268件中 41 - 50件表示
  • 中島飛行機

    中島飛行機から見た東洋紡東洋紡

    山方工場 - 東洋紡績知多工場→1944年中島→ 公会堂→半田市役所 消防署 半田勤労福祉会館 中部電力 半田市立半田病院 中島飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋紡

    東洋紡から見た東洋紡績東洋紡

    東洋紡 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮壮十郎

    宇都宮壮十郎から見た東洋紡東洋紡

    明治20年(1887)に設立された、宇和紡績株式会社(その後の東洋紡績川之石工場、昭和35年閉鎖)の創立委員となり、取締役に選出されている。宇都宮壮十郎 フレッシュアイペディアより)

  • ハイム

    ハイムから見た東洋紡東洋紡

    東洋紡が開発した難燃ポリエステル繊維の商標(Heim)。ハイム フレッシュアイペディアより)

  • 戸田資慶

    戸田資慶から見た東洋紡東洋紡

    長男元寿は近江国能登川の老舗近江商人家で、金巾製織(現在の東洋紡績の前身のひとつ)、近江銀行、関西鉄道などを創業した阿部市郎兵衛家分家阿部利兵衛家の養子となり、阿部周吉長女はつと結婚し家督を継ぐ。創業期の金巾製織など明治・大正・昭和期の紡績業界で伊藤忠兵衛(伊藤忠や丸紅を創業)や伊藤竹之助(第2代伊藤忠商事社長)らと共に活躍し、関西加工綿工業株式会社の社長となる。戸田資慶 フレッシュアイペディアより)

  • 生川平三郎

    生川平三郎から見た東洋紡東洋紡

    富洲原町会議員として全国で16番目の施設で、三重県で津市と並び三重県内で最初の時期である上水道を三重郡富洲原町内に施設した。富田一色地区には下水道の施設をした。富洲原町内の道路の施設として(富田一色地区と天ヶ須賀地区と松原地区)各地区と各町内を結ぶ、富洲原の町道を建設して、その他のインフラ事業として国道1号や八風街道の整備や東洋町通りの建設をした。東洋紡績富田工場の誘致と東洋紡績富田工場社員の松原宮町社宅の整備をした。観光面であるレジャー化として、富田浜の観光地化と富田浜町の発展事業として旅館街として富田浜町の市街を整備して、富田浜地区の富田浜海水浴場の開設と富田一色地区と東富田地区の(松ヶ浦海水浴場)の開設と天ヶ須賀地区の須賀浦海水浴場の開設、国鉄富田駅の富洲原口である(富田北駅)の新設、国鉄富田浜駅の新設に関わった生川平三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 八水蒲鉾

    八水蒲鉾から見た東洋紡東洋紡

    2007年 - 同市保内町川之石地区の旧東洋紡績工場跡地に新工場完成。八水蒲鉾 フレッシュアイペディアより)

  • 製絨所前駅

    製絨所前駅から見た東洋紡東洋紡

    三重製絨所(現・東洋紡三重工場)の近くにあったことから。製絨所前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 姫路短期大学

    姫路短期大学から見た東洋紡東洋紡

    食物栄養学科:出光興産・片倉チッカリン・第一酒造・新キャタピラー三菱・ダイセル化学工業・大和工業・東洋化成工業・日本触媒・ブンセン・日本ハム・ヒガシマル醤油・富士通テン・ダイエー・日本銀行・愛媛銀行・商工組合中央金庫・コスモ証券・新日本証券・住友信託銀行・UFJ信託銀行・日本興業銀行・野村證券・百十四銀行・山口銀行などに就職している。姫路短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本龍造

    杉本龍造から見た東洋紡東洋紡

    元々鈴鹿市は戦前軍都(鈴鹿海軍航空隊、海軍工廠、陸軍工廠、陸軍航空隊)として栄えたため多くの工業用地があったが、市長在職中は無公害の企業ばかりの誘致に努力した、その為現在も財政的には豊かな市の基礎を築くことができた。誘致企業として代表的なものとして本田技研工業、鈴鹿サーキット、旭化成、カネボウ、大東紡、呉羽紡、等であった(紡績産業の衰退により現在跡地は大学やイオンモール鈴鹿などの大きなショッピングセンターになっている)。当時四日市の市長が四日市ぜんそく(四日市公害)の市長として有名であったのに対して、鈴鹿の市長がサーキットの市長として全国的に有名であった。杉本龍造 フレッシュアイペディアより)

268件中 41 - 50件表示

「東洋紡」のニューストピックワード