1329件中 81 - 90件表示
  • 自動列車制御装置

    自動列車制御装置から見た東武鉄道東武鉄道

    概ね車内信号式 (CS-ATC) を採用しているが、千日前線・堺筋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線以外の比較的古くから営業している大阪市交通局(大阪市営地下鉄)各線では、昭和40年代以降、地上信号式 (WS-ATC) を採用している。打子式ATSを使用していた東京地下鉄銀座線・東京地下鉄丸ノ内線・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)東山線、T形ATS(東武鉄道と共同開発)を使用していた都営地下鉄三田線、WS-ATCを使用していた東京地下鉄日比谷線および東京地下鉄東西線は新CS-ATCに置き換えられている。自動列車制御装置 フレッシュアイペディアより)

  • 京成曳舟駅

    京成曳舟駅から見た東武鉄道東武鉄道

    車内放送は「京成」を省略して「曳舟」とアナウンスしているが、駅舎は「京成曳舟」と省略せず表記している。これは、近隣にある東武鉄道の「曳舟駅」との混同を避けるためである。京成曳舟駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京地下鉄半蔵門線

    東京地下鉄半蔵門線から見た東武鉄道東武鉄道

    東京急行電鉄(東急)、東武鉄道(東武)と3社相互直通運転をしており、半蔵門線を挟んで東急側は渋谷から田園都市線の中央林間まで、東武側は押上から東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)経由で伊勢崎線久喜、および東武動物公園から分岐し日光線南栗橋までそれぞれ運転される。半蔵門線のみの運転となる列車は5:08半蔵門発の押上行1本のみで、その他は東急田園都市線へすべての定期列車が直通し一体的に運用されている。日中の運転間隔は5分である。東京地下鉄半蔵門線 フレッシュアイペディアより)

  • 栗橋町

    栗橋町から見た東武鉄道東武鉄道

    中心市街は町の北、栗橋駅周辺からかつての栗橋宿の周辺に広がる。かつての栗橋関所と栗橋宿は、町の北端、利根川に接する位置にあり、栗橋駅はそこから南西に約1キロメートル離れている。一戸建ての住宅が多く、商店街はもとの栗橋宿、駅前、及び両者をつなぐ道路に展開している。栗橋町役場(現:久喜市栗橋総合支所)はこの市街地の南の角にある。南栗橋駅の西側を中心とした地域にも、まとまった住宅地(東武鉄道主導によるニュータウンで計画人口は14000人。豊田土地区画整理事業により整備された南栗橋1丁目?南栗橋12丁目。)がある。他は水田と住宅が入り混じる。栗橋駅西側は西口が近年の設置ということもあり、栗橋駅西土地区画整理事業は行われているが東口ほどの発展は現状では無く有料駐車場が広がっている。栗橋町 フレッシュアイペディアより)

  • 駅ビル

    駅ビルから見た東武鉄道東武鉄道

    関東地方の私鉄では、1931年に開業した東武鉄道の浅草雷門駅(現浅草駅)に松屋が入居したのが初である。駅ビル フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地下鉄

    日本の地下鉄から見た東武鉄道東武鉄道

    一方、営団も翌1961年に、東武鉄道と東京急行電鉄の乗り入れを予定して、架空線式を採用した2号線(現日比谷線)を開業、以後の東京の地下鉄は、既存郊外路線との乗り入れを前提にした架空線式が主流になる。日本の地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 上熊谷駅

    上熊谷駅から見た東武鉄道東武鉄道

    東武鉄道熊谷線が運行されていた時は島式ホームであり、駅舎側の片面を秩父鉄道、反対側の片面を東武鉄道が使用しており、共同使用駅とされていた。ホーム⇔駅舎間は駅構内の踏切を渡る構造となっているが、それはその当時の名残りである。上熊谷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た東武鉄道東武鉄道

    総営業キロ程は、JRを除く日本の鉄道事業者中最長の508.2km(第三種鉄道事業として近鉄が施設を保有する伊賀線・養老線を含めると582.3km)におよび、続く463.3kmの東武鉄道(東武)、444.2kmの名古屋鉄道(名鉄)とともに400km以上の路線網を擁する日本の大手私鉄の一つとなっている(各キロ程は2008年12月28日現在)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武トラベル

    東武トラベルから見た東武鉄道東武鉄道

    東武トラベル株式会社(とうぶトラベル)は東京都墨田区に本社を置く旅行会社。東武鉄道を中心とする東武グループの中の一社であり、東武鉄道沿線の観光地である日光・鬼怒川や、東武グループが運営する東京スカイツリーの宣伝も行っている。東武トラベル フレッシュアイペディアより)

  • 普通列車

    普通列車から見た東武鉄道東武鉄道

    使用の区別が明確な例として、つくばエクスプレスでは各駅停車にはロングシートの直流車両であるTX-1000系を、、快速列車にはセミクロスシートの交直流車両であるTX-2000系を使用する。東武鉄道でも快速列車には2ドアセミクロスシート車である6050系を使用する。阪神電気鉄道では本線においては普通列車に適した性能を有する専用の車両(ジェットカー)が使われる。かつては京阪電気鉄道でも普通列車・区間急行用に適した性能を有する専用の車両である2000系を保有していた。京王帝都電鉄(現・京王電鉄)でも京王線系統においては緑色に塗装された2010系以前の車両(グリーン車と呼ばれた)が各駅停車運用に用いる車両とされていた。また、その置き換え用である7000系は2001年3月のダイヤ改定で車両の運用方針を変更するまでは各駅停車運用に用いる車両とされていたが、こちらは性能面では6000系などと大差はなかった。同様の事例として東京急行電鉄でも東横線において8000系は8090系導入後は2001年(平成13年)3月のダイヤ改正で車両運用方針が変更されるまで長らく各駅停車専属で運用されていた。普通列車 フレッシュアイペディアより)

1329件中 81 - 90件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード