371件中 91 - 100件表示
  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た日立製作所笠戸事業所

    電気機関車のED5010形やED5050形、7800系を竣工後、長い間取引がなかった。ただし、制御装置など電装品での取引は長らくあった。車両単位では2004年の50000系から取引が再開した。なお、東上線向けの50000系・50070系・50090系と本線向けの50050系、野田線の60000系はすべて同社笠戸事業所で竣工した。また、9000系、9050系の副都心線乗り入れに伴う改造工事も日本電装とともに行った。施工車両には日立と日本電装の連名のプレートが取り付けられている。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たアルナ車両

    アルナ工機(旧・ナニワ工機。現・アルナ車両東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武ステーションサービス

    8月1日:69駅における駅業務、構内営業等の業務を東武ステーションサービスに委託。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たコーポレートアイデンティティ

    7月:CIロゴを使用開始。ただし従来から使用されている円形の社紋も残る。ロゴを手掛けたのは凸版印刷のブランディング部門。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たバッド (車両メーカー)

    東急グループの企業で、取引は1954年(昭和29年)熊谷線の気動車キハ2000形、7800系の製造より始まった。以後他の車両製造はしなかったが1973年の8000系から製造を始め、100系、200系、6050系、9000系、10000系、20000系、30000系などを竣工した。同社は早くからアメリカ・バッド社 (The Budd Company) と技術提携し、ステンレス車両製造を行っている。東武初のステンレス車9000系の製造を手掛けたのも同社である。30000系製造終了以後は新車取引がないが、総合車両製作所発足直後に6050系のうち4両が横浜事業所に入場し、634型「スカイツリートレイン」に改造された。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た帝都高速度交通営団

    5月25日:浅草雷門駅(現・浅草駅)に乗り入れ。根津の支援を受けて早川徳次が1925年に開業させていた東京地下鉄道(帝都高速度交通営団→東京地下鉄〈東京メトロ〉の前身)の銀座線と接続。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た日本電装 (埼玉県)

    電気機関車のED5010形やED5050形、7800系を竣工後、長い間取引がなかった。ただし、制御装置など電装品での取引は長らくあった。車両単位では2004年の50000系から取引が再開した。なお、東上線向けの50000系・50070系・50090系と本線向けの50050系、野田線の60000系はすべて同社笠戸事業所で竣工した。また、9000系、9050系の副都心線乗り入れに伴う改造工事も日本電装とともに行った。施工車両には日立と日本電装の連名のプレートが取り付けられている。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武タワースカイツリー

    7月14日:業平橋駅地平ホームの跡地に、東武鉄道・東武タワースカイツリー株式会社による電波塔「東京スカイツリー」の建設を着工。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た池上電気鉄道

    浅草駅の駅ビルに松屋入店。これは1920年(大正9年)11月1日 阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)の梅田駅に開店した白木屋、1928年(昭和3年)12月18日池上電気鉄道(現:東急池上線)の五反田駅の白木屋に続き日本全国で3番目のターミナルデパートとなる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東京地下鉄道

    5月25日:浅草雷門駅(現・浅草駅)に乗り入れ。根津の支援を受けて早川徳次が1925年に開業させていた東京地下鉄道(帝都高速度交通営団→東京地下鉄〈東京メトロ〉の前身)の銀座線と接続。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

371件中 91 - 100件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード