268件中 31 - 40件表示
  • 専用鉄道

    専用鉄道から見た東洋紡東洋紡

    呉羽紡績専用線 - 北陸本線呉羽駅分岐専用鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋クロス

    東洋クロスから見た東洋紡東洋紡

    東洋紡の連結子会社。東洋クロス フレッシュアイペディアより)

  • 聖武天皇社

    聖武天皇社から見た東洋紡東洋紡

    聖武天皇を祀る神社であり、聖武天皇ゆかりの史跡で、天皇関係の宗教施設として価値がある珍しい神社である。毎年7月に正式名が聖武天皇社大祭である松原の石取祭が開催されている。四日市市松原町に立地していて、三重郡富洲原町時代は東洋紡績社宅で構成された「松原宮町自治会」に所属していた。南側には四日市北警察署と松原公園が、東側には国道1号が隣接しており、北側には東洋紡績の宮町社宅が立地していたが、平成時代になり創価学会の四日市北文化会館と飲食店が立地している。聖武天皇社 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本龍太郎

    橋本龍太郎から見た東洋紡東洋紡

    なお目の下には傷跡が残っていたが、大学時代軽井沢の別荘に行った時にチンピラと殴り合ってナイフで切られた名残であるという。大学卒業後、呉羽紡績株式会社(のち東洋紡に吸収合併。クレハは分社した化学部門)に入社した。橋本龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 南砺市

    南砺市から見た東洋紡東洋紡

    川田工業(東証一部上場)の富山本社が存在するほか、大建工業(東証一部上場)の創業地である。また、日平トヤマ(現・コマツNTC)、アニメーション制作会社であるP.A.WORKSがある。東洋紡井波工場もある。かつてはカロリナ→かろりーなの本社も実在していた。南砺市 フレッシュアイペディアより)

  • クレハ

    クレハから見た東洋紡東洋紡

    2005年9月末日までの旧商号は、呉羽化学工業株式会社(くれはかがくこうぎょう)であった。商号については、かつての母体であった呉羽紡績(現東洋紡)の創業地である富山県婦負郡西呉羽村(現 富山市呉羽町)にちなむものであるが、クレハ自体は富山県との直接の関係はない。クレハ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電灯

    名古屋電灯から見た東洋紡東洋紡

    岐阜県加茂郡八百津町での発電所建設計画の歴史は1896年までさかのぼるが、実際に具体化するのは岐阜県選出の衆議院議員兼松煕が1903年に参画してからである。兼松は地元の意見をまとめるとともに東京の岩田作兵衛らを計画に引き入れ、さらに名古屋所業会議所会頭になっていた奥田正香の賛同も取り付けた。名古屋からは奥田の他に日本車輌製造の上遠野富之助、三重紡績の斎藤恒三、名古屋電気鉄道の白石半助などが発起人に加わっている。名古屋電灯代表の三浦恵民も、兼松・奥田に招かれたためこの事業に加わって供給力を増強しようと考えたが、社内の意見が一致せず断念した。名古屋電灯 フレッシュアイペディアより)

  • カナモジカイ

    カナモジカイから見た東洋紡東洋紡

    なお、呉羽紡績は1966年に東洋紡績に合併された。株式会社クレハはかつて呉羽化学工業株式会社といい、呉羽紡績の子会社であった。カナモジカイ フレッシュアイペディアより)

  • 横山菁児

    横山菁児から見た東洋紡東洋紡

    東洋紡ダイヤモンド毛布(1967年)横山菁児 フレッシュアイペディアより)

  • 九鬼紋七

    九鬼紋七から見た東洋紡東洋紡

    1886年(慶応2年)1月に四日市の中納屋町69番地在住の大地主の四日市九鬼家に誕生する。戦国時代?安土桃山時代に活躍した九鬼水軍の末裔である。四日市九鬼家の先祖が四日市に居住したのは九鬼家初代の九鬼宗住(享保元年没)の時代と想定される。その末裔の九鬼5家の1人の九鬼徳平(7代目九鬼紋七)とむつの間に誕生したのが、幼名が九鬼徳松で、その後成人した8代目九鬼紋七である。初名は九鬼徳三であり、福沢諭吉が開校した慶應義塾を卒業して慶應の学閥の三田閥出身の実業家として四日市電灯・三重人造肥料・四日市倉庫社長となる。弟の九鬼金松は九鬼5家の1人の叔父初代九鬼紋十郎の後を継ぎ2代目九鬼紋十郎を襲名している。父の7代目九鬼紋七は、1889年(明治22年)4月に三重郡四日市町会議員となった。三重紡績株式会社(その後の東洋紡績株式会社)や関西鉄道の創立や四日市地域内の公共事業に尽力した実業家であった。九鬼紋七 フレッシュアイペディアより)

268件中 31 - 40件表示

「東洋紡」のニューストピックワード