前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
268件中 1 - 10件表示
  • 四日市市

    四日市市から見た東洋紡東洋紡

    1951年(昭和26年)11月 - 昭和天皇が伊勢行幸で市内の四日市奉迎場(東洋紡績四日市工場跡地の北条グランド)・山本重工・平田紡績・東洋紡績富田工場・山庄製陶・熊沢製油・日本板硝子・伊藤伝七邸・三重郡奉迎場(楠町立楠中学校)・四日市港を視察。四日市市 フレッシュアイペディアより)

  • 松原地区 (四日市市)

    松原地区 (四日市市)から見た東洋紡東洋紡

    北側の平町との境界は三重県道26号四日市多度線であり、東側の富州原町との境界は国道1号であり、南側の富田地区との境界は東海旅客鉄道関西本線の線路で、西側の西富田町との境界は農業用水である小川である。近鉄名古屋線の西側が西松武町自治会・西八風町自治会の南部。東側が東松武町自治会・東八風町自治会の南部・本松町自治会・松ヶ枝町自治会の西部・新栄町自治会の大部分・錦町自治会の西部・東洋紡績富田工場社宅の旧宮町自治会跡地のサニーハイツマンション自治会で構成されている。聖武天皇と万葉集ゆかりの史跡で天皇関係の宗教施設として珍しい聖武天皇を祀る聖武天皇社がある。これは松原地区にある旧家の田村家が明治時代まで氏子として守ってきた神社である。富田一色からの分家として伊藤家・生川家・樋口家・鈴木家の男子が移住して松原地区民となったケースや、川越町から松原地区に移住をしてきたなど近隣の富田一色地区出身や川越町出身の住民もいるが、富田一色・天ヶ須賀地区と比較して商店街・住宅地に住むために昭和時代以降に松原地区民となった新規住民が多い。毎年7月に正式名が聖武天皇大祭である松原の石取祭が聖武天皇社と四日市市立松原公園を中心に開催されている。松原公園と松原地区の氏子大社である聖武天皇社は四日市市松原町に立地していて、三重郡富洲原町時代は東洋紡績社宅で構成された松原宮町自治会に所属していた。南側には松原野球場がある四日市市立の松原公園が、東側の国道1号沿いには四日市北警察署と四日市松原郵便局が隣接しており、北側には東洋紡績の宮町社宅が立地していたが、平成時代になり社宅跡地に創価学会の四日市北文化会館と飲食店などが立地している。位牌堂には富洲原地区の戦没者の位牌が333柱建立されている。松原地区 (四日市市) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤平治郎

    伊藤平治郎から見た東洋紡東洋紡

    1923年(大正12年)1月1日に、三重郡富洲原村が伊藤平治郎が誘致した三重紡績株式会社を前進とする東洋紡績富田工場や、初代平田佐次郎が創業した漁網を製造する「平田商店」が事業を拡大して、その後平田一族(平田家)が経営する(平田製網)となり昭和時代に拡大発展した平田紡績など繊維産業を中心とする軽工業化によって富洲原村の人口が増加した事を背景に町制施行をして、三重郡富洲原町が誕生した。伊藤平治郎は富洲原町会議員に就任する。伊藤平治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋紡績富田工場

    東洋紡績富田工場から見た東洋紡東洋紡

    東洋紡績富田工場(とうようぼうせきとみだこうじょう)は、三重県四日市市富州原町(旧三重郡富洲原町の大字松原(小字塩役)西元町自治会・四日市市(旧富洲原町)の松原地区宮町自治会)に存在した東洋紡績株式会社(現:東洋紡)の最大規模の工場。社宅地の住民が富洲原地区松原宮町自治会を構成して、四日市市富州原町の元町社宅・四日市市松原町の宮町社宅・社員寮及び富田工場の用地は商業施設のイオンモール四日市北や住宅地(小規模住宅団地・サニーハイツ自治会を構成するマンション)や公共施設(三重県警察の四日市北警察署・四日市松原郵便局・創価学会の四日市北文化会館)として転売された。東洋紡績富田工場 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠兵衛 (二代)

    伊藤忠兵衛 (二代)から見た東洋紡東洋紡

    1929年(昭和4年)- 呉羽紡績を設立し、忠兵衛が社長に就任。伊藤忠兵衛 (二代) フレッシュアイペディアより)

  • 四日市ぜんそく

    四日市ぜんそくから見た東洋紡東洋紡

    戦前までの四日市市は紡績(繊維産業)の町として有名であった。四日市市は、東洋紡績(市内に東洋紡績富田工場・三重工場・四日市工場・塩浜工場・楠工場)・東亜紡織(市内に泊工場・楠工場)・平田紡績(市内に富洲原工場)の発祥地である工業都市だった。繊維産業を中心とする軽工業に変わる新しい産業を振興する重工業化政策の必要性から、日本で最初の本格的な石油化学コンビナートの誘致が田中覚知事を中心とする三重県と、平田佐矩市長を中心とする四日市市によって行われた。四日市ぜんそく フレッシュアイペディアより)

  • トーブ

    トーブから見た東洋紡東洋紡

    世界的に見ても民族衣装は地産地消が一般的であるが、トーブについては日本を筆頭に韓国、インドネシア、中国、パキスタンといった諸外国からの輸入品で賄われている。中東諸国で消費される高級品トーブのトップシェアを持つ東洋紡では、繊維業は生産に水が不可欠であるため、水不足が深刻な中東諸国では物理的に難しいとコメントしている。女性用民族衣装のアバヤも同様に輸入に頼っている。トーブ フレッシュアイペディアより)

  • 金巾製織

    金巾製織から見た東洋紡東洋紡

    金巾製織株式会社(かなきんせいしょく)は日本初の金巾製織会社。明治期の近江商人創業の紡績企業。現在の東洋紡株式会社の前身のひとつ。金巾製織 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋紡STC

    東洋紡STCから見た東洋紡東洋紡

    その後、筆頭株主であった東洋紡績(現・東洋紡)により完全子会社化され、繊維専門卸事業に完全特化した。2008年度に東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社に業務が引き継がれ、新興産業は解散した。東洋紡STC フレッシュアイペディアより)

  • 富洲原町

    富洲原町から見た東洋紡東洋紡

    1916年(大正5年) - 東洋紡績富田工場が松原地区の塩役運河付近に設立。松原地区に松原宮町社宅・松原東洋町商店街・松原西元町商店街が建設。富洲原町 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
268件中 1 - 10件表示

「東洋紡」のニューストピックワード