314件中 21 - 30件表示
  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たボーイング

    しかし生産両数の減少から、同社は自動車部門(スバル)と航空宇宙部門(米ボーイング社向け分担生産等)へ経営資源の集中を決定、2003年2月に新潟トランシスへ鉄道車両事業を譲渡した。また、同時期に撤退したバス車体部門も伊勢崎市に工場があり、東武バス向けに多数製作した。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た西日本鉄道

    東武の鉄道路線のトンネルは、押上駅付近の地下線の入口をのぞけば、日光線の明神 - 下今市間の十国坂トンネル1箇所のみで、それも全長40mと非常に短い。これは、大手私鉄ではトンネル区間のない西日本鉄道に次ぐ少なさ・短さである。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た京成電鉄

    東京急行電鉄(東武・東京地下鉄・都営地下鉄・横浜高速鉄道・埼玉高速鉄道)、京成電鉄(北総鉄道・都営地下鉄・京浜急行電鉄・芝山鉄道・新京成電鉄)も同じく5社局で並んでいる。なお、東急は2013年3月から西武鉄道が加わり6社局となる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東京急行電鉄

    3月19日:伊勢崎線にて帝都高速度交通営団半蔵門線・東京急行電鉄田園都市線と相互直通運転開始。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た川崎重工業

    東京都江東区に東京支店(工場)があった関係上、日車同様甲種輸送には短距離で済むため取引が多かった。デハ2形、デハ4形 - 6形、デハ10系、戦時規格統制形クハ1200形、運輸省規格形モハ5300形、5700系、7800系と吊り掛け車を中心に竣工し、1963年の8000系2編成(8104F・8105F)をもって取引が終了した。なお、同社は1972年に川崎重工業に吸収合併された。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たJR東日本グループ

    東急グループの企業。2012年4月よりJR東日本グループの総合車両製作所が鉄道車両製造事業を継承した。1954年(昭和29年)熊谷線の気動車キハ2000形、7800系の製造より取引が始まった。以後他の車両製造はしなかったが1973年の8000系から製造を始め、100系、200系、6050系、9000系、10000系、20000系、30000系などを竣工した。同社は早くからアメリカ・バッド社 (The Budd Company) と技術提携し、ステンレス車両製造を行っている。東武初のステンレス車9000系の製造を手掛けたのも同社である。30000系製造終了以後は新車取引がないが、総合車両製作所発足直後に6050系のうち4両が横浜事業所に入場しており、634系「スカイツリートレイン」に改造された。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た根津嘉一郎 (初代)

    1905年(明治38年):営業不振により、根津嘉一郎(初代)を初代東武鉄道社長に迎える。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武バス

    2002年(平成14年)10月1日:バス事業を資産管理会社の東武バス、運行会社の東武バスセントラル、東武バスウエスト、東武バスイースト、東武バス日光の4社に譲渡。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たJR

    東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県に、総営業キロ数463.3kmに及ぶ鉄道路線を有する大手民鉄である。営業キロ数は、2010年現在JRをのぞく日本の鉄道では近畿日本鉄道(508.1km、第三種鉄道事業区間を含めると582.2km)に次いで第2位、関東地方では最長である。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東京証券取引所

    東京証券取引所一部上場。旧芙蓉グループ(旧富士銀行系)、現みずほグループを構成する企業の一つでもある。本社は東京都墨田区押上二丁目に所在。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

314件中 21 - 30件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード