝日自動車の路線となっている。本庄電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 松島ベイクルーズ

    松島ベイクルーズから見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道のグループ会社で松島湾観光汽船株式会社の商号であったが、2004年に同じ東武鉄道グループの東武車内販売株式会社に営業権を譲渡。同年中に東武車内販売株式会社は松島ベイクルーズ株式会社に商号を変更した。松島ベイクルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 野岩鉄道

    野岩鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    1986年(昭和61年)10月9日 会津鬼怒川線開業。東武鉄道鬼怒川線・日光線・伊勢崎線と直通運転開始。野岩鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 特急形車両

    特急形車両から見た東武鉄道東武鉄道

    小田急電鉄の2300形電車は4両固定編成であったが、中間車両には客用扉の無い設計であった。東武鉄道の5700系においては、客用扉を車体端に持って行くなどの工夫が見られる。無料列車に使用されるものでは、阪急の6300系は特急運用が中心に設計され同じく客用扉が両端に寄っている。特急形車両 フレッシュアイペディアより)

  • 集電装置

    集電装置から見た東武鉄道東武鉄道

    日立製作所: 同社製私鉄用電気機関車、相鉄、京王、東武の戦前型などでの採用が多いが、採用後早期に東洋製に切替えている事業者がほとんどである。集電装置 フレッシュアイペディアより)

  • 東毛

    東毛から見た東武鉄道東武鉄道

    東毛地区には、東日本旅客鉄道(JR東日本)、わたらせ渓谷鐵道、上毛電気鉄道、東武鉄道の4社が乗り入れており、JR東日本の両毛線、わたらせ渓谷線、上毛電鉄上毛線、東武桐生線が桐生市付近に集中している。東毛 フレッシュアイペディアより)

  • 根津嘉澄

    根津嘉澄から見た東武鉄道東武鉄道

    根津 嘉澄(ねづ よしずみ、1951年10月26日 - )は、東武鉄道の代表取締役社長である(在任:1999年6月 - )。祖父は初代根津嘉一郎、父は二代目根津嘉一郎である。武蔵中学校・高等学校を経て1974年に東京大学法学部を卒業し、同年に東武鉄道に入社した。東京都出身。2014年、藍綬褒章受章。根津嘉澄 フレッシュアイペディアより)

1595件中 71 - 80件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード