268件中 21 - 30件表示
  • 御幸毛織

    御幸毛織から見た東洋紡東洋紡

    御幸毛織株式会社(みゆきけおり 、)は、愛知県名古屋市に本社を置く服地メーカーである。東洋紡の完全子会社。通称「ミユキ」。御幸毛織 フレッシュアイペディアより)

  • 川之石町

    川之石町から見た東洋紡東洋紡

    1914年(大正3年) - 宇和紡績、東洋紡績川之石工場となる。川之石町 フレッシュアイペディアより)

  • 繊維強化プラスチック

    繊維強化プラスチックから見た東洋紡東洋紡

    超高分子量ポリエチレン繊維である東洋紡のダイニーマ(現イザナス)による強化プラスチックで高強度、熱伝導性にも優れる。繊維強化プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • 木津用水駅

    木津用水駅から見た東洋紡東洋紡

    1968年までは東洋紡績(現・東洋紡)犬山工場へ向かう貨物線の側線が構内北側あったが、現在は撤去され存在しない。貨物線自体も完全に撤去され、道路や住宅地などに転用されている。木津用水駅 フレッシュアイペディアより)

  • 山辺丈夫

    山辺丈夫から見た東洋紡東洋紡

    山辺 丈夫(やまのべ たけお、1851年12月30日(嘉永4年12月8日) - 1920年(大正9年)5月14日)は、明治期の実業家、紡績技師、津和野藩士。東洋紡創業者。従五位。山辺丈夫 フレッシュアイペディアより)

  • 保内町

    保内町から見た東洋紡東洋紡

    1887年(明治20年) - 四国で初めての紡績会社、宇和紡績の操業開始(東洋紡の前身の一つ)保内町 フレッシュアイペディアより)

  • イオンモール四日市北

    イオンモール四日市北から見た東洋紡東洋紡

    松原地区富州原町にあった東洋紡績(現:東洋紡)富田工場が繊維業界の低迷を受けて1997年(平成9年)に閉鎖され、その跡地に2001年(平成13年)1月27日にジャスコ四日市北ショッピングセンターとして開業した。イオンモール四日市北 フレッシュアイペディアより)

  • 富田一色

    富田一色から見た東洋紡東洋紡

    明治時代には、漁村として漁師が多く鰹節削り・マグロ・遠洋漁業など水産業がさかんになり富田一色漁港と天ヶ須賀漁港を統合した富洲原港がある。初代平田佐次郎が創業した平田紡績などの製網産業が盛んとなり干魚や塩魚、時雨蛤を売る行商も多くいた。漁師町らしく激しい性格の人が多くて近隣地域の人々が恐れるくらい喧嘩に強い。半島地形はイタリアとイタリア人に類似する。江戸時代に八風街道を起点する海運橋が架けられて、明治時代末期には、富田一色地区を繁栄させようと塩役運河沿いに伊藤平治郎が財政面の苦難や富田一色北条の北部住民の反対の末に平治郎橋を架けた。大正時代から昭和時代には、東洋紡績(東洋紡績富田工場)や平田紡績の操業で、繊維業が盛んになった。富洲原から四日市港に繊維製品を運搬するために富田一色港や付近を流れる塩役運河が改修された。戦後の1959年(昭和34年)には伊勢湾台風時には、甚大な被害に見舞われた。富田一色に架かる海運橋には、伊勢湾台風の潮位を示したものが建設された、富田一色緑地公園には慰霊碑が建立されている。毎年お盆には、勇壮な「富田一色けんか祭」が開催される。1926年(大正15年)に三重郡富洲原町の役場が、富田一色の富洲原尋常高等小学校(四日市市立富洲原小学校)の東隣に移転する。1929年(昭和4年)に伊藤平治郎の尽力で上水道が完成する。1959年(昭和34年)に伊勢湾台風の襲来で、富田一色の松ヶ浦海岸の堤防が決壊して、被害が甚大となる。1964年(昭和39年)に名四国道が開通する。富田一色 フレッシュアイペディアより)

  • 呉羽テック

    呉羽テックから見た東洋紡東洋紡

    呉羽テック(くれはテック)は、滋賀県栗東市に本社を置く不織布メーカー。東洋紡系列。呉羽テック フレッシュアイペディアより)

  • 日本エクスラン工業

    日本エクスラン工業から見た東洋紡東洋紡

    2001年 - 東洋紡績(株)エクスラン事業部を当社に移管日本エクスラン工業 フレッシュアイペディアより)

268件中 21 - 30件表示

「東洋紡」のニューストピックワード