371件中 61 - 70件表示
  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た臨時列車

    特急「ゆのさと」(現在は臨時列車東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た百貨店

    浅草駅の駅ビルに松屋入店。これは1920年(大正9年)11月1日 阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)の梅田駅に開店した白木屋、1928年(昭和3年)12月18日池上電気鉄道(現:東急池上線)の五反田駅の白木屋に続き日本全国で3番目のターミナルデパートとなる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た関東地方

    東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県に、総営業キロ数463.3kmに及ぶ鉄道路線を有する大手私鉄である。営業キロ数は、2010年現在JRをのぞく日本の鉄道では近畿日本鉄道(508.1km、第三種鉄道事業区間を含めると582.2km)に次いで第2位、関東地方では最長である。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たピクトグラム

    駅の案内表示や駅名標などのサインシステムについては東上線区と本線区とでそれぞれ違ったものが採用されている。いずれも2006年以降にユニバーサルデザインのピクトグラムが導入されている。また本線区では2012年以降(東京スカイツリー開業の前後)に随時、中国語・韓国語併示のものに再度更新が始まっている。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た神戸市

    兵庫県神戸市に本社を置く。1927年から翌年にかけてデハ4形 - 6形の一部のほか、下野電気鉄道からの編入車デハニ101形や、63系割当車7300系を製造した。他社向けとは違いいわゆる“川造型”の納入はなかった。2016年度から、久々の川重での東武向け新造車両となる特急型車両500系を製造している。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た名古屋市

    愛知県名古屋市に本社を置く。1971年まで埼玉県蕨市に東京支店工場(蕨工場)があり、短距離の甲種輸送で済むため東武鉄道との取引が多かった。本線は北千住、東上線は下板橋(赤羽線板橋駅を介していた)と川越(国鉄川越線は当時非電化で大宮 - 川越間は蒸気機関車9600形やディーゼル機関車DE10形などで牽引していた)で引き渡していた。黎明期の客車を始め、東武最初の電車デハ1形、東武形電車デハ4形 - 6形、デハ10系、運輸省規格形モハ5300形やクハ330形、戦後に木造客車を鋼体化したクハ500形、63系割当車7300系、5700系、7800系、1720系、1800系、6000系、8000系ほか、総武鉄道からの編入車モハニ1101形やクハ1201形などを竣工したが、東京支店工場閉鎖後は取引がない。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た関西地方

    2012年5月の東京スカイツリー開業に伴い、首都圏のみならず、関西地方など他地域との間でも積極的なコラボPRを行っている。2013年12月からは近畿日本鉄道との間で、高さ日本一の電波塔である「東京スカイツリー」と2014年3月に全面オープンする高さ日本一のビル「あべのハルカス」との相互PRを行っている。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たSUGOCA

    3月23日:Kitaca、manaca、TOICA、ICOCA、PiTaPa、nimoca、はやかけん、SUGOCAが交通系ICカード全国相互利用サービス開始により利用可能になる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見たパークアンドライド

    8月1日:新桐生駅において初めてパークアンドライドサービスを開始。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た日経平均株価

    東京証券取引所一部上場。日経225(日経平均株価)の構成銘柄。根津財閥の中核企業であり、芙蓉グループ(融資系列ではみずほグループ)を構成する企業の一つでもある。本社は東京都墨田区押上二丁目に所在。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

371件中 61 - 70件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード