202件中 21 - 30件表示
  • 関西経済同友会

    関西経済同友会から見た東洋紡東洋紡

    1946年(昭和21年):鈴木萬平(東洋紡績社長)関西経済同友会 フレッシュアイペディアより)

  • 川之石町

    川之石町から見た東洋紡東洋紡

    1914年(大正3年) - 宇和紡績、東洋紡績川之石工場となる。川之石町 フレッシュアイペディアより)

  • 松原の石取祭

    松原の石取祭から見た東洋紡東洋紡

    昭和20年代に東洋紡績富田工場が国道1号線(旧東海道)道路の閉鎖に対する補償で資金援助を行い西元町自治会・東洋町自治会・緑町自治会が桑名式の祭車を新造した。松原の石取祭 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エクスラン工業

    日本エクスラン工業から見た東洋紡東洋紡

    2001年 - 東洋紡績(株)エクスラン事業部を当社に移管日本エクスラン工業 フレッシュアイペディアより)

  • 金巾製織

    金巾製織から見た東洋紡東洋紡

    金巾製織株式会社(かなきんせいしょく)は日本初の金巾製織会社。明治期の近江商人創業の紡績企業。現在の東洋紡株式会社の前身のひとつ。金巾製織 フレッシュアイペディアより)

  • 塩役運河

    塩役運河から見た東洋紡東洋紡

    近代に入り、1917年(大正6年)に運河西側の松原地区で東洋紡績富田工場が操業を開始すると、四日市港に停泊する本船から綿花を大量に積んだ団平船が往来するなどしたが、1944年(昭和19年)の東南海地震で周辺の地盤沈下が進み、貨物船が運河橋の下を通過できなくなったことで、運河としての利用はされなくなった。塩役運河 フレッシュアイペディアより)

  • 富洲原四九の市

    富洲原四九の市から見た東洋紡東洋紡

    曜日が4日と9日に指定されているフリーマーケットである。四日市市松原西元町の元町通りで開催される。富洲原町時代に旧東海道を改修した道路と使用された国道1号線沿いの幹線道路だった旧東洋紡績富田工場元町社宅の西側道路沿いの元町通りの約160m(160メートル)の長さにわたって富洲原四九の市が出店される。富洲原四九の市 フレッシュアイペディアより)

  • 九鬼紋七

    九鬼紋七から見た東洋紡東洋紡

    1886年(慶應2年)1月に四日市の中納屋町69番地在住の大地主の四日市九鬼家に誕生する。安土桃山時代に活躍した九鬼水軍の末裔である。四日市九鬼家の先祖が四日市に居住したのは九鬼家初代の九鬼宗住(享保元年没)の時代と想定される。その末裔の九鬼5家の1人の九鬼徳平(7代目九鬼紋七)とむつの間に誕生したのが、幼名が九鬼徳松で、その後成人した8代目九鬼紋七である。初名は九鬼徳三であり、福沢諭吉が開校した慶應義塾を卒業して慶應の学閥の三田閥出身の実業家として四日市電灯・三重人造肥料・四日市倉庫社長となる。弟の九鬼金松は九鬼5家の1人の叔父初代九鬼紋十郎の後を継ぎ2代目九鬼紋十郎を襲名している。父の7代目九鬼紋七は、1889年(明治22年)4月に三重郡四日市町会議員となった。三重紡績株式会社(その後の東洋紡績株式会社)や関西鉄道の創立や四日市地域内の公共事業に尽力した実業家であった。九鬼紋七 フレッシュアイペディアより)

  • 富田一色

    富田一色から見た東洋紡東洋紡

    明治時代には、漁村として漁師が多く鰹節削り・マグロ・遠洋漁業など水産業がさかんになり富田一色漁港と天ヶ須賀漁港を統合した富洲原港がある。初代平田佐次郎が創業した平田紡績などの製網産業が盛んとなり干魚や塩魚、時雨蛤を売る行商も多くいた。漁師町らしく激しい性格の人が多くて近隣地域の人々が恐れるくらい喧嘩に強い。半島地形はイタリアとイタリア人に類似する。江戸時代に八風街道を起点する海運橋が架けられて、明治時代末期には、富田一色地区を繁栄させようと塩役運河沿いに伊藤平治郎が財政面の苦難や富田一色北条の北部住民の反対の末に平治郎橋を架けた。大正時代から昭和時代には、東洋紡績(東洋紡績富田工場)や平田紡績の操業で、繊維業が盛んになった。富洲原から四日市港に繊維製品を運搬するために富田一色港や付近を流れる塩役運河が改修された。戦後の1959年(昭和34年)には伊勢湾台風時には、甚大な被害に見舞われた。富田一色に架かる海運橋には、伊勢湾台風の潮位を示したものが建設された、富田一色緑地公園には慰霊碑が建立されている。毎年お盆には、勇壮な「富田一色けんか祭」が開催される。1926年(大正15年)に三重郡富洲原町の役場が、富田一色の富洲原尋常高等小学校(四日市市立富洲原小学校)の東隣に移転する。1929年(昭和4年)に伊藤平治郎の尽力で上水道が完成する。1959年(昭和34年)に伊勢湾台風の襲来で、富田一色の松ヶ浦海岸の堤防が決壊して、被害が甚大となる。1964年(昭和39年)に名四国道が開通する。富田一色 フレッシュアイペディアより)

  • 保内町

    保内町から見た東洋紡東洋紡

    1887年(明治20年) - 四国で初めての紡績会社、宇和紡績の操業開始・・・東洋紡の前身の一つ保内町 フレッシュアイペディアより)

202件中 21 - 30件表示

「東洋紡」のニューストピックワード