371件中 21 - 30件表示
  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た凸版印刷

    7月:CIロゴを使用開始。ただし従来から使用されている円形の社紋も残る。ロゴを手掛けたのは凸版印刷のブランディング部門。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た住友金属工業

    台車は、メーカー形式とは別に東武社内形式を付与している。例えば「TRS-81M」(メーカー形式FS-511)の場合、TRが台車を示し、Sは製造会社(S:住友金属工業→新日鐵住金、F:扶桑金属=住友金属工業の前身、K:汽車会社、T:東芝、H:日立)、数字は設計年の西暦の下2桁(81は1981年を示す)、Mは電動台車を示し、同型の付随台車はMをTに置き換える。なお数字の部分は同じ年に違うメーカー形式の台車が登場した場合には数字の末尾にさらに1、2を加えて3桁にする。社内形式を台車に付与する事例は東京都交通局にも見られる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たボーイング

    しかし生産両数の減少から、同社は自動車部門(スバル)と航空宇宙部門(米ボーイング社向け分担生産等)へ経営資源の集中を決定、2003年2月に新潟トランシスへ鉄道車両事業を譲渡した。また、同時期に撤退したバス車体部門も伊勢崎市に工場があり、東武バス向けに多数製作した。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た四国旅客鉄道

    SL「大樹」用に四国旅客鉄道(JR四国)より譲り受けた客車。車籍は東武鉄道だが、所有は東武博物館。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た西日本鉄道

    東武の鉄道路線のトンネルは、押上駅付近の地下線の入口をのぞけば、日光線の明神 - 下今市間の十国坂トンネル1箇所のみで、それも全長40mと非常に短い。これは、大手私鉄ではトンネル区間のない西日本鉄道に次ぐ少なさ・短さである。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たSUBARU

    富士重工業(現社名:SUBARU、旧・宇都宮車両)東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た日本生命保険

    富国生命保険/日本生命保険 - ともに関係の強い生命保険会社。特に前者は根津財閥による経営関与の歴史も持っており、上記の東京スカイツリーにも共同でスポンサーに参加している。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た新日鐵住金

    台車は、メーカー形式とは別に東武社内形式を付与している。例えば「TRS-81M」(メーカー形式FS-511)の場合、TRが台車を示し、Sは製造会社(S:住友金属工業→新日鐵住金、F:扶桑金属=住友金属工業の前身、K:汽車会社、T:東芝、H:日立)、数字は設計年の西暦の下2桁(81は1981年を示す)、Mは電動台車を示し、同型の付随台車はMをTに置き換える。なお数字の部分は同じ年に違うメーカー形式の台車が登場した場合には数字の末尾にさらに1、2を加えて3桁にする。社内形式を台車に付与する事例は東京都交通局にも見られる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東京急行電鉄

    3月19日:伊勢崎線にて帝都高速度交通営団半蔵門線・東京急行電鉄田園都市線と相互直通運転開始。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た川崎重工業

    東京都江東区に東京支店(工場)があった関係上、日車同様甲種輸送には短距離で済むため取引が多かった。デハ2形、デハ4形 - 6形、デハ10系、戦時規格統制形クハ1200形、運輸省規格形モハ5300形、5700系、7800系と吊り掛け車を中心に竣工し、1963年の8000系2編成(8104F・8105F)をもって取引が終了した。なお、同社は1972年に川崎重工業に吸収合併された。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

371件中 21 - 30件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード