268件中 11 - 20件表示
  • 塩役運河

    塩役運河から見た東洋紡東洋紡

    近代に入り、1917年(大正6年)に運河西側の松原地区で東洋紡績富田工場が操業を開始すると、四日市港に停泊する本船から綿花を大量に積んだ団平船が往来するなどしたが、1944年(昭和19年)の東南海地震で周辺の地盤沈下が進み、貨物船が運河橋の下を通過できなくなったことで、運河としての利用はされなくなった。塩役運河 フレッシュアイペディアより)

  • 松原の石取祭

    松原の石取祭から見た東洋紡東洋紡

    昭和20年代に東洋紡績富田工場が国道1号線(旧東海道)道路の閉鎖に対する補償で資金援助を行い西元町自治会・東洋町自治会・緑町自治会が桑名式の祭車を新造した。松原の石取祭 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の日本の女性史

    1959年の日本の女性史から見た東洋紡東洋紡

    1月- 呉羽紡績(現・東洋紡)、既婚永年勤続女子従業員を大量に解雇。退職予定者受付という名目で。1959年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 関西経済同友会

    関西経済同友会から見た東洋紡東洋紡

    1946年(昭和21年):鈴木萬平(東洋紡績社長)関西経済同友会 フレッシュアイペディアより)

  • みんなで歌おう!

    みんなで歌おう!から見た東洋紡東洋紡

    前身番組の『百万円Xクイズ』 → 『歌まねXさん』 → 『歌まねチャンピオン』から引き続き東洋紡績(現・東洋紡)と日本エクスラン工業の二社提供で放送。因みに、東洋紡はエクスランの親会社であるため、東洋紡グループの単独提供になっていた(東洋紡を参照)。みんなで歌おう! フレッシュアイペディアより)

  • 歌まねXさん

    歌まねXさんから見た東洋紡東洋紡

    前番組『百万円Xクイズ』から引き続き東洋紡績(現・東洋紡)と日本エクスラン工業の二社提供で放送。因みに、東洋紡はエクスランの親会社であるため、東洋紡グループの単独提供になっていた(東洋紡を参照)。また、改題前のタイトルにあった「X」は、未知を表す言葉であると同時にエクスランの略称でもあった。歌まねXさん フレッシュアイペディアより)

  • 服部俊一

    服部俊一から見た東洋紡東洋紡

    服部 俊一(はっとり しゅんいち、1853年(嘉永6年)3月8日 - 1928年(昭和3年)3月15日)は、明治・大正期の実業家。農商務省兵庫造船所勤務などを経て、東洋紡績取締役となる。名古屋教会長老。服部俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋紡績楠工場

    東洋紡績楠工場から見た東洋紡東洋紡

    東洋紡績楠工場(とうようぼうせきくすこうじょう)は、三重県三重郡楠町(現在の四日市市楠地区)に立地している東洋紡績株式会社の小規模毛糸工場。現在は同じ四日市市内の東洋紡績三重工場と統合して東洋紡三重楠工場となっている。昭和9年1月に東洋毛織工業として創立された。翌年の昭和10年に10月近代羊毛工場として操業を開始して昭和17年4月に合併により東洋紡績株式会社の楠毛糸工場となる。戦時統制の苦難の時代に原料の入手難、操業率の低下を受けるが工場の徴用救出を逃れて戦災を全く受けなかった。戦災が無かったので戦後の工場操業の立ち直りも早く行われた。東洋紡績楠工場 フレッシュアイペディアより)

  • 豊科町

    豊科町から見た東洋紡東洋紡

    1937年に呉羽紡績豊科工場の誘致を皮切りに、工業生産が盛んになる。(東洋紡績(旧・呉羽紡績)は1992年に撤退。)この当時、工場を誘致するといえば軍需産業が主流であったが、豊科町はあえて繊維産業を選択した。豊科町 フレッシュアイペディアより)

  • 平生三郎

    平生三郎から見た東洋紡東洋紡

    平生 三郎(ひらお さぶろう、1911年2月11日 - 1973年3月18日)は、日本の元ラグビー選手。東洋紡績元副社長。平生三郎 フレッシュアイペディアより)

268件中 11 - 20件表示

「東洋紡」のニューストピックワード